« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の22件の記事

2009年6月30日 (火)

切り抜いて使うための道具

折り紙パターン 15cm (select Mukuさん)
折り紙のサイズ、15センチの正方形に包装紙や新聞を切り出すためのテンプレートです。
道具なしでやろうとすると直角を出すのが難しいので、もはやこれって発明と思うのです。

手作り封筒テンプレート 105x215mmサイズ (無印良品さん)
こちらは無印良品で発売されている、包装紙や新聞から封筒を切り出すためのテンプレート。切手の穴が封筒のアイコンになっています。

ズバリ目的のものではなくて、目的のものをつくるテンプレートを手に入れるこのアイデア。紙には定型のものが多いので、意外とまだまだ可能性がありそうな気もするのです。

| | コメント (0)

2009年6月29日 (月)

ふきだしのなかみ

ポストイット (世界遺産日記さん)
ありそうで意外とない、吹き出しタイプのポストイット。それを採集されたとっても貴重な記録なのです。

Audi: Snow, Ice, Water (I Believe in Advertisingさん)
うーん、ずっと考えているのですが、この広告のおもしろさがわからないのです。

フキダシ広告 ([WBS]トレンドたまごさん)
こちらの広告はもっとストレート。3次元と2次元が交錯します。その人が考えていそうなことを吹き出しの中に描いて表示したら、ホントにそう考えてそうに絶対見えるのです。

Large Comic Bookshelf (LikeCOOLさん)
気になります。三角形の部分をどう使うか。
本棚って結局のところ、その人の個性をものすごく直接的に表現するものですよね。

We are the Champions! (JDNさん)
吹き出しってきっと、空気よりも軽いのです。頭の上にたくさん吹き出しが浮かんでいる姿を想像すると楽しい。
以前に紹介した記事ですが、こんなのもありますよ。
Fashion Statement (Mastercomさん)

| | コメント (0)

2009年6月26日 (金)

宇宙から紙飛行機を

宇宙から紙飛行機を飛ばす実験のニュースが昨年ずいぶんと流れていました。
2008.10.7 23:21 (MSN産経ニュースさん)

広島県福山市の精密部品メーカー「キャステム」さんが納入し、すでに耐熱実験なども行われている、とのことでした。こちらのサイトで紹介されています。
おりがみヒコーキ<折り紙飛行機>のHP-折り紙ヒコーキ、ヒューストンへ行く!

実物は特殊な紙を使用したものだそうですが、一般向けに折り紙の型紙付きの書籍も出版されています。
 宇宙から飛ばす折り紙ヒコーキ
【Amazon】宇宙から飛ばす折り紙ヒコーキ

当時2009年の2月にスペースシャトル搭乗予定だった若田光一さんに国際宇宙ステーションから地球に投げてもらうことになっていたはずですが、その後延期も重なって、現在も若田さんは宇宙ステーションに無事滞在中ですよ。
若田光一 宇宙ブログ

いやもうずっと気になってたんですけど!その後のニュースが見当たらないので。投げるの?若田さんいまから投げるんですか?

 

→《追記》
ようやくその後のニュースを発見しました。
宇宙ゴミの可能性や衛星衝突などの事故が予見されるため、昨年末すでに中止が決定されていたようですね。世間ではとっくに周知の事実だったのかもしれませんが…中止の記事は、ネットではとっても小さな扱いだったのです。
今後のことを考えれば、ホントは中止のニュースの方を大きく扱うべきなのかもしれません。残念です。

そもそもどうしてこんなことを思い出したのかというと、本来は紙飛行機について別記事を書く予定だったのです。
電動飛行機ランチャー (Gizmodo ジャパンさん)
こちらもちょっと前の記事ですけどね。ここからふと、宇宙から飛ばす紙飛行機の話を思い出したのでした。

それともうひとつ、Amazonさんで欲しい!と思う本を発見したので。
 Flight: A Pop-Up Book of Aircraft (Crowther's Transportation)
【Amazon】Flight: A Pop-Up Book of Aircraft (Crowther's Transportation)
そらを飛ぶ歴史が一望できてしまうポップアップブックです。レヴューの評価もとっても高いのです。たぶん買ってしまう気がします。

 

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

マスク

時期的にちょっと遅い感のあるネタですけれどもマスク。
たとえばAmazonではいまも品切れのものが多いのです。マスクについてはもうすっかり落ち着いてもよさそうなのに。一時は有用だの無用だの情報が交錯しましたね。

…と、もうこんな遊び心があってもいいんじゃないでしょうかを数点。
Defending yourself against swine flu can be fun and creative (core77さん)

