« ちょっと変わったクリスマスツリーを | トップページ | 旭化成ホームズのヘーベルくん »

2009年12月17日 (木)

でんぐり2

書いてたんだ。こんな記事。
でんぐり
でんぐりってあれですよ。七夕かざりなんかで…って、上の記事でも書いてるのですが。うーん、見かけなくなりました。でも触れば絶対に反応があるはずですよ子どもたちに。どうなってんだって。

honeycomb lamp(designboomさん)
ところがですね、でんぐりを使ったプロダクトはいくつか見かけるようになったのです。これは以前にも紹介したランプ。でんぐりそのものの美しさが光りによって際立ちます。たたんだときの展開図(これもそう呼ぶのかな?)もたまならない美しさなのです。

でんぐりヘルメット(革新的発明と製品情報さん)
タイトルは勝手につけました。いやこれってでんぐりですよねぜったい!
たしかに紙以外でつくればさらなる機能が付加できそうなわけで。
かぶるとなんかこう、ニヤリとできる可愛さ。

でんぐりシート(パーティーフェーバーさん)
このでんぐり、きっと工業的に生産できるんですよね。機械でガチャンガチャンって。知らないんですけど。
というわけででんぐりのシートを販売されているところを発見。シートの状態で買えるってすごくないですか。
リンク先ででんぐりカレンダーの2010年度版なるものも販売されていますよ。

|

« ちょっと変わったクリスマスツリーを | トップページ | 旭化成ホームズのヘーベルくん »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいております。
でんぐり紙、かわいいですよね。
私も魅力にはまり、『ハニカムペーパー・クラフト』
という書籍を企画し、出版致しました。
よろしければ、こちらもご覧ください!

http://www.amazon.co.jp/ハニカムペーパー・クラフト―手軽に楽しむ切り紙かざり-上原-かなえ/dp/4766119428

投稿: 津田淳子 | 2009年12月21日 (月) 11時38分

こんにちは!コメントありがとうございます。
知りませんでした。こんな本があったのですね。
ハニカムペーパーのクラフト本を他に知りませんから、企画としても画期的ですね。
市販のプロダクトとしてはまだまだ素材に選ばれることは少なそうですが、
自分で作るならこんなに可能性がある可愛い素材も珍しいと思うのです。
グラフィック社さんの公式サイトも拝見しましたが、
ハニカムペーパーを「綴じ込んでいる」ってすごいことですよ!
材料もいまはネットで買えてしまいますもんね。

投稿: kaminodesign | 2009年12月21日 (月) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっと変わったクリスマスツリーを | トップページ | 旭化成ホームズのヘーベルくん »