« わすれもの と なくしもの | トップページ | 三つのキューブ »

2009年9月25日 (金)

どうぶつしょうぎ

うーむ。久しぶりにうなりました。

おもしろいです。完成度高し。
過去に何回か「お子さんプレゼント決定!」とか書いてますけど。
年末はこれ一本で決定なくらいの完成度だと思います。1,500円だし。
いやもう例えばお年玉で5,000円包むなら、これあげた方が喜ぶんじゃないかっていうくらいの完成度。

 どうぶつしょうぎ (日本女子プロ将棋協会公認)
【Amazon】どうぶつしょうぎ (日本女子プロ将棋協会公認)

予約して買っちゃいました。
パッケージも可愛いですよ。プレゼント度の高いパッケージと質感なのです。ボードは厚紙で、表面に空と森がデザインされてますが、それがちゃんとルールに関係してるのです。

駒(じゃなくてどうぶつ)は木製で、しっかり厚みがあります。ちょうど握りやすい、失くさない(重要!)くらいの大きさなのです。

詳細はこちらも参考にしてくださいな。
どうぶつしょうぎ official website |LPSA|

ルールもリンク先に紹介されてますよ。将棋との違いはいくつかありますが、お子さんでもすぐ理解できる内容です。

というかそこんとこがポイントだと思うのですが、大人と子どもが従来の将棋で遊ぶときって、子どもは全然面白くないんですよね。結果として大人も面白くない、と。大人は「強くなってオレを負かせ!」とか思っちゃってるのかもしれませんが、子どもは微塵もそんなこと考えません。

どうぶつしょうぎなら、おじいちゃんと孫の縁側対決もじゅうぶん実現できますよ。それどころか対等以上の勝負になると思います。なにしろ駒数が駒数なので、出だしとか詰みのパターンがある程度限られるのです。そういうのを覚えるのって、お子さんぜったい得意。
しかもお子さん集中力タイマーが切れない対局時間で終わります。

と褒めまくりですが初めしばらくは「ぞう」と「きりん」を間違えたりしました。色が同じなので。それも慣れと思います。

あまりにも有名になっちゃってるので早いのか遅いのかわからないレビューですが、とにかく一度体験する価値アリの一品です。

 

|

« わすれもの と なくしもの | トップページ | 三つのキューブ »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わすれもの と なくしもの | トップページ | 三つのキューブ »