Swine Flu (Irina Blokさん)

The mask of… (omami.ruさん)

To Be Someone by Mintdesigners (LikeCOOLさん)
これは!
ほんのちょっとのバランスのちがいなのに。普通のマスクと。人の顔のバランスって不思議。

 

| | コメント (0)

2009年6月24日 (水)

プラモデルのような

おもいきりガンプラ世代なんですけれども。

もうあれですね。最近のガンプラって、とんでもないことになってんですね。→素組でロボット (ロボットWatchさん)
昔はパーツの合わせ目をパテでしごいてヤスリかけたりしてましたよ。1000番で仕上げ、みたいな。小学生もみんな。塗装も必須でしたし。どっちが楽しいのかは、悩みます。組み立てるだけでスーパーかっこよければ、それはそれで幸せです。

1/100建築模型用添景セット (かみの工作所さん)
あはは。「徹夜続きの設計事務所スタッフに朗報!!」だそうですよ。たしかに。でもこのレーザーカットの「こみこみ精密感」は、建築関係者でなくてもきっとそそられるのです。

Flat Pack Sunglasses  (core77さん)
プラモデルのようなサングラス。どういう状況で組み立てるのか疑問ですが、やっぱりそそられてしまうのです。

Snap and Dine (Designlinesさん)
プラモデルのような食器セット。こちらの使用状況は明快です。必要なものだけ取り外して使えます。いちばん取り外さないのは実は中央のお皿だったりするあたりがデザインだと思うのです。

 

| | コメント (0)

2009年6月23日 (火)

メモを取ること

有刺鉄線 (DigiArtさん)
"まとめる"か"閉じる"か。

Real Physical Tweets (Yanko Designさん)
日付と時刻が刻印されるメモ帳。普通に普及していても良いと思う商品。欲しいです。

Write-on Glassware (LikeCOOLさん)
朝最初に手にするものだからですかね。中身の残量が時刻の経過を示したりします。

 

| | コメント (0)

2009年6月22日 (月)

名刺に穴を開ける

SALT (omami.ruさん)
いや意味はわかってないんですが。
紙の"白"と穴とSALT。とっても美しい名刺だと思うのです。

google me business card (Interior design roomさん)
名刺に検索窓が開いています。最近ではCMなんかでも検索窓そのものが「検索すること」のアイコンになってますね。

LOSE YOUR FLAB (I Believe in Advertisingさん)
ミシン目で切り取れます。切り取ったほうのその後が気になります。

SUPER ATTAK (I Believe in Advertisingさん)
SUPER ATTAKは接着剤なんだそうですよ。バラバラになってても名前と電話番号が読めれば事足りると気付かされることのほうが気になります。

| | コメント (0)

2009年6月19日 (金)

トランクを積み上げたような

MacBook Boxes Dresser (Interior design roomさん)
普通に使えそうですよ!元がトランク形式なので、引き出しを"引き出して"使うにはちょっと工夫が必要です。

Leather Collection by Maarten De Ceulaer (dezeenさん)
こちらはもうずばりそのもの。でも意外とちゃんと家具に見えてしまいます。トランクそのものが部屋にあって自然だからかもしれません。

建築でいえば、青木淳さんのルイ・ヴィトン表参道はトランクを積み上げたようなデザインとして有名ですな。

 前から収納 文書保管 や 書類収納 に積み重ね設計! ダンボール箱 内寸435×310×270  10箱セット No80
【Amazon】前から収納 文書保管 や 書類収納 に積み重ね設計! ダンボール箱 内寸435×310×270  10箱セット No80
こちらはAmazonさんで扱われているダンボール収納。一見ダンボール箱を積み上げたもののように見えますが、前から引き出せる優れもの。他ではちょっと見当たらない形式なのです。しかも10箱!

 

| | コメント (0)

2009年6月18日 (木)

ドールハウス

以前の記事で紹介したこれもドールハウスでした。
リカちゃん ミスタードーナツショップ (タカラトミーさん)
ショップ本体を閉じるとあの!あのドーナツボックスに変身してしまいます。

Dollhouse by Stephen Proctor (MoCo Locoさん)
まるでスチールの一枚板をくりぬいたかのようなドールハウス。子ども用品にこそデザインって必要と思うのです。想像力をかきたてるデザイン。

