« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の23件の記事

2009年7月31日 (金)

小学校低学年も高学年も!残り一ヶ月でする夏休みの工作ヒントとアイデア ダンボール、トイレットペーパー、ペットボトルでロボットからスカイツリー工作、はたまた飛び出す絵本まで

↑型紙なのに他の作品と絶対かぶらない飛び出す絵本の作り方

夏休みももう一ヶ月きりました。
そろそろ夏休み工作の宿題をしないといけない時期なわけですが、作るのをとっても楽しみにしてるお子さんととっても憂鬱なお子さんに別れてたりしますよね。

ちなみにライバルはこんなの作ってますよ。→子どもアイデアコンテスト (Hondaさん)
うーん、強敵です。
そこで工作のアイデアの役にたちそうな記事をまとめてみました。

AD



 
image   ●飛び出す絵本を作ってみる。
→(型紙なのにオリジナルになっちゃう!飛び出す絵本の作り方: カミノデザイン【kaminodesign】)

飛び出す絵本のいいところは返却後の保管に場所を取らないことと、友だち全員が開いちゃうほどウケること。
     
image   ●トイレットペーパーの芯で作ってみる。
トイレットペーパーの芯の再利用 工作やアートに 夏休みの工作のヒントにも: カミノデザイン【kaminodesign】

コツは芯を使ってると見た目でわからせないくふう。
     
image   ●スカイツリーをダンボールで作ってみる。
ダンボールでスカイツリーを作るひとたち 小学生夏休みの工作のヒントにも!: カミノデザイン【kaminodesign】

割り箸よりも紙で作るほうが上手くいきます。
     
image   ●エッフェル塔をダンボールで作ってみる。
ダンボールでエッフェル塔を作るひとたち 小学生夏休みの工作のヒントにも!: カミノデザイン【kaminodesign】

じつはスカイツリーよりエッフェル塔のほうが作りやすい。
     
image   ●ペットボトルを再利用して作ってみる。
夏休みの工作にも! ペットボトルを再利用して作れるもの: カミノデザイン【kaminodesign】

ペットボトルそのまま使うのは難しいので、切っちゃえ。
     
image   ●ダンボールでロボットを作ってみる。 ダンボールでつくるロボットは作り方によってロボットのデザインそのものが変わるのだ、っていう話 夏休みの工作でロボットを作ろうとしている小学生のお父さんへ: カミノデザイン【kaminodesign】
いわゆる人型ロボットよりも○○専用って決めちゃえ。
     
image   ●とにかく動く工作を作ってみる。
夏休みの工作のヒントにも!ロボットを動かすペーパークラフト工作キットをセットで贈ってみる | プレみや【pre-miya】 

いちばんウケる工作は動く工作。でも難しいよ。
     
image   ●動く工作の関節をなんとかしたい。
夏休みの工作 紙で関節をつくるには: カミノデザイン【kaminodesign】

動く工作を作るコツは動く関節を作ること。身近な材料だと難しいのでうまく市販品を利用しちゃいましょう。
     
image   ●Amazonのダンボール箱で工作を作ってみる。
amazonのダンボール箱を使って作る夏休みの工作: カミノデザイン【kaminodesign】
身近に転がってる素材ってじつはAmazonの箱。基本だけ参考にしてあとは飾り付けすれば立派な工作に。
     
image   ●もうとにかくなんでもいいのでダンボールで作ってみる。
小学校の小学生低学年から高学年とそのお父さんまで 参考作品をみてオリジナルを作ってしまうダンボールでできる夏休みの工作ヒントとアイデア: カミノデザイン【kaminodesign】
とにかくヒントが欲しい、って人に。

| | コメント (0)

2009年7月30日 (木)

変形するパッケージ

ファイルスタンドになるコピー用紙ケース (TheDieline.comさん)
リンク先、下の方の写真です。箱を切り取るとファイルスタンドとして使えてしまいます。箱としての強度とかミシン目の破損とかいろんなハードルがありますが、もうとにかくやっちゃえばいいんですきっと。これを買うのはきっと理解のある人たちだから。

パッケージ建築 (Yanko Designさん)
図面を見るともはや建築じゃありません(笑)。まさにパッケージ。移動変形可能なギャラリーとして機能します。コンセプトモデルとしてではなくて、PVCの関節をアルミパネルで挟み込むディテールまできちんと考慮されています。あとは雨の日に屋根をどうするかですが…やっちゃえばいいんですきっと!

