« 鹿をこんなふうに使ってみる | トップページ | 結束バンドで組み立てる椅子2 »

2009年12月14日 (月)

WITHOUT THOUGHT VOL.10 BOX

WITHOUT THOUGHTももう10回目なんだそうですよ。
テーマは「箱」 BOX。このブログで扱わないわけにはいきません。

WITHOUT THOUGHTは深澤直人さんを中心に、インハウスデザイナーさんがひとつのテーマのもと作品をつくるワークショップなのです。

naoto fukasawa: BOX - without thought(designboomさん)
こちらのサイトにいくつか作品紹介があるのです。
いやこの何点が見ただけでものすごく面白いわけですが、もうちょっと見たいと思ったら、今年もやっぱり作品集が出版されています。


WITHOUT THOUGHT VOL.10 BOX
【Amazon】WITHOUT THOUGHT VOL.10 BOX

うーん、毎年買い続けているわけですけれども。
明らかにこのブログは箱属性を持ってますが、それを抜きにしても、
おもしろい。

おもしろいです。過去一番っていうくらい。それは箱属性のせいですか。ケーキのシリーズあたり、いますぐ実現できそうなのです。して欲しい。

箱ってものすごく身のまわりにたくさんあって、ヘタすると全てのモノに一つずつあったりするわけです。保護だったり。意匠だったり。
開ける前と開けた後も意味が違ったりするのです。
その可能性の広さが、まだまだ新しいことをやれる可能性につながってると知ってうれしくなるのです。

|

« 鹿をこんなふうに使ってみる | トップページ | 結束バンドで組み立てる椅子2 »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鹿をこんなふうに使ってみる | トップページ | 結束バンドで組み立てる椅子2 »