« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の18件の記事

2009年11月27日 (金)

ダンボールでモノをつくるひとたち

kyle bean: 'disposable technology'(designboomさん)
普通にあっていい素材だと思うんですけれど。ダンボール箱の中身はダンボール。

Meeting of Important People(Gizmodo ジャパンさん)
ダンボールでつくられた世界。仮のもの、簡易なものっていうイメージを利用したPVです。でも素朴な味わい。

ダンボール製の脚(革新的発明と製品情報さん)
これはもはや原料では…できあがったものはとっても不思議な風合いなのです。

Cardboard Furniture(I New Idea Homepageさん)
どうやって模様をつけているのかずっと不思議でした。リンク先拡大写真を見て納得。というかびっくり。そこまではさすがにやってないだろうって思ってた方法でした。象嵌。

いろんなものをつくってみる【2ch】ニュー速クオリティさん)
ああもう作れないものってないんじゃないでしょうか。
素材としてはもはや水や炎だって克服してますよ。ただ加工ラインに乗せる制作方法となると難しい。一般的な素材になるには、もう一段ハードルがありそうです。

キリンヂャカード ダンパー(nikkei TRENDYnetさん)
そして最後はこれ。
結局のところもっとも一般的で、もっとも利用者が多いのって箱なんです。そして箱を収納に利用している人だってたくさん。
そんなダンボール箱を、カンタンに強度を保ったままスタッキングまでできてしまう収納箱に変えてしまいます。プラスチックのアタッチメントだけで。箱そのものは一切加工しなくていいのです。
なぜいままで無かったのかって言うくらい素晴らしいアイデア。
なにかを付け加えることで性質を一変させてしまう好例ですね。

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

MUJI Xmas 2009 キャンペーン

無印良品では今年もクリスマスのキャンペーンが始まっています。

中でもプレゼント特集の新製品は毎年とっても楽しいアイデアが網羅されていて、もうデザイナーさんは誰だろう?って思うのですけれどそこんとこは無印なので。

なかでもクリスマスツリーは楽しみ。
ポップアップ・クリスマスツリー 30cm×30cm
いやまだ見てないんですけれどたぶんペッタンコにたたんで販売されているのでしょうね。この製法で30センチあると、かなりの迫力のはずなのです。

ダンボール組立式スピーカー黒 スピーカー
クラフト色のものは従来国内でも販売されていたのです。海外では黒が人気とのことですが、国内では無印=クラフト色のイメージ強し。

北極ボックス
紙じゃないけどこのシリーズは楽しい!
ほかにもサファリボックスと海底ボックスがあります。

工作絵本シリーズ
工作絵本、お絵かき絵本、シール絵本。コクヨさんが力を入れているジャンルですが、無印良品本格参入っていう感じでしょうか。でもMUJIらしさいっぱいなのです。

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

パルプモールドっていう製法 その3

パルプモールドっていう製法
パルプモールドっていう製法 その2

パルプモールドとかペーパーモールドとかいわれる製法があるのです。最近見かけなくなりましたが、むかしよく卵のパッケージに使われていたものですね。
こういうの。
Green Eggs
From Our Farms ともに(Lovely Packageさん)
カッコいい!と思うのです。コストや軽量化や中身が見えないとかスタッキングとかもういろんな問題が絡んで採用されなくなったのかもしれませんが、でもカッコいい。

たとえばダンボールの再利用法、なんてこともこのブログで過去たくさん紹介してきましたが、同じようにこのパルプモールド、再利用をデザインしている方がたくさんいるのです。

第19回 ケルン国際家具見本市(JDNさん)
素材のしなりを利用するデザイン。穴は開けているのだと思うのですけれども。

Chesta Vase Made from Egg Cartons(Inhabitatさん)
こちらはパーツで分解してブロックのように組みなおすベースのデザイン。

InDisposed: Talking Trash(Inhabitatさん)
家具として。卵を支える強度は、家具としての強度も併せ持つのです。

そもそもこのパルプモールド、きっともっと使われていい方法と思うのです。
Newton Running by TDA Advertising and Design(TheDieline.comさん)
まるで地中から発掘したような、ずっととっておきたくなるパッケージ。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