思わぬところがポップアップするパッケージ (TheDieline.comさん)
リンク先、一番下の写真です。
真ん中がパカッと割れてしまいます。クラッカーは左右の箱に。
ふつうポップアップって平らなところから大きくなるので驚くのですが、これはこれで新鮮な驚きが。なによりとっても可愛いのです。

"ずれる"ウォッカのビン (Lovely Packageさん)
最後は紙じゃないですけれども。ビンが変形するわけじゃないですよ。もう一目瞭然、気持ちいいデザインです。

 

| | コメント (0)

2009年7月29日 (水)

「肉」のデザイン

前回の記事 ベーコンのような の続きです。うん、紙ネタじゃない。
ただあの赤白のパターン、模様だけを見て手触りとかにおいとかいろんなイメージがふくらむものもそうは無いと思うのです。

salzig: 'sitting flesh' at DMY berlin design festival 09 (designboomさん)
ちょっと欲しい。いや、目の前に売ってたら買いそうです。肉クッション。フックで壁に引っ掛けてある写真とかたまりません。干し加減が。

FRESH PORK SAUSAGE (Sukima Windows Plusさん)
これいいなあ。また豚に戻るのです。目はちょっと怖いのです。ここを包まれたらちょっとイヤかもしれません。

Bacon Boys (Geekologieさん)
素晴らしい表情。特に右の子。売ってるんですねこれ。

 

| | コメント (0)

2009年7月28日 (火)

こんなもので服をつくってみた

面で構成された服 (omami.ruさん)
固そうに見えてやわらかい服。だから紙を連想してしまいます。素材はいろいろのようですが、この形を保つのってものすごく難しいことなのでは。

Plastic ballgown (MAKE:さん)
えーと。いわゆるゴミ袋でしょうか…。この色と透明感って、もうアイコンなのですね。きっと何をつくってもそう見える気がします。

地下鉄路線図 (GIGAZINEさん)
地下鉄路線図って地図ではなくて、「どうすれば見やすいか」ってすでにデザイン処理されたものですよね。服に使えるのも納得かも。組み紐のようにも見えますね。

<参考>
紙⇔服
紙の服とか紙っぽい服とか

| | コメント (0)

2009年7月27日 (月)

ジグソーパズルでできたもの

ジグソーパズルも過去たくさん紹介しましたが…あれですね、ワンクリックで過去関連記事リンクがつくれるといいなあ。

Puzzle Tables (design milkさん)
給食の時間を思い出します。机の脚が大量に出てしまうことが欠点なのです。

biscotti "a incastro" by Cox & Cox (Interior design roomさん)
いや普通にありそうですけれども、無いのかなあ。

ふと思ったのですが、ジグソーパズルって全ピースが同じ形のときにはとってもカンタン…と思いきや、そこに絵柄が印刷されていれば結局全ピース異なるときと難易度は同じか上になりますよね。逆に全ピース異なるときは無地の場合に難易度はMAXになるのです。

put your foot down installation by riitta ikonen (sasapongroove!!さん)
「そこにあるべきでないピースをつなぐことで新しい作品になる」作品は過去にもいくつか紹介しましたが、立体モノは珍しいのです。

mcd outdoor puzzle (Mastercomさん)
スライドパズル。モデルさんの顔がものすごく左右対称なのが気になってしょうがないのです。

 

| | コメント (0)

2009年7月24日 (金)

ジャバ・ザ・ハットぬいぐるみ

もうスター・ウォーズっていう記事のカテゴリを新設しようかとさえ思ってるんですが。

Pew Pew, Kids, Pew Pew!: TIE Fighter Fort (Geekologieさん)
一応紙ネタから入りたかったんですが、これがダンボールかどうかは確信が持てません。お子さん喜ぶモチーフなのかどうか心配です。

