« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の21件の記事

2009年4月30日 (木)

そこにあるのに見えないもの

Man camouflaged as pile of paper at Ikea (Boing Boingさん)
Ikeaならどこにでも隠れられそうですよ。棲めるかもしれません。必要なものは揃ってるし。
というかIkeaさんってこうやって紙を売ってるんですか?それはそれで記事だと思うのです。

But He Was Just Here: More Urban Camo (Geekologieさん)
これはもはやひとつのジャンル。「コスプレ」とひとくくりにはできない細かい棲み分けが彼らの中でなされている気がしてならないのです。

The UNICEF Landmine Stickers (DigiArtさん)
気付かずに踏んだら即アウト。遠い世界の話ではないのです。
ところで日本ではこういう「巻き込み型」の広告ってまず見かけないですね。いろんな制約がありそうですねきっと。

 

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

ティーバッグでできること

SPOONTY (使いやすさ研究所さん)
かき混ぜる行為とお茶を入れる行為を同時にしてしまいます。飲んでいる最中もカップにスプーンを入れたままにしておける理由づけにもなるのです。

Maum  (omami.ruさん)
くつろいでる。
ウデがフックになっています。理にかなったデザイン。抽出の待ち時間が短く感じそうなのです。

Lighting Bag by Wonsik Chae (LikeCOOLさん)
ティーバッグ状のパックと、カップと液体とが一体で照明になっています。おいしそう。飲んじゃいそうですど。きっと飲めないのだと思うのですけれども…

 

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

追記。

ブログのネタ探しって、サイト巡回→関連しそうなフォルダにネタをストック→ある程度たまったものから順に記事にしているのですが。

ブロガーのみなさん、つい先日記事にしたばかりなのに関連しそうな情報をすぐ後から発見してしまうことってありませんか。
『組み合わせたいネタほど掲載直後に見つかる』法則。

というわけで、比較的最近の記事のなかで同じ体験をしてしまったのですけれど今後しばらく使えそうにないのでまずは2つだけ紹介しますね、っていう記事ですよ。

3/20にスペース・インベーダーに侵略される日っていう記事を書いて、そのなかで「パックマンなべつかみ」っていう商品を紹介してるんですけれど。その商品の別アングルの写真を発見しました。
Pac Man Potholder (UrbanOutfitters.comさん)
そんなふうになってたんだ!クチの中!
まるでパックマンの中にパックマンワールドがあってその中のパックマンの中にも…っていう循環世界。
いや先述の記事中写真でもちょっと写ってるんですけどね、気付きませんでした。

4/2にAT-ATがペットだったらっていう記事を書いたのですが、その直後に発見したのはこんなネタです。
AT-AT X-Ray Reveals Shocking Interior (Geekologieさん)
最近もっとも見つけて悔しかった記事ですね。

 

 

| | コメント (2)

2009年4月24日 (金)

しゃべる紙 その2

その1の過去記事はこちら。
しゃべる紙

いや以前の記事で紹介していたものは、手軽に手に入る感じではなかったのですけれども。

今回は市販されていますよ!
トッパン・フォームズ「おはなししきし」と「でんごんぼーど」 (ITmedia Newsさん)
紙の中に録音装置とスピーカー、電池まで内臓しているそうです。ハサミで一部をカットすると上書き防止になるってあたりも紙なのです。紙に描く以外のコミュニケーションが発達すればするほど、また紙が登場してくるのって楽しいと思うのです。

The Sound Advice Project (百式さん)
こちらは音声をビジュアル化します。そのままブレスレットに。
音が聞こえなくても、カタチにすればずっと残るのです。これもまた新しいコミュニケーションだと思うのです。

 

| | コメント (0)

2009年4月23日 (木)

絵に描いた家具

Wall Furniture by Buro Jet (CubeMeさん)
まさに絵に描いた家具。機能も意匠もちゃんと満たすのです。同時にじゃないだけで。

Shade by Front (dezeenさん)
こちらは"絵で描いたような"家具。リンク先、下のほうに室内写真がありますが…セットかCGのような奇妙な世界。リアルとフィクションの境目っていったい。