Dollhouse (Famille Summerbelleさん)
とっても不思議なことに、こうされるとスケールや本来の大きさがわからなくなってしまいます。

Villa Sibi (scopeさん)
シャープで美しいドールハウス。まるで現代建築のようです。ちょっと高価ですが、大人が欲しいと思う一品。リンク先ではすでに扱われていないようなのが残念なのです。

 

| | コメント (0)

2009年6月17日 (水)

空間を閉じ込める方法

Yuken Teruya cuts trees out of paper bags (MoCo Locoさん)
紙袋の中に木立。木漏れ日がとっても美しい作品なのですが、その木漏れ日は自分自身の"切り抜き"から…
紙袋がひとつの世界になっちゃいます。

Index Livingmall "Model Room Bags" (DesignWorksさん)
こちらは家具カタログを収納する袋だそうですよ。折り返すことでひとつの部屋を再現してしまいます。

これらはきっと縮尺が重要で、紙袋のタテヨコの大きさが空間を決定してしまうのです。

限られた面積の中でも、無限の広がりを再現する方法を発明した方がいます。
過去何度も紹介している「フォトモ」。美術家・糸崎公朗さんの作品です。
こちらのサイトのアニメーションがとっても理解しやすいのです。
The world of Fotomo (OLYMPUSさん)

その糸崎公朗さんの大ファン!というこちらのブログさん。
フォトモ:チークパッチさん
ご自身で作成したフォトモをブログで公開されています。写真の角版から起こすその方法は、もうフォトモの進化系!とさえ思うのです。
Youtubeにも動画をアップされています。

遠近感のコントロールを可能にする方法。不思議な感覚に陥ります。フォトモにしやすい風景とそうでない風景がありそうですね。

 

| | コメント (0)

2009年6月16日 (火)

いれるものといれられるもの

Are You Stressed? Break It! (Yanko Designさん)
CDのパッケージ。瓦の湾曲したカタチって、まさに割ってくれといわんばかりの形状をしてるんですね。

Fruit Juice Packaging by Naoto Fukasawa (TheDieline.comさん)
以前にも紹介した、深澤直人さんのフルーツ・ジュース・パッケージ。バナナについては商品化もされました。
なぜもう一回紹介するのかというと…

"Perfect Slice of Summer" tissue boxes  (TheDieline.comさん)
はいこれ。
丸いパッケージって難しいのです。でもフルーツって、カットするとこうなっちゃうものって多いですよね。
ところでこれってティッシュボックスなんだそうですが。どうやって入ってるんでしょうか。

トランスフォームピザボックス (DesignWorksさん)
最後はピザの箱。用途にあわせて切り取って使用できますよ。問題はその「取説」をどこに描いとくかですかね。必要なときは常に箱はウラを向いているのです。

 

 

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

ケーキボックスの進化形

Vintage Tapestry Lunchbox (MoCo Locoさん)
きっとどこの国でも使い捨てやファーストフードのイメージが強いケーキボックス。でも開ける時のワクワク感って、外側に現れていてもいいのです。普段使いのランチボックス。

Got Me a Spoon (Yanko Designさん)
いやそこんとこはデッドスペースじゃないですから!素晴らしいアイデア。すでに完成された展開図を持つケーキボックスに、まだ改良の余地があるなんて思いもしませんでした。何もないところに「なにか」を見ることができる人って、すでに才能だと思います。

Dairyland (TheDieline.comさん)
ケーキボックスと牛乳パック、じつは閉じる仕組みとしては兄弟なのです。なのに牛乳パックにハンドルがつくとものすごく新鮮に感じてしまうのは、タテヨコの比率がそれぞれのアイコンになってるからですね。

ところで牛乳パックって、あの口の閉じたところを指で引っ掛けて持つことって多いと思うんですけれども。衛生的にどうなのかちょっと気になります。

| | コメント (0)

2009年6月12日 (金)

もじをあわせる

Chair/Chair (LikeCOOLさん)
椅子が椅子に。椅子って本来線対称なものなので、線対称なアルファベットと相性がいいんですね。5パーツと5文字も見逃せないポイントなのです。

フォントあわせ (DesignWorksさん)
もはや記憶力勝負ではありません(笑)。こうやってみると、フォントの違いってある程度の単語の集合でなければ区別しにくいものですね。

Nine Letter Words Rubik's (LikeCOOLさん)
正解があるようなないような。美しいルービックキューブです。
単色の時には気になりませんが、回すとそれぞれの文字の「向き」ってどうなっていくのでしょうか。

jas bhachu: rubik's cube font generator (designboomさん)
もひとつルービックキューブ。九つのドットでもちゃんと読めてしまうから不思議。1面をそろえることが目標のキューブとも言えそうです。
…と思ったけれど、6面それぞれに意味がありそうですね良く見ると。
パッケージも美しいのです。

