« 日本パッケージングコンテスト2009 | トップページ | 鹿のハンティングトロフィー2 »

2009年12月 8日 (火)

鹿のハンティングトロフィー

mago_shika380
紙鹿-SHIKA-ダンボールでつくる鹿のトロフィー(マゴクラ)
ダンボールでできた鹿のハンティングトロフィーです。シカ、トナカイ、ガゼルと3種類のツノの着せ替えができますよ。高さ約39cm~52cmとけっこう大型。トナカイには赤鼻もついてます。

というわけで何日かにわけて鹿特集なのです。

Antlors(Paper Forestさん)
ものすごくカッコいいペーパークラフト。それでも鹿に見えるこの不思議。すばらしいバランスなのです。

rachel denny(Oh Joy!さん)
かわえー!ニットがこんなに似合うとは。

Bambi Hunter(NORTHERN LINEさん)
そしてこちらは手のひらサイズのバンビ。ぬいぐるみを壁に掛けることが自然に見えるのです。

The J-Walk Blog: Caption Contest(sasapongroove!!さん)
そして壁の裏側では。
もともとひとつだったことをつい忘れてしまうのです。

Phil Cuttance(pan-danさん)
こちらも同じ。フックとしてつかえます。

Israel Nature & Park Association: Deer(Interior design roomさん)
そして最後はこれ。彼らにとっては首枷なのですね。

|

« 日本パッケージングコンテスト2009 | トップページ | 鹿のハンティングトロフィー2 »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしてます。
紙鹿さんたち、スラッとしていて良いですね。
クリスマスの紙工作にはツリー、と思いきや、これには一本とられました。
これなら表情を書き込んでも良さそうですし、小さな子に任せたら面白い一品になりそうな予感がします。

それにしても、実物の3匹も顔付近は似ていますよね。
それを見る私たちは、意外とツノだけで判断しているのかも、と思いました。

投稿: kohfuh | 2009年12月 9日 (水) 14時01分

kohfuhさんこんにちは。感想ありがとうございます!
たしかに「ツノを隠して名前当てゲーム」だったら全くわからないですよね。そういう意味では彼らはツノまで含めて表情なのかもしれません。仲間内で。
紙鹿は最初はシカだけだったのです。あとから欲がでて増やしたのですが、設計はトナカイがいちばん最後。というわけでクリスマス目前になっちゃいました。
お子さんにもぜひ!って言いたいのですが、けっこう組み立ては難しかったりします。

大人の事情で今週はずっと鹿ウィークですがお許しくださいな。

投稿: kaminodesign | 2009年12月 9日 (水) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本パッケージングコンテスト2009 | トップページ | 鹿のハンティングトロフィー2 »