Batch Design New Perspective (design milkさん)
最後はある方向から見るとパースになる家具。ちゃんと半透明に見えるから不思議です。普段の生活の中に持ち込む二次元の世界。

 

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

接着してみる

アクアピット強力ペンタイプ (Business Media 誠さん)
1年近く前の記事なのですが。もうペン。
この細さで紙と金属やガラスなどを強力に接着するそうですよ。書いた筆跡がそのまま接着部になるわけですから、見えないけれど新しい表現でもあるのです。

E.T.その後 (DigiArtさん)
すっかり大きくなったけど離れない。それでもずっとトモダチでいられたか心配になっちゃいます。

金魚鉢プラモデル (DigiArtさん)
ひと目で広告意図の雰囲気は理解できるのですが、製作者の意図とはじつは違うのかも、と心配になる広告。それゆえ惹きつけられるので、本当はそこんとこが目的なのかも。

 

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

新聞と電話帳とお札と


身のまわりに実は使われないたくさんの素材が眠っているようです。それを知ることとそれを実際に発見することの間には、ものすごく高い壁が立ちはだかっていて、見上げるとクラクラするのです。

 

電話帳古紙で作ったCD収納ケース (無印良品さん)
古紙再利用のパルプかと思ったら、拡大写真は"こより"。この小さなバスケットには、膨大な情報が眠っているのです。

jota castro (designboomさん)
くくられるものにくくられるもの。

 

 

 

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

とにかく枠にはめてみる

'the brunch' products (designboomさん)
恐ろしく正確に朝食をとるためのシリーズ。この方眼は配置のための目盛りとして機能するのです。

graphkin napkins (pan-danさん)
思いつくのってきっとそういう時なんです。この方眼はメモやスケッチを促す装置として機能するのです。

第10回シヤチハタ・コンペティション原賞「わく」
コロコロ転がすと3行のマス目が現れるスタンプ。「おもてなし」のデザイン。

 

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

建築スタンプと建築レゴ

chinese architecture stamps (pan-danさん)
これは! パッケージもとっても可愛いのです。
ひとつひとつのスタンプではなにがなんだかさっぱりわからないところがステキなのです。

LEGO.com Architecture
こちらは建築レゴ。レゴ建築じゃないですよ。いくつかシリーズ化されるとのウワサですが、現在公式サイトは「Coming soon!」となってます。海外ではもう発売されてるらしいのですが。

LEGO Towers by Bjarke Ingels Group (dezeenさん)
こちらがレゴ建築。
製作風景はYoutubeにアップされています。

 

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

Rufus Butler SederさんのWaddle!

「Waddle」
…っていうのがAmazonさんでアップされています。現在予約受付中だそうです。
Gallop!でおなじみのRufus Butler Sederさんの作品なんですけどね。

新作ですよ!って書くのはちょっと控えます。

というのもですね、以前にTempo!がどうやら新作で出ますよ!って記事にしたのですけれども。
<参考過去記事>→TEMPO!

あらためてAmazonさんのレビューを見てみると、ものすごく貴重な情報が掲載されています。いわく、「SWING!」のドイツ語版とのことで、どうやら一部内容に重複があるようです。「SWING!」にはカナダ版の「KICK!」っていう本もあるそうですから、一連のシリーズなのかもしれません。

「Waddle」は「よたよた、ゆらゆら」っていう意味ですから、「TEMPO!」「SWING!」「KICK!」とはちょっとニュアンスが違ってますけれども…

また新しく情報が入ったら、記事にしますね。

 

 

 

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

紙⇔服

xiao xiao dong (designboomさん)
ものすごく奇妙なことに、服から飛び出している顔や手のほうが誇張されているように見えるのです。

Color In Dress (design milkさん)
着ながら塗るときと、脱いでから塗るときとでは結果が違う気がします。

map clothes by elisabeth lecourt (designboomさん)
地図とプリーツの相性の良さの発見。

<参考>→紙の服とか紙っぽい服とか

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

見えてるのに見えない

隠すっていうより目の前に見えてるんだけどそう見えない状態にするのがカムフラージュっぽいのですきっと。

PLUS カモフラージュホルダー (家電Watchやじうまミニレビューさん)
これは隠さないとダメな書類だっていう目印でもあるのです。用が済んだら自分の中でランクが3段階くらい下がりますよね書類って。

