« タバコのイメージ その5 | トップページ | チョコレート その3 »

2009年3月17日 (火)

紙版画について

今日はものすごく個人的なネタでアレなんですが。こんな動画をみつけたのです。


で、思い出しました。
高校時代に美術を選択していたのですが、そのときに上と全く同じ手法でつくる「紙版画」を製作したのです。

上の動画と異なるのは、濃い部分はインクを多くつけなければならないので、「上にくる」ってことです。薄い部分が一番下ですね。動画の映像とは逆になります。相当に細かい表現が可能でした。

懐かしいので「紙版画」でググってみたのですが…
あれ?出てきません。というか一般的な紙版画っていうのは、紙を切ったり千切ったりして紙の輪郭そのもので表現するタイプなのですね。陰影のない。検索結果はすべて小学校低学年向きでした。うーん、当時の先生の考案ではないと思うんですけれども。

でもワークショップを行うなら、同じ材料で小学生から大人まで同時に可能なネタだってことですね。これ。

 

 

 

|

« タバコのイメージ その5 | トップページ | チョコレート その3 »

紙と平面世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タバコのイメージ その5 | トップページ | チョコレート その3 »