« MUJI Xmas 2009 キャンペーン | トップページ | アイコン »

2009年11月27日 (金)

ダンボールでモノをつくるひとたち

kyle bean: 'disposable technology'(designboomさん)
普通にあっていい素材だと思うんですけれど。ダンボール箱の中身はダンボール。

Meeting of Important People(Gizmodo ジャパンさん)
ダンボールでつくられた世界。仮のもの、簡易なものっていうイメージを利用したPVです。でも素朴な味わい。

ダンボール製の脚(革新的発明と製品情報さん)
これはもはや原料では…できあがったものはとっても不思議な風合いなのです。

Cardboard Furniture(I New Idea Homepageさん)
どうやって模様をつけているのかずっと不思議でした。リンク先拡大写真を見て納得。というかびっくり。そこまではさすがにやってないだろうって思ってた方法でした。象嵌。

いろんなものをつくってみる【2ch】ニュー速クオリティさん)
ああもう作れないものってないんじゃないでしょうか。
素材としてはもはや水や炎だって克服してますよ。ただ加工ラインに乗せる制作方法となると難しい。一般的な素材になるには、もう一段ハードルがありそうです。

キリンヂャカード ダンパー(nikkei TRENDYnetさん)
そして最後はこれ。
結局のところもっとも一般的で、もっとも利用者が多いのって箱なんです。そして箱を収納に利用している人だってたくさん。
そんなダンボール箱を、カンタンに強度を保ったままスタッキングまでできてしまう収納箱に変えてしまいます。プラスチックのアタッチメントだけで。箱そのものは一切加工しなくていいのです。
なぜいままで無かったのかって言うくらい素晴らしいアイデア。
なにかを付け加えることで性質を一変させてしまう好例ですね。

|

« MUJI Xmas 2009 キャンペーン | トップページ | アイコン »

紙の人たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MUJI Xmas 2009 キャンペーン | トップページ | アイコン »