私の考えた「どっきりシール」 (デイリーポータルZさん)
フェイクかダミーか分からなければ目の前にあるものも見えなくなります。素晴らしい乙幡さん企画。
たしかにビックリマンといえばどっきりシールですよ間違いなく。覚えてるのはお皿に貼る「サラミシール」。でも小さい子はサラミとか知らない。

Snow White's Apple (LikeCOOLさん)
ああ見えてるのに見えません。こういうことを思いつくヒトってスゴい。

 

| | コメント (0)

2009年4月13日 (月)

透けるシャツ

Invisible T-Shirt (LikeCOOLさん)
この背景模様って、「透明」だってことを初めてビジュアルで表現したものかもしれません。漫画でいうと「シ~ン」。

x-ray fashion (designboomさん)
明らかに上に着てたのに誰も試したことのない「重ね着」なのです。

Bone Socks (Street Anatomyさん)
足の裏にプリントされてるのは内蔵。
足は第二の心臓って言いますけれども。ツボですかね?

 

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

アガツマさんのANIME STUDIO (アニメスタジオ)

ANIME STUDIO (アニメスタジオ)
【Amazon】ANIME STUDIO (アニメスタジオ)

※追記 2010年9月6日 実際に買ったのでレビューを書きました!!
アガツマさんのANIME STUDIO (アニメスタジオ)レビュー

この価格でも欲しい!って思う一品。
コマ撮りアニメーションが簡単に作れてしまいます。

ちょっと動画を探しました。とにかくこちらを見てくださいな。
[WBS]ワールドビジネスサテライトアニメ作製玩具 (テレビ東京さん)

メチャメチャ楽しそうですよ!!

ステージ、アーム、カメラ、シャッター、編集機能など、とにかく必要なものは全部揃ってます。SDカードにも対応してるそうですよ。あとはテレビに直接つなげば、再生できてしまいます。

価格で1万円を超えてはいますが、子どもの玩具として考えるとハマればものすごく永く遊べそうなのです。ヘタをすると将来を決めてしまったりしそうです。案外安い投資かもしれません。なにより自分で欲しいです。

商品の公式サイトはこちら。
アニメスタジオ公式サイトへようこそ!

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

電球かロウソクか

紙マッチ→マッチ箱→ロウソクときて、最後にロウソクをもう一題。どれも見なくなってきているものですね。紙と火の距離もきっと離れてきているのです。

カプチーノライト (JDNさん)
カプチーノですけれど。小さいロウソクのようにも見えますね。ケーキの上に立てるロウソクって、ホイップクリームとリンクしてるんですねそう考えると。

Sans  titre (pan-danさん)
燭台と蛍光灯。違和感ないですよぜんぜん。光の色は白っぽくなるかもしれませんが。

Bulb Candles (design milkさん)
最後は電球型のロウソク。向かって左がオーソドックスに見えて、右側がスタンダードになるのももう目前なのです。

 

| | コメント (0)

2009年4月 8日 (水)

ろうそくの進化形

さらにつづきつづき。

Pique' and Double Pique' by Studio Glithero (dezeenさん)
スタンドも兼ねたロウソク。良く考えるとどうやって作るのか不思議です。

Big Dipper (Designlinesさん)
こちらも美しいシャンデリア。ポタポタ落ちる姿も美しいのですきっと。

Electronic candle (MAKE:さん)
スイッチ付きのロウソク。スイッチがスタンドも兼ねています。ドキッとするのは、最後にスイッチしか残らないその姿。

 

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

マッチ箱の進化形

つづきつづき。

NRDC広告マッチ (DigiArtさん)
NRDCは環境保護団体さんのようですよ。

Double matches  (omami.ruさん)
一枚目の写真だとなにがなんだかさっぱりわかりませんが。
2枚目の箱のデザインが用途を語ってくれるのです。

Wooden Matches Block of 100 by Fitzsu (TheDieline.comさん)
こんなのあるんだ。どうやって作ってるのか不思議ですが、無垢の木に鋸目を升目状にいれるとこうなるのかもしれません。でも納得のかたちなのです。

 

| | コメント (0)

2009年4月 6日 (月)

紙マッチの進化形

今日と明日はマッチ。

Sign Language Alphabet Matchbook (Neatoramaさん)
手で表現できるアルファベット。手に見えるから不思議。

burn  burn (pan-danさん)
なんだかとっても美しいカレンダー。燃やすかどうかは別にして、過ぎ去った日は過去のものなのです。

5 Minute Candles (LikeCOOLさん)
こんなのあったんだ。少なくとも初めて見ました。マッチは一瞬ですがこちらは時間の表現に変わるのです。

 

 

| | コメント (2)

2009年4月 3日 (金)

常にトガるシャープペンと書いてる先が見えるマーカー

三菱鉛筆 シャープペン「クルトガ」ハイグレードタイプ 0.3mm【ブルー】 M3-1012
【Amazon】三菱鉛筆 シャープペン「クルトガ」ハイグレードタイプ 0.3mm【ブルー】 M3-1012

ちょうど一年前に初めて市場に出たときは衝撃でした。
今回はその第2弾。
ハイグレードタイプが発売されて、ちゃんと0.3mmも(ブルー1色ですが)ラインナップされています。安定感や強度も増したそうですよ。
0.3mmがあれば、製図にじゅうぶん使えてしまうのですきっと。
三菱鉛筆さんのサイトにプレスリリースがありますよ。
高級感あるアルミグリップのハイグレードタイプ『クルトガ』第2弾

設計製図では線の太さに意味があるので、常に一定の太さの線を引く必要があります。
ということは芯の先端を同じ「トガリ具合」にしておく必要があって…
線を引くときには常に軸を回し続けるテクニックをどの業界でも最初に学ぶのです。

いらんやん。そんなテクニック。クルトガがあれば。

と思わせる、もはや発明だと思うのです。

 

三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ太字角芯・細字丸芯 PUS-102T.5C
【Amazon】三菱鉛筆 プロパス・ウインドウ太字角芯・細字丸芯

なにがどうなってるのかというと、こちらのサイトを見ていただけるとひと目でわかります。
三菱鉛筆「uni PROPUS WINDOW」  (やじうまミニレビューさん)

これももはや発明です。先に発表されたコクヨさんの「スリーウェイ蛍光マーカー(ビートルティップ)」とあわせて、マーカーの先っちょをちょっといじってみるシリーズの時代がやってくるかもしれません。

無印良品さんからも窓付きのマーカーが発表されました。
ポリプロピレン窓付き蛍光ペン (無印良品 新商品ブログさん)
無印さんバージョンだと思ったのですが、キャップ形状が若干異なっているようです。価格も少し安くなっていますよ(4/3現在)。

 

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

AT-ATがペットだったら

スター・ウォーズに出てくるAT-AT。
あの歩く姿を劇場で初めて見たときの衝撃は、いまも忘れません。

ということで過去何度か記事にしているですが…
<参考>
スター・ウォーズ AT-ATスノーウォーカーペーパークラフト
SFペーパークラフトギャラリーさん
Star Wars: A Pop-up guide to the galaxyが届きました

今回見つけたのはこれです。
Pet AT-AT (LikeCOOLさん)

かわえー!欲しー!飼いてー!
ちょっとうなだれた感じなんかがとっても似合うと思うのです。

 

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

傘が傘なのはカタチか機能か

Cloud Umbrella by Joonsoo Kim (LikeCOOLさん)
あはは。傘のデザインは数あれど、そこんとこを変更するのってものすごく珍しいのです。でもなんだかスタンダードになってもおかしくない気もします。

雨水を飲める傘 (Gizmodo ジャパンさん)
きっと持ち歩くことに意味があるのです。ある意味巨大なペットボトルストラップ。

Umbrella for Urban Combat (LikeCOOLさん)
たしかにぶらさがってますよね。気になるものをもっと気にすると気にならなくなる法則。

Umbrellas for the Civil but Discontent Man (LikeCOOLさん)
傘として使いやすいのは一番右っぽいです。そう考えるとと剣の構え方とか使い方が違うのでグリップが違ってくるんですねきっと。

<参考>
傘だけど傘じゃないもの
傘の雨水の行き先について

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »