« amazonのダンボール箱でつくるA4ファイルケース【マゴクラ】ダンボールインテリア生活 | トップページ | ダンボールでできたものいろいろ »

2009年7月13日 (月)

自分を消す方法と自動コイントス

先日MISDIRECTIONさんで盲点っていう記事があったのです。あ、消える消える!想像するよりもずっと見事に顔が消えますよ。

今日の一つ目はあるグッズを使って自分の顔を消す方法です。
自分が消える!? ([WBS]トレンドたまごさん)
実は全身を消せる「ひとつめくん」っていうのもあるそうです。

今日はもうひとつ。

もうどのカテゴリーで紹介していいのかわからないのでっていうよりそもそも紙ネタでもないのですが。

コイントスを制御するマシーン。
こういう方向に使われるエネルギーって魅力的と思うのです。そもそも確実に裏と表を投げ分ける方法ってあるのでしょうかMISDIRECTIONさん。


Coin Flipper exp from nitipak samsen on Vimeo.

エメリーのお気に入りさん紹介ありがとうございます!

|

« amazonのダンボール箱でつくるA4ファイルケース【マゴクラ】ダンボールインテリア生活 | トップページ | ダンボールでできたものいろいろ »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

ご紹介ありがとうございます。
あの動画、結構面白いですよね。

さて、確実に裏と表を投げ分ける方法ですが、両面裏と両面表のコインを用意するのが一番簡単かな、と。
(そういうニセコインも外国では売っているのです)
でも、最近気になっているのは下記です。
https://www.frenchdrop.com/detail?id=512
本当に出来るのかな?

投稿: MISDIRECTION | 2009年7月14日 (火) 20時48分

>MISDIRECTIONさん
コメントありがとうございます!なるほどそれなら100%ですね。そういう発想って「デザイン」ですね…
コイントスで運命が決まるなら、きっと古来さまざまな方法が考案されてきたのでしょう。完全な乱数はできないなんていいますから、作為と無作為は実は紙一重かもしれません。少なくとも見る人にとっては結果がすべてですもんね。

投稿: kaminodesign | 2009年7月15日 (水) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« amazonのダンボール箱でつくるA4ファイルケース【マゴクラ】ダンボールインテリア生活 | トップページ | ダンボールでできたものいろいろ »