 

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

かみのどうぶつ

大阪で立体イラストレーター秋山美歩さんの「100%PAPER」展開催中です。6/18まで。
秋山さんのサイトはこちら。→MIHOOME PAPER STUDIO
秋山美歩個展「100%PAPER」2009年6月8日(月)~18日(金)
平和紙業 PAPER VOICE ギャラリーにて
「型紙は作らずにそのときの気分できめる」どうぶつたち。いわゆるペーパークラフトとはちょっと違う不思議な魅力にあふれた美しい動物たちです。まるで紙がねんどのようです。

というわけで今日は紙でつくるどうぶつたち。
白黒動物 (かみの工作所さん)
組み立てるまでどの動物なんだかわかりづらくなっている…なんてペーパークラフトは他にありません。組み立てる前も後も美しい動物たち。

最後はYoutubeから。

シュール。あまりにもシュール。
接近したときの口の開くタイミングが絶妙なのです。

 

 

 

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

クリップのクリップ以外の使い道

Paper Clip Shaped Heaters by Scirocco (Interior design roomさん)
タオルヒーターです。いちばん単純な曲げがクリップに。
おそらくこの形状にいたるまでにとんでもない試行錯誤があったゼムクリップ。結果だけを見ると「これしかないよね」って思っちゃうのです。

Paperclip LED Light by Sungho Lee (Yanko Designさん)
これは!
電池を挟むことでLED照明になっちゃいます。もうクリップのための、クリップだからできる照明。その何重にも込められた奥深さにクラクラしてしまいます。

Silver binder clips as emergency cufflinks (MAKE:さん)
あはは。
もうそうにしか見えません。片側から限定。

 

| | コメント (0)

2009年6月 9日 (火)

スタンプで描くもの

前々記事のつづき、スタンプです。

tokka ひもとじスタンプ (cainaさん)
コレいいなあ。なんだかこう、もらった相手がニヤリとする姿が目に浮かぶのです。

焼肉焼印 (革新的発明と製品情報さん)
実はもっとも身近で所有権をはっきりさせないといけないものだと思うのです。

Andrea Romani: Ecological Business Card (I Believe in Advertisingさん)
前々記事でスタンプを名刺のオモテに押せばいい、って書いたんですが。
さらに一歩すすめて、とにかくどんな紙でも押せば名刺になっちゃうのです。ホントにいいんじゃないかなあコレで。打ち合わせ中に相手のメモ帳に押しとけばいいんだし。ダメ?

エメリーのお気に入りさん紹介ありがとうございます!

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

amazon(アマゾン)のダンボール箱でA4ファイルケースを自作する方法

 

続きを読む "amazon(アマゾン)のダンボール箱でA4ファイルケースを自作する方法"

| | コメント (0)

2009年6月 5日 (金)

時間を伝えるスタンプ

時間を伝えるスタンプって、ものすごくありそうなのに実はとっても少ないのです。
シヤチハタ タイムスタンパー  (nikkei TRENDYnetさん)
こちらにその数少ない製品の記事がでています。

大きさは106×79×51mmとのことですからそんなに大きなものではありませんが、価格は2万円弱だそうですよ。シヤチハタさんのサイトにも商品紹介があります。
タイムスタンパー (シヤチハタさん)
こちらを見ると「産業用特殊用途品」とのことで、一般販売店では取り扱いが無いとのこと。それでも楽天などで検索すると、入手は可能なようです。

ところで第5回のシヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティションでグランプリを受賞した作品に、「タイムスタンプ」というものがありました。アナログ時計をそのまま印面にした作品です。おそらく最も「気軽に時間をスタンプすること」に近い作品だと思うのです。

画像を探したのですが、残念ながら公式サイトには過去のコンペ履歴は公開されていないのでした。

 

Amazonで検索すると、面白いスタンプを発見できます。
 スタンプス ウォッチ(スタンプウオッチ) 【ホワイト】
【Amazon】スタンプス ウォッチ(スタンプウオッチ) 【ホワイト】
スタンプはスタンプでも「切手」のほうでした。時間を印面にできる…のではなくて、裏面が着脱自在のテープがついた「貼り付ける時計」とのこと。厚みも5mmしかありません。切手のようなデザインがかわいいのです。

 パスポート スタンプ ヘル (designed by アティピック)
【Amazon】パスポート スタンプ ヘル (designed by アティピック)
こちらは入国拒否スタンプだそうですよ。地獄への。仕方ないので天国にいくしかありません。