Jabba the fursuit (Boing Boingさん)
だれでもジャバになれます。立ってるジャバさんってちょっと新鮮ですよね。

Felted Jabba The Hut (Neatoramaさん)
ちょっとかわいいです。うさぎを食べるんじゃないかって心配させるあたりもなんとも。

ぬいぐるみといえば、
古代生物ぬいぐるみ (Love Journeyさん)
もうどっちが頭なんだハルキゲニアさん。

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

ペラモデルとUSB People

バンダイさんから今月、ペラモデルっていうフィギュアが発売されました。公式サイト→ペラモデル

人物の写真を専用ソフトでシール化して、プラモデル状のフィギュアに貼り付けます。すると全身がちゃんと可動するフィギュアのできあがり。専用ソフトも公式サイトからダウンロードできますよ。リンク先に動画もあります。

こちらは人型のUSBメモリ。
USB People (Business Media 誠さん)
首がとれてますけれども!
公式サイト→USB People では、オリジナルのデザインも作れてしまいます。

じぶんだけのオリジナルデザインって言われたときに、作りやすいものってやっぱり自分自身の姿なんですよねきっと。アバターだ。

 

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

割れる 飾る よみがえる 再生する

…ティッシュペーパーとトイレットペーパーです。

Shattered tissue box (sasapongroove!!さん)
ひび割れや破片が素材自体の質感を決めてしまいます。パリン!って。

飾るティッシュケース (革新的発明と製品情報さん)
過去数々のティッシュケースを見てきましたが、このタイプは革命的。ふつう「邪魔だから小さくする」のですが、「大きくして愛でる」ことで逆にインテリア化してるのです。

ホワイトゴート ([WBS]トレンドたまごさん)
過程が目で見えます。完全なブラックボックスをホワイトボックスに変えちゃうわけで、しかも家の中で完結してしまうのです。ある意味小さな宇宙。

まきとる君 ([WBS]トレンドたまごさん)
こちらもトイレットペーパーの再生です。いかにも美しい仕事をしてくれそうな機械ですよ。色とりどりのトイレットペーパーなんかも作れそう。もうペーパーホルダー自身がこれだったらいいとさえ思うのです。

 

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

しわくちゃの

しわくちゃにされたものって捨てる前とか捨てた後のことが多いですけれど。実は唯一無二のパターンだったりするのです。

CRINKLE ウォールクロック MKL08-23B (cainaさん)
1975年にこのデザインを発表ってすごい。

tokka しわくちゃ封筒 (cainaさん)
こちらは印刷で表現されたしわくちゃです。

しわくちゃの紙のフリー素材 (コリスさん)
素材として使うなら、ちゃんと地紋になるのです。

Play More Notebook by Trapped in Suburbia (LikeCOOLさん)
失敗しても楽しめますよ。丸めた紙がボールに。

 

| | コメント (2)

2009年7月17日 (金)

重ねて使うリング

cityscape rings  (MoCo Locoさん)
重ねることで、童話のような世界が広がります。ズレのデザインですね。1本ずつプレゼントすると、組み合わせのアレンジができる楽しみもあります。

Cityscape Ring (Thingiverseさん)
こちらは自作する街並リング。たくさんの指に同時につけると、地平線がつながります。

Landmark buildings of the world as acrylic rings (Boing Boingさん)
自作できないっていう方はこちら。世界の有名建築を指に並べることができますよ。

ところでamazonで、こんなリングを発売しています。スウォッチさんの扱いなのですが、4本のリングを並べて4ケタの数字を表示することができます。数字はあとから選択自由なので、記念日を表示してプレゼントしたりするそうです。
男性でも使用できる22号なんて大型のものも用意されています。
色はシルバーと黒が現在購入可能です。

 

swatch bijoux (スウォッチ ビジュ) リング SECRET CODE RING STEEL, SIZE11 日本サイズ22号 JRM013-11
【Amazon】swatch bijoux (スウォッチ ビジュ) リング SECRET CODE RING STEEL, SIZE11 日本サイズ22号 JRM013-11


 swatch bijoux (スウォッチ ビジュ) リング SECRET CODE RING BLACK, SIZE11 日本サイズ22号 JRB003-11
【Amazon】swatch bijoux (スウォッチ ビジュ) リング SECRET CODE RING BLACK, SIZE11 日本サイズ22号 JRB003-11

| | コメント (0)

