« 箱の存在感 | トップページ | 重力に逆らう »

2009年8月25日 (火)

ダンボールと箱のひみつ

段ボールのひみつ (学研キッズネットさん)
すごい。
これだけの内容を、一冊まるごとネットで公開。
もう残り少なくなった夏休みの自由研究に。内容をまとめるだけじゃなくて、昆虫標本のようにいろんな種類を採集すると楽しい宿題になりそうです。比較的簡単に集まりますよ。

HowPack
さいきん色んなところで紹介されている箱の展開図集。
スキャン画像なのがちょっと残念ですが、これだけ数があるとそれこそ昆虫標本のようなドキドキ感がありますね。
電化製品の緩衝材をついとって置きたくなるあの感覚。
ケーキの箱を開けるあの感覚。
同じように感じる人がものすごくたくさんいることも新しい発見でした。
そろそろ中身じゃなくて箱の時代が来るかもしれません。

|

« 箱の存在感 | トップページ | 重力に逆らう »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

『段ボールのひみつ』、これは本当に凄いですね。
ざっとですが全部読んでしまいました。
私も少しは段ボールに詳しくなったかな。

投稿: MISDIRECTION | 2009年8月26日 (水) 20時58分

>MISDIRECTIONさん
開けるときはワクワクなのに、配送されたあとはゴミになってしまうダンボールが、最近なんだかこう儚いなあって思ったりするのです。
個人の場合は古紙リサイクルするよりそのまま他に転用して使う方が、精神的なリサイクル効果も高い気がします。

投稿: kaminodesign | 2009年8月27日 (木) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱の存在感 | トップページ | 重力に逆らう »