 BROTHER P-touchスタンプクリエーター SC-370pc
【Amazon】BROTHER P-touchスタンプクリエーター SC-370pc
オリジナルのスタンプを作成できてしまいます。ちょっと高いですけれども、ものすごく物欲をそそられますコレ。
パソコンで印面を作成するので、自由度はものすごく高いのです。付属の作成ソフトを利用するそうですが、jpegなどの画像ファイルを取り込めるので他ソフトで画像を作成してそのまま利用できそうです。

作成できる印面は最大で70×27mm。おまけにインク内蔵パッドなので、スタンプ台も不要です。

「名刺の裏側に」なんて使い方提案もされていますが、もう表面でいいんじゃないでしょうかコレ。

商品の公式サイトはこちらです

| | コメント (0)

2009年6月 4日 (木)

ダンボール箱の中身

ダンボール箱は開けてみるまで中身がわかりません。その中には、思いもかけない世界が広がっているのかもしれないのです。

Hogar de Cristo: Box (I Believe in Advertisingさん)
リンク先の画像クリックで拡大します。
貧困層への住宅供給チャリティ。ダンボールでの生活から住居へと変貌します。

For The Cardboard Lover (Yanko Designさん)
きっと開けても中身は空っぽ。もしくは、開けてもダンボールだったりするのです。開ける前と後では箱の価値が変わってしまいます。

karton chair by florian kallus (Interior design roomさん)
箱を開けたようなイス。開ける瞬間のヨロコビのデザインかもしれません。

DHL: Tunnel box (I Believe in Advertisingさん)
リンク先の画像クリックで拡大します。
あはは。
最速で荷物を届けます。
これスゴい。ダンボール箱が地球の裏側まで貫通してしまいます。そのスケールの大きさにビックリ。

 

| | コメント (0)

2009年6月 3日 (水)

ベーコンのような

ベーコンのあの赤白斑。あれってもうすでにグラフィックとして地紋なのかもしれません。日本でそれに相当するものってなんだろう。

Bacon Strips Bandages (sasapong's room!さん)
以前にも紹介したベーコンバンドエイド。いやなんとなく、本当に民間療法でありそうな気がします。

Bacon Flu Soap (LikeCOOLさん)
ペーコン石鹸。数学的になんだかこう、混ぜるとこういう模様になる法則などあるのでしょうか。

BUSINESS CARDS MADE FROM MEAT
こちらは印刷しちゃった例。暗記パンをつい連想。忘れなければ食べてもいいのです。

Bacon Loafers (Geekologieさん)
異様に見えて、革で靴を作ることを考えれば単にフェイクなだけなのです。

 

 

| | コメント (0)

2009年6月 2日 (火)

マトリョーシカからトーントーンへ

ロシアのおみやげマトリョーシカって、日本の箱根細工入れ子人形が起源っていう説があるんですね。

Star Wars And Mario Russian Nesting Dolls (Geekologieさん)
なんだか順番もこれで合ってる気がします。輪郭だってそんなに無理がない。R2D2がちょっと痩せてるくらいで。

と、なんとかスター・ウォーズにつないだところで以下トーントーン。

Plush Star Wars Tauntaun (Neatoramaさん)
かわえー。これ欲しー。
トーントーンはエピソードⅤに出てくるクリーチャーですけれども。中にちゃんとルークも入ってますがルークの顔色が悪いので心配です。

Tauntaun Sleeping Bag (ThinkGeekさん)
こちらはトーントーン寝袋。
もとはエイプリルフールのネタだったようですがとにかく売って下さい。
内蔵のような裏地、ジッパーはちゃんとライトセーバーです。温かく眠れること間違いなし。顔色も良さそうで安心です。

 

 

| | コメント (0)

2009年6月 1日 (月)

スライスされた食パンって

スライスされた食パンって、紙になぞらえることって多いのです。似てますよね単純に。

たとえば過去記事でもこんなの書きました。
トーストに書く

今日も食パンネタ。
Sliced Bread (design milkさん)
食パンのようなメモ帳なんですけれども…
あれっ?と思ったのは、メモ帳単品だとぜんぜん食パンには見えません。食パンが食パンであるのって、あの立方体の袋にあるのかもしれません。

Jump on the biggest slice of bread  (Mastercomさん)
こちらは1枚でも食パン。耳だって食パンのアイコンですね。ふかふかだっていう広告と思わせて、サンドウィッチの具を見せたいのかもしれません。

 

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »