« コクヨデザインアワード2009 | トップページ | SCOPEさんの スケジュールノート2010 »

2009年12月25日 (金)

梱包のための…

ふつう梱包材ってサブだと思われてます。メインを包むための。
でもその梱包の奥の深さを知ったとき、開ける前と開けた後の2度のヨロコビを得るのです。テレビってCMのほうがおもしろい、って知ることと似てる。

Precious Cusion(プレシャス クッション)(エキサイトイズムさん)
デザインタイドトーキョー2009に出展されていたもの。ラッピングっていう意味じゃなくて、梱包そのものが相手に対する思いやりなのですきっと。ヤフオクで「梱包も丁寧でした」って評価されているひとは信用できる。

ダンボール箱の取っ手を…(革新的発明と製品情報さん)
こんなのあるんだ!
いやいかにも前からありそうですが、見たことありません。びっくり。
これが本当にすごいのは、「ぴったりの位置に開けられる」ってことですね。

プチプチに絵の具詰めてドット絵を描く(デイリーポータルZさん)
乙幡さんのネタですよ。これを思いつくってすごい。本当にすごいと思う。プチプチの中から見ていた人を他に知らない。

|

« コクヨデザインアワード2009 | トップページ | SCOPEさんの スケジュールノート2010 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コクヨデザインアワード2009 | トップページ | SCOPEさんの スケジュールノート2010 »