缶からペットボトルへ

まずは缶。
角のある缶 (革新的発明と製品情報さん)
開けると表面に幾何学模様が入る缶もありますが。これは小口がすでに円形ではありません。ということで転がることがありません。
「炭酸飲料はなぜ角型ペットボトルが無いのか?」なんていう問題と相まって、単にデザインに留まらない奥深い問題っぽいのです。

次は缶⇔ペットボトル。
BOTTLE TOPS (DesignWorksさん)
機能的には「開け閉めできる」なのかもしれませんが。
つけた際の概観もほとんどペットボトルなのにびっくり。
缶の開け口位置によって出る出ないが発生しますが、目印とかついてるのかな。

最後はペットボトルへ。
鉄道グッズ (つれづれ日記さん)
驚きました。本当に驚いたのです。ここんとこを隠すと、もうまったくどう見てもペットボトルとわからないのです。

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

紙と遊ぶレゴブロック

紙とあそぶレゴ®ブロック | 無印良品ネットストアさん    
このアイデアは!

 

すでにカンペキに完成されているレゴのシステムに食い込むのに、そのスキマに挟む方法があったとは。

 

となると厚みが限りなくゼロに近い紙ってうってつけ。

 

というよりレゴになにかを組み合わせるその発想もまた素晴らしいと思うのです。

 

さらにさらに、リンク先下のほうに「レゴのポッチにぴったりの穴を狙い通りにあけられるパンチ」ってものが紹介されてます。   
そんな専用道具を作っちゃうとは!すごいすごいすごすぎる。

 

ところでそのレゴですけどね。   
小さいころにレゴじゃないレゴで必死に遊んでいた身としては、レゴにものすごく憧れがあったりするのです。もう次に買うのはレゴだと。

 

といっても自分用じゃなくて、先日5歳の男の子の誕生日にこれをプレゼントしたのです。   
レゴ 基本ブロック (XL) 6177    
【Amazon】レゴ 基本ブロック (XL) 6177

 

うーむ。650p入ってこの値段。今回は追加セットとして購入しましたが、最初のセットとしても良いと思うのです。   
色も9色入ってます。それぞれの構成は違うのですけれども。

 

で、あげる前に遊びたくなったので、とっとと開けて作ってしまいました。その子がいつも名を叫ぶギラティナ(何かはよく知りませんが)。
003  

650pでも足りなかったのでその子がもともと持っていたレゴを奪って作りました。満足。

 

ちなみにですがこの基本セット、青いバケツに全ピース入っちゃうのです。セットでプレゼントするのも良いかと。   
レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615      
【Amazon】レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615

 

最近はブロックはずしなるものがついてるのですね。以前はなかったので、ヤフオクで落としてセットでプレゼントしたりしたのです。

 

…ちなみにですが。   
すべての子どもがレゴにはまるわけではないことも知りました。    
うーむ。

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

花を包む

N-FLOWER”VASE” (ジャパンパックさん)
切花の輸送ケースでありながら、切り離して組み立てるとフラワーベースとしても使用できてしまうのです。

Fract Engineered Flowers(TheDieline.comさん)
紙で包んだようなフラワーベース。見慣れた光景でありながら見慣れない状況で使うことができるのです。

Take-out Flowers(core77さん)
最後はまさに花のパッケージ。
どれも日常よく見るタイプのパッケージなのです。最初のものだって良く考えればソフトクリームのパッケージなのですね。しかも土にちゃんと還るのです。

image花箱1アレンジメント用のフラワーボックス 【マゴクラ】紙のノベルティグッズデザイン



image花箱2花束用のフラワーボックス 【マゴクラ】紙のノベルティグッズデザイン

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

風船の中と外

外から見れば風船を被っている人でも、
hans hemmert 1 (FFFFOUND!さん)

中からみれば多様で広大な世界が広がっているかもしれないのです。
hans hemmert 1 (FFFFOUND!さん)

というわけでこのロッカー。
Stuff by Marina Ralph (dezeenさん)
うなりました。
漫画なんかでよく見る、「中に入って暴れている様子」のような表現を実現可能なアイデア。
大きさの決まっているものの代表格のようなロッカー。素材の組み合わせがとっても楽しい効果を生むのです。