2009年7月16日 (木)

絆創膏が進化すると

Duct Tape Bandages (productdose.comさん)
ガムテープは茶色だけれど、ダクトテープって銀色のイメージなんですよね。アメリカではガムテープ代わりに日常良く使われるって話も聞きます。リンク先の製品。ダクトテープが疣治療に効果的っていう有名な民間療法があるらしいのです。

big band-aid (I New Idea Homepageさん)
単に絆創膏のカタチをしたラグマットなのかと思ったら、モルタル床のひび割れを隠す、っていう意味があるようですね。それなら納得のカタチ。

Swarovski Bling Band Aids (bookofjoeさん)
スワロフスキのクリスタル付き絆創膏。見えるところに貼りたくなるはずなのです。

と、ここで。こんな記事を読みました。
傷はぜったい消毒するな (情報考学 Passion For The Futureさん)
となるといままでの治療法は間違ってるってことですよね。
風邪薬を飲まない方が風邪は早く治る、なんて話もききますが、常識は実は非常識っていう話はどうしてこんなに魅力的なんでしょうか。


 

| | コメント (0)

2009年7月15日 (水)

リラックマ 舞妓さん 楽器

ペーパークラフトを紹介するのは、ちょっと久しぶりかもしれません。

だらだらクマさん
リラックマのペーパークラフトを公開されていますが…その数と種類とアイデアと可愛さにびっくり。こうやってみるとリラックマって丸いものも四角いものも対応する貴重なキャラですが、それもペパクラ設計者さんの力によるものですね。

むぎのペーパークラフトさん
上記リンク先は「舞妓さん」に貼りました。他にも金魚やアナログマなど公開されています。
舞妓さんは最初に海外のサイトで発見したので海外のデザイナーさんかと思ったのですが…それにしても素晴らしいディテールなのです。特に襟足あたり!

ペパクラ
最後は楽器のペーパークラフト。実際に販売されています。現在は6種類が販売されているようですが、ペーパークラフトで最も難しい曲面と細い弦を併せ持つ楽器というジャンルをキット化されてることってすごいことなのです。しかもレーザーのプレカット済み。

 

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

ダンボールでできたものいろいろ

癒倉~やすらぎstyle~ ([WBS]トレンドたまごさん)
枕に愛情を感じます。
災害非難時用のダンボール製品はここで特集したいくらいたくさん開発されているのですが、実際に使用されているのを目にすることはいまのところほとんどありません。起きてからでは遅いので、自治体で備蓄すべきと思ったりするのです。

Cheap Cardboard Laptop Stand (oobjectさん)
もうこれで十分。ノートパソコンにキーボードをつけてデスクトップ代わりにしてる人って結構いるんですよね。

段ボール四輪車 (アースダンボールさん)
ダンボールでできた動くクルマを自作するのはテレビでも見るようになりましたが、車軸のついたダンボール製品が実際に販売される例は割と珍しいと思うのです。ダンボールならこうなるっていう可愛い四輪車。

映画『築城せよ!』公式サイト
未見なのでどういういきさつでそうなるのかはわかりませんが、ダンボール約12,000個を使って高さ25メートルの城を作ってしまう映画なのです。製作には愛知工業大学の学生さんが多く携わっているそうですよ。
ダンボールの提供や技術アドバイスはレンゴーさん。
こちらのページでは城の写真も掲載されています。

 

| | コメント (0)

2009年7月13日 (月)

自分を消す方法と自動コイントス

先日MISDIRECTIONさんで盲点っていう記事があったのです。あ、消える消える!想像するよりもずっと見事に顔が消えますよ。

今日の一つ目はあるグッズを使って自分の顔を消す方法です。
自分が消える!? ([WBS]トレンドたまごさん)
実は全身を消せる「ひとつめくん」っていうのもあるそうです。

今日はもうひとつ。

もうどのカテゴリーで紹介していいのかわからないのでっていうよりそもそも紙ネタでもないのですが。

コイントスを制御するマシーン。
こういう方向に使われるエネルギーって魅力的と思うのです。そもそも確実に裏と表を投げ分ける方法ってあるのでしょうかMISDIRECTIONさん。


Coin Flipper exp from nitipak samsen on Vimeo.

