« トイレットペーパーは1回に何センチ? | トップページ | 実用漢字 »

2009年5月27日 (水)

紙を折って組み立てる

たとえばペーパークラフト。設計から展開図までを専用ソフトで行って家庭用?の自動カッターで裁断、はたまた折り罫線までつけちゃう…までは実践されている方もたくさんいるのです。

が!組立てだけは!組立てだけはどうしても自分の手で行う必要があるのです。といってもそれがペーパークラフトの醍醐味なので、それでいいんですけれども。

立体折り紙 設計ツール ([WBS]トレンドたまごさん)
軸を中心とした回転体のオリガミなら、自動的に展開図を起こしてくれるシステム。
こういうものを開発されているところがあるんですね。パッケージや照明セードにとのことですが、新しい折りが発見されればミウラ折のように産業や宇宙工学なんかでも十分に活躍しそうなのです。紙って美しいなと改めて思ったり。

で、リンク先の動画。「設計は一瞬、組立ては1時間半」だそうですよ。こうなると「組立てること」もいつかきっと自動化されそうなのです。

と思っていたら、こんな機械を開発されている会社があるのです。
傘紙折り機2号 (木村木型さん)

先日のA-PACK展にも出展されていましたね。
「折りを自動化すること」のさきがけです。美しいものを作る機械は、機械もまた美しいのですね。

|

« トイレットペーパーは1回に何センチ? | トップページ | 実用漢字 »

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トイレットペーパーは1回に何センチ? | トップページ | 実用漢字 »