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

ブログ編集ソフト

windows7マシンを1台購入しました。調子が良ければメインとして使おうと思っています。

…が、困ったことが。以前はXPだったので、互換上の問題がやはりいくつか発生するのです。

ウワサのXPモードで動かしているものもあるのですが、日常使いだとそうもいかないものもあるのです。

実際に動くかどうかは別にして、推奨されてないとなるとやはり躊躇するわけで。

なかでもこのブログを更新するのにずっとお世話になっていた、超優秀ブログ編集フリーソフト「ubicast Blogger」さんをどーすんだと。

vistaでは動くなんて情報もありますが、この際なのでほかのものも探してみることにしました。

で、この記事。
窓の杜 - 【NEWS】画面を一新、機能も強化されたブログ編集ソフト「Windows Live Writer」最新版

ああこんなのあるんだね。マイクロソフトさんのダウンロードはこちらから。
ダウンロード - Windows Live

と思っていたら、ふつうにwindows7のスタートメニューの中にもう入ってました。お得な気分。

で、昨日からこれを使ってるのですが。

いいですよこれ!「ubicast Blogger」さんもとっても使い勝手が良かったのですが、負けず劣らず「Windows Live Writer」も優秀な使い勝手です。もちろん様々なブログサービスへの投稿に対応しています。
特に「アップするとどう見えるか」については下書き段階で相当こだわって設計されている気がします。まるでブログに直接書き込んでいるよう。

挿入モードも多様ですよ。ブログ編集ソフトを探している方は一度試してみてくださいな。

もうひとつ、target="_blank"をもう止めようかと思っています。「Windows Live Writer」だとひと手間かかる、っていうこともありますが、タブブラウザ全盛期のいま、選択肢を増やすのも手、と思ったりしました。

あともうひとつ。
同じくマイクロソフト製のフリーソフトで、アンチウイルスソフト「Security Essentials」っていうのが発表されています。
フリーアンチウイルスソフト「Security Essentials」 (GIGAZINEさん)

ダウンロードはこちらから。
ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft Security Essentials

実際に使っています。いまのところ、非常に快適ですよ。マイクロソフト自身が出している安心感もあるのですが、メニューがとってもシンプルなので詳細な設定ってヤツもほとんど必要ありません。しかも無料。「信頼性がどうだろう」なんていう評判も目にしましたが、それはそのときで。何度も書きますが、ウイルス対策ソフトの年間更新料がもう要らないってすごいことだと思うのです。
すごいなマイクロソフトさん。

新環境のまとめ。
いまんとことっても快適。そしてマイクロソフトさんはすごい。

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

メディアアーティスト岩井俊雄さんの本が

以前にこんな記事を書いたのです。
ETV特集 『目覚めよ身体,感覚の宇宙~メディアアーティスト岩井俊雄の特別授業』

衝撃のワークショップでした。打率10割。「すべてウケる」が存在することを初めて知った気がするのです。

…と、そんなワークショップの内容が本になりました。

光のえんぴつ、時間のねんど 図工とメディアをつなぐ特別授業
【Amazon】光のえんぴつ、時間のねんど 図工とメディアをつなぐ特別授業
詳細はこちらにもありますよ。→美術出版社さん

さらにさらに、名作100かいだてのいえに続編が…
100かいだてのいえ
【Amazon】100かいだてのいえ

…出ちゃいました。こんどは地下へもぐります。
ちか100かいだてのいえ
【Amazon】ちか100かいだてのいえ

この2冊、
100かいだてのいえ は下部で綴じてあって
ちか100かいだてのいえ は上部で綴じてあるそうですよ。
情報元はもちろんいわいさんちのブログから。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

セロテープアート

Tapeworm, the Good Kind (Yanko Designさん)
うーむ、そうやって固定しますか。
いっしょに同封されてる小さい金具って、くるくる移動しちゃいますよね。
同じくらい手軽で、しかもしっかり固定してカットできそうなアイデア。

