« ベーコンのような | トップページ | 時間を伝えるスタンプ »

2009年6月 4日 (木)

ダンボール箱の中身

ダンボール箱は開けてみるまで中身がわかりません。その中には、思いもかけない世界が広がっているのかもしれないのです。

Hogar de Cristo: Box (I Believe in Advertisingさん)
リンク先の画像クリックで拡大します。
貧困層への住宅供給チャリティ。ダンボールでの生活から住居へと変貌します。

For The Cardboard Lover (Yanko Designさん)
きっと開けても中身は空っぽ。もしくは、開けてもダンボールだったりするのです。開ける前と後では箱の価値が変わってしまいます。

karton chair by florian kallus (Interior design roomさん)
箱を開けたようなイス。開ける瞬間のヨロコビのデザインかもしれません。

DHL: Tunnel box (I Believe in Advertisingさん)
リンク先の画像クリックで拡大します。
あはは。
最速で荷物を届けます。
これスゴい。ダンボール箱が地球の裏側まで貫通してしまいます。そのスケールの大きさにビックリ。

 

|

« ベーコンのような | トップページ | 時間を伝えるスタンプ »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベーコンのような | トップページ | 時間を伝えるスタンプ »