エメリーのお気に入りさん紹介ありがとうございます!

| | コメント (2)

2009年7月12日 (日)

amazonのダンボール箱でつくるA4ファイルケース【マゴクラ】ダンボールインテリア生活

Amazonのダンボール箱でA4ファイルケースをつくる
amazonのダンボール箱でつくるA4ファイルケース (マゴクラ)
Amazonさんで送られてくる、薄型のダンボール箱2個を使ってA4ファイルケースを自作する方法です。たくさん作って重ねると、多段ファイルケースになりそうですよ。スッキリと収納できますが、ちょっと難易度は高いのです。

00_m
amazonのダンボール箱でつくるA4ファイルケースⅡ【マゴクラ】
もう一点、では難易度の低いものも。もう切っただけ。
いわゆるタテ型のファイルスタンドです。
XM03っていうちょっと厚めの箱に、XM01っていうちょうど半分の箱を2箱入れて作ってあります。
単なるファイルスタンドではなくて、じつはこれ、お互いがお互いのフタになるよう設計されているので、完全に密封することができます。このまま宅配も可能。


こちらのブログさんでは、アマゾンの箱の種類に関するとっても貴重な調査資料を公開されています。
Amazonの箱いろいろ (新・不条理日記さん)
これは本当に貴重な資料ですね!BX0110よりも薄いものがあるなんて全く知りませんでした。

ところでそのダンボール箱、ダンボール箱を作っているプロの方から見ると実はちょっと特殊な箱なんだそうです。
アマゾン箱の秘密? (箱職人さんの「箱職人のイザ! ブログ」)
なるほどそうなんですか。百万単位で発送されるからこそできることなんですね。ただ箱のウラの印刷広告って見たこと無いのですが、地域によって異なるのでしょうか…?

Amazonの箱の再利用 (ITmedia Biz.IDさん)
こちらはダンボール箱の表面ラベルを美しくはがす方法です。

| | コメント (2)

2009年7月10日 (金)

7月22は46年ぶりの皆既日食だそうですよ

盛り上がってますね。
しかも全国で観測できるそうですよ。一部を除き部分日食だそうですが。それでも7,8割程度隠れてしまうそうなので、ホントに暗くなるっていう。各地の部分日食状況や時間は、国立天文台のサイトさんに詳しいです。

昼間なのに突然暗くなるっていうのは、日食だからっていう説明でなんとなくわかったような感じの我々はそれで納得ですが、遠い昔の人たちはきっと驚愕の天変地異だったんだろうなあと思うのです。

そんなSFありましたね。
 夜来たる 長編版 (創元SF文庫)
【Amazon】夜来たる 長編版 (創元SF文庫)
昼しかなかった惑星に夜がやってきます。アシモフのこの作品は短編と長編があって、それぞれ雰囲気が違います。

ところで太陽を観測するのに、昔は学校でも下敷き推奨だったりした記憶がありますが…その国立天文台さんのサイトでも注意されているとおり、下敷きやサングラス、すすガラスやフィルムなんかも目を傷めるのでダメなんだそうです。専用の日食グラスを使ってくださいな。

というわけでようやく紙ネタ。Amazonさんでもグラスを売ってますよ。多くは品切れの雰囲気なので、今も手に入るものを紹介(7/9現在)。

 Amazon.co.jp 日食グラス SUN CATCHER-X
【Amazon】Amazon.co.jp 日食グラス SUN CATCHER-X

こちらの書籍にも日食メガネがついてるそうですが、7/9現在マーケットプレイス扱いです。
 日食観測マニュアル 安全に太陽を見る「日食メガネ」付き (アスキームック 星ナビ別冊)
【Amazon】日食観測マニュアル 安全に太陽を見る「日食メガネ」付き (アスキームック 星ナビ別冊)

どうしても手に入らなかった場合に。
または、すっかりそんなこと忘れてしまったまま7/22を迎えた方には。mifdesign_antennaさんのこちらの記事で、グラスが無くても観測できる方法を紹介されています。

| | コメント (2)