一刀彫で作るセロテープスタンド (デイリーポータルZさん)
素晴らしい。後ろ部分をカットしなかったのが最高にカッコいいと思うのです。

瀬畑亮-セロテープアート さん
どんな世界にもプロがいると思うとなんだかちょっとうれしい。

年代ごとに雰囲気が変わってくるのも興味ぶかいのですが、セロテープって重ねるとなんだかこう独特なアメ色になってくるのですね。なんだろう他ではちょっと出せなさそうな色。

 

 ガムテープでつくるバッグの本 (EASY TO MAKE!)
【Amazon】ガムテープでつくるバッグの本 (EASY TO MAKE!)
これは!
○○からつくる、っていうタイトルの本は、書店でたまに「え?」っていう組み合わせに出くわすことがあるのです。
でもとっても普通の顔で「カンタンに編めるセーター」なんかの隣に並んでて楽しいのです。完成度高し。こちらに詳細がありますよ。

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

リングいろいろ その2

昨日のつづき。リングいろいろ、なのです。

coastal rings (beachbungalow8さん)
海岸線リング。世界にひとつの組合せのペアリングとしても使えそうなのです。

Good Time Ring (idealistさん)
差し替えはいつでも効きますし。

crayon rings (designboomさん)

Ring Bottle Opener (UrbanOutfitters.comさん)

ring.a.day (core77さん)
全体の大きさがわかりませんが…全体としても美しいと思うのです。

Fingerprint Ring (LikeCOOLさん)
自分の指紋と相手の指紋、交換すべきか否か。

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

リングいろいろ その1

今日と明日はリングいろいろ、なのです。
"紙のアクセサリー"として始めたこのシリーズ、その中でもリングの種類はひときわ多いのです。"指にはめる"ことがほどよい制限なのかもしれません。
もはや紙でもなんでもなくなってますけれども。

Bonsai ring (DESIGNSPOTTERさん)

Beethoven Rings (Interior design roomさん)

Waveform Series (Sakurako Shimizuさん)
音の波形のリング。音そのままのはずなのに、それを知ることはできません。

sushi rings (design milkさん)

Moustache Necklace (LikeCOOLさん)
指がする動作と組み合わせるデザインって、ありそうで結構珍しいのです。これはその一例。

OctopusMe (design milkさん)
触手系。

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

ホッチキスの針で

Low-Rise
すごい。
引きでも寄りでもちゃんとビルに見えますよ。これって設計者としてはいろいろ思うところがあるのです。
結局のところ、どんなに意匠に工夫したとしてもビルの縦横の比率はほとんど変わりません。つまり街に与える影響ってほとんどないかもしれないのです。

Goldplated Staples
金でできたホッチキスの針。
アクセサリーとして使おうってアイデアなのです。
でもこの幅と細さって、もうどうしてもホッチキスなのですね。あの巾と高さがどうしてもビルなのと同じ。

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

Amazonフラストレーション・フリー・パッケージ

amazonさんでこんな記事がアップされました。
Amazonフラストレーション・フリー・パッケージ

ひとことでいうとより簡易包装になって、開けやすくなりますよってことのようなのです。内部の梱包まで含めて改良し、梱包財そのものも減らしていく方向のようですね。

手間も減ってリサイクルも容易になるすばらしい方向なのですが。
これを実現しようと思ったら、メーカーさんと一緒にアマゾン向けの商品パッケージを見直していくことになるわけですから、ものすごく大掛かりで大変なことなのです。もう大量に扱うアマゾンさんだからできること。アマゾンさんだからこそやらないといけないことだったのかも知れません。

というわけで今後はメーカーさん発のアマゾンパッケージが増えていくことになりそうです。
amazonのダンボール箱でつくるA4ファイルケース【マゴクラ】ダンボールインテリア生活
こういうアイデアはだんだんやりにくくなっていきそうなのですが、きっとその方がいいのです。

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

ねずみとり

sarah dery: mousetrap (designboomさん)
外から見るとちょっと可愛いパッケージなのですが。
紙製のネズミ捕り。一方ではどう見ても棺桶なのに、一方ではそうとわからないギャップがデザインになりえるメモ。
尻尾がちょっと可愛いなあ。

もうひとつ、最近ネットで良く紹介されている動画なのです。
チーズのCMとのことですが、「完璧なチーズ」を食べたネズミは50000個のネズミ捕りからマトリックスばりのアクションで逃げ切ります。40秒のドラマ。

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

フォトフレーム2題

image.jpg (Engadget Japaneseさん)
スライドショーの設定で、次の写真に変わるまでの時間っていったいどれくらいが適切なのか考えてしまいます。写真をチェックするときと、背景として流すときではきっと時間は異なるのです。
背景としてなら、「永遠」を選択するのもアリと思うのです。

'faces' object and photo frame (designboomさん)
最近いちばんのヒット、と思ってるのがこれ。
素晴らしいデザイン、と思ってるのですが…まわりに同意してくれる人が見つかりません。だってどの面もぜんぶ正面なんですよこれ!

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

『組み合わせたいネタほど掲載直後に見つかる』法則

…は、すぐ紹介しようと思ってもいや待てよもういくつか見つかってからと思うとそのまま忘れてしまう法則でもありますね。

というわけでなんとか思い出せたものをいくつか。

くつをもちはこぶっていう記事で、上履きバッグって紹介したのです。地面に置いても気にならないってやつですね。
で、そのあと見つけたのがこれ。
Bootbag (Generate Designさん)
靴をカバンにしたというより、もうそのものです。片方はどこへやったの?って聞かれそうです笑。

透明だからできることっていう記事で、レントゲン傘を紹介したのです。実際に天空に透かして見る位置ですよね。
で、そのあと見つけたのがこれ。
Exposed Bag (Generate Designさん)
扱う素材はレントゲンでも、実際に透ける透けないの違いがあってそれがそのままデザインになっています。見せているのに隠してるんですよね。

本の表現っていう記事で、辞書型の金庫を紹介したのです。
本は本棚にあって自然だ、っていうことですよね。
で、そのあと見つけたのがこれ。
仕事中毒 (oikosさん)
いやこれ折りたたみ枕としてじゅうぶんに実用的。

 

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

(^_^)365(O_O)(ハローサンロクゴ)

(^_^)365(O_O)(ハローサンロクゴ)の日めくりカレンダーが先日届きましたよ。

社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)さんのカレンダー。グラフィックデザイナー365人が、そのまま365日分の日めくりカレンダーをデザインしているのです。

事前に予約して買っちゃいました。
小さいダンボール箱で送られてくるのですが、直接宅配ラベルが貼られているのでビリッとやったのですが…

あらら、この箱よくみると専用パッケージでした。しかもとっても良くできた箱なのです。中にはぴったりカレンダーが納まっていて、このプロジェクトがとってもチカラの入ってるものだってことがわかります。

最初から中身じゃなくて箱の話をしてますが、箱好きとしては捨てられないので折りたたんで保存保存。

中身はですね、およそA5サイズですが厚みがあるのでそんなに小さくは感じません。またリンク先写真には無いですが、オレンジ色のバンドが付属していて、これが意外な役目を果たすようになってます。

365ページあるのかと思いきや、裏オモテにそれぞれ印刷されているので凡そその半分になるのです。日めくって最後まで行って、そのまま最初に折り返してくる構成です。

ただですね、この両面印刷であることがとっても面白い効果を生んでいて、きっとデザイナーさんを悩ませた点だと思うのですよ。

なにしろ15種類の最先端印刷技術と11種の用紙を組み合わせたとのことですから、とうぜん透ける透けないとか使用する色やデザインによっては表裏で影響しあったりするのです。

中にはそれを見越してデザインされたんじゃないかっていうアイデアもあって、製作背景を想像すると楽しいのです。

印象としては、大きさの関係もあり365枚の「年賀状」っていう感じがします。どうしても割り当てられた「日付の意味」がデザインモチーフとなるページが多くなりますから。

そしてプロのデザイナーさんからの年賀状が毎日届くのだと思うと最高に楽しい。しかも\3650ですから一日あたり\10なのですよ。

保存するより実際に飾っちゃおうって思うカレンダー。物欲を満足させる一品なのです。

 

 

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »