« いれるものといれられるもの | トップページ | ドールハウス »

2009年6月17日 (水)

空間を閉じ込める方法

Yuken Teruya cuts trees out of paper bags (MoCo Locoさん)
紙袋の中に木立。木漏れ日がとっても美しい作品なのですが、その木漏れ日は自分自身の"切り抜き"から…
紙袋がひとつの世界になっちゃいます。

Index Livingmall "Model Room Bags" (DesignWorksさん)
こちらは家具カタログを収納する袋だそうですよ。折り返すことでひとつの部屋を再現してしまいます。

これらはきっと縮尺が重要で、紙袋のタテヨコの大きさが空間を決定してしまうのです。

限られた面積の中でも、無限の広がりを再現する方法を発明した方がいます。
過去何度も紹介している「フォトモ」。美術家・糸崎公朗さんの作品です。
こちらのサイトのアニメーションがとっても理解しやすいのです。
The world of Fotomo (OLYMPUSさん)

その糸崎公朗さんの大ファン!というこちらのブログさん。
フォトモ:チークパッチさん
ご自身で作成したフォトモをブログで公開されています。写真の角版から起こすその方法は、もうフォトモの進化系!とさえ思うのです。
Youtubeにも動画をアップされています。

遠近感のコントロールを可能にする方法。不思議な感覚に陥ります。フォトモにしやすい風景とそうでない風景がありそうですね。

 

|

« いれるものといれられるもの | トップページ | ドールハウス »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いれるものといれられるもの | トップページ | ドールハウス »