2009年7月 9日 (木)

ダンボールでできたハンガーを3つ紹介します

Hangerpak (DesignWorksさん)
ひとつめ。
これは以前に紹介したものです。パッケージを組み立てなおすとハンガーに変化します。ハンガーが紙でできていることに必然性がありますね。

cardboard hangers (laissezfaireさん)
リンク先、写真の上から二枚目。こちらはそのまま製品として利用可能なハンガー。ダンボールならではの形状をしています。
ダンボールでハンガーをつくるとき、難しいのはあの引っ掛ける部分。細いので、折れない様に補強する必要がありますね。
水にぬれた洗濯物を干すような場合はちょっと考えないことにして。

the want store - installation (designboomさん)
最後はこれ。この企画の意義はちょっとおいといて、ハンガーの形状として考えると、この「切りっぱなし」と「引っ掛ける部分が輪」っていうのがもっとも合理的ではあるのです。もう組み立てないぞっていう。引っ掛けを輪にするのも、折るのはカンタンに折れちゃいますが引きちぎるのは意外と難しいものです。

 

いまふと思ったのですが。
紙でハンガーをつくる可能性をこうやって一生懸命記事にしてるブログって、相当にマニアックですよね。僕は読みますけれども(笑)。

 

 

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

こんなものを黒板にしてみた

Chalkboard (idealistさん)
まずはスケートボード。ボードつながり。

Estudio 5 (Interior design roomさん)
実は黒板状になってる時計ってものすごくたくさんあるのです。
その中でも特にシンプルな一品。針もまるでチョークのよう。

Chalk Board Mug (Neatoramaさん)
使うと洗うので。短期のメッセージに向いてます。
ただ「粉っぽさ」と「口につける」は相性があまり良くないので、実は珍しいパターンなのです。

Kaffe (TheDieline.comさん)
とっても印象的な手描き文字で書かれた黒板メニューってありますよね。黒板の文字をトータルでデザイン採用している例。これも「口につける」ものなので、ありそうで実はけっこう珍しい例と思うのです。

 

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

落書きできる家具

家具に描くな家具に!っていう子供たちとの戦いが日々繰り広げられていると思われます。彼らにとってのデザインなのかもしれません。

On a Roll: Childrens Paper Chair (Gizmodoさん)
逆に存分に描いていいっていわれたら、彼らはどうするのでしょうか。描き続けていい椅子。ついでにカタチも変わっていきます。

'bio seat' by indra merca (Interior design roomさん)
おそらくはペーパーモールドでできた椅子。とくに落書きをすすめられてはいなくても、絶対描きます。絶対に。

Verona (DESIGNSPOTTERさん)
そして本当にデザインになった落書き。子どもが描いたんじゃないですけれど。落書きって書き続けるとやがて地紋のように見えるこの不思議。

 

| | コメント (0)

2009年7月 6日 (月)

折り紙を現実に使ってみる

紙って一枚だとペラペラなんですけど、折ると突然強度が上がります。折り紙を応用したものって今までにもたくさん紹介してきましたが、きっともっと主流になっていいのです。組み立てが面倒とか言わないから。

Emergency Cast by Yoon Bahk (Yanko Designさん)
「持ち運びは紙一枚だけれど、折ると強度があがる」見本のような一品。
ところで最近はもう石膏のギプスってあんまり使わないんですね。グラスファイバー製のものが主流になりつつあるそうで、骨折のイメージも変わってるようです。

Paperboat (omami.ruさん)
ペーパーボート。
器にはぴったりですが、きっとオールがポイントなのです。

paperboat (designboomさん)
もいっこペーパーボート。
こちらは中身を載せないことに意味があります。同じ船でもまったく違う使い方。でもちゃんとどちらも「折り紙の船」ってだれもが思うのです。折り紙のエライところ。

 

 

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

ダンボール川柳とダンボールコンテスト

アースダンボールさんで「アースダンボール川柳大会」っていう企画をされているそうですよ。

本来は社内大会なんだそうですが、こちらのブログで広く一般にも募集を告知されていますから、もう送っちゃっても良さそうですよ!
応募条件は、
●「ダンボール」や「箱」などアースダンボールさんで扱っている物が入っていること
●575で
●一人10句まで
…なんだそうです。締め切りは書かれていませんが、おそらくとっても短期間の募集と思いますから、急いだ方がよさそうです。
サイトのホームページの問い合わせのフォームから応募可能だそうですよ。

 

城東紙器「だんぼーるパパ」さんで、今年もダンボールデザインアイデアコンテストが開催されます。すでに7回目だそうですから、すでにダンボールのメジャーコンペですね。

●応募締切→2009年11月11日(必着)
●審査結果発表→2009年12月11日
●プロダクトデザイン部門→製品化することが考えられるもの
●アートデザイン部門→一点物のアート作品として考えられるもの

今年からプロダクトとアートの2部門に区分されたようです。通常のメーカーコンペではやはり「製品化できる」ことが優先されるはずですから、これで「1点もののアート」にもチャンスが広がることになりますね。締め切りはまだ先ですが、製作することを考えると早いうちに着手したほうがよさそうですよ。

 

| | コメント (0)

2009年7月 2日 (木)

くつをもちはこぶ

UNCUT slippers  (productdose.comさん)
一枚のフェルトから、足の大きさに合わせてスリッパを切り出します。展開図=デザイン。たしかにスリッパになります。単純な展開図ですが言われなければ気付きません。

shoebag with four finger holes (DESIGNSPOTTERさん)
こちらはものすごく持ち運びしやすい靴なんだか、地面に置いても気にならないバッグなんだか。いやどっちでもいけそうです。

±0 - 上履きバッグ (±0 storeさん)
地面に置いてもきにならないバッグなら、日本にもありますよ。底面がどこかでみた懐かしいアレになってます。そうとわかるのは、あのゴム部分なんですね。
 ±0 プラスマイナスゼロ 上履きバッグ (ブルー) ZFB-R010(A)
【Amazon】±0 プラスマイナスゼロ 上履きバッグ (ブルー) ZFB-R010(A)

| | コメント (0)

2009年7月 1日 (水)

くだものの形をしたメモ帳

ごめんなさいごめんなさい。
きのうはずっとniftyさんでブログのメンテナンスと障害が出ていたようで、さきほど昨日書いておいた記事はアップしておきました。

なんていうのかあれですね。ブログがアップできなかったり表示できなかったりすると、「もし過去記事がぜんぶ消えたらどうしよう」なんて思っちゃいます。無事表示されるようになるとバックアップを取る事なんてすっかり忘れてしまう罠。

ブログも立派なネタ帳としての「紙」だったんだと気付くこのごろです。

D-BROSさんデザインで、KUDAMEMOフルーツメモっていう名前のフルーツそっくりメモ帳が発売されました。
KUDAMEMO (cainaさん)

先日記事にした
Fruit Juice Packaging by Naoto Fukasawa (TheDieline.comさん)
"Perfect Slice of Summer" tissue boxes  (TheDieline.comさん)
あたりとはまた違うフルーツの表現です。

なんですけど、フルーツの外形と切断面を同時に表現できるすばらしいアイデアです。

思い出したのは七夕の飾りでよくみる「でんぐり」。昔からある紙製のオモチャのことです。
タカ印紙製品さん
こちらのほうがイメージに近いですね。ちょうどタイムリーだし。

と、ここで、そのKUDAMEMO6個セットのパッケージに注目です。
これって実際にスーパーなんかでトマトやフルーツを売るときのディスプレイ兼パッケージとしてよく用いられている箱なんですけれど。

一度じっくり見てみてくださいな。恐ろしく良くできていて、これが欲しいばっかりにトマトをワンケース買ったことがあります。
上下にスタッキング(積み重ね)できるようにデザインされているのですが、上下でちゃんと噛み合うように箱本体にテーパーが取られています。そのテーパーがダンボールのもともとのバネを利用するものだったりするので、もう脱帽。

必ずどこかにこれをデザインされた方がいて、やがてそれが業界のスタンダードになって、なくてはならないものになってる。デザイナーの名前は出ないかもしれないけれど、デザインって素晴らしい!と思ったりするのです。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »