« シュレッダーのあとに | トップページ | 鏡のかたち »

2009年9月 1日 (火)

鏡にうつるもの

今日と明日はカガミに関するネタ。
鏡って表面しか見ていないのに奥行きを感じる不思議な平面ですが。建築でも空間に広がりを感じる奥の手として使います。

Self Portrait Mirror (MicroWorks Website!さん)
自分の顔に標準を合わせれば、表情だってビシッと変わってくるよね、っていう鏡です。画像は手鏡っぽいですが40cmあるので結構大きいものですよ。

Self-Portrait Mirrors (Generate Designさん)
あ、同じタイトル。
鏡をのぞくたびに違う自分と出会うことができます。ぜんぶで6種類あって、リンク先のサムネイルから見ることができます。

開いたドア (革新的発明と製品情報さん)
これは!
鏡をおくことで地と図が入れ替わってしまうのです。まさに違う世界の入り口のよう。

Five x Five Mirror (Generate Designさん)
おなじ鏡でも、こんな風に使うとまったく違うものになってしまいます。
突然鏡の存在感が現れますね。どんなふうに映るの?

エメリーのお気に入りさんご紹介ありがとうございます!


 

|

« シュレッダーのあとに | トップページ | 鏡のかたち »

紙に似たもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シュレッダーのあとに | トップページ | 鏡のかたち »