« プチプチの代わりに プチプチを代わりに | トップページ | パソコン筐体としてのダンボール »

2009年2月24日 (火)

TAKEO PAPER SHOW 2009 言葉のペーパーショウ

今年のTAKEO PAPER SHOW 2009は、「言葉のペーパーショウ」と名づけられた完全予約制のイベントになるそうです。二日間に渡って、約30人のスピーカーが語る講演会になります。

TAKEO PAPER SHOW 2009 言葉のペーパーショウ

会期=2009年4月17日(金)、18日(土)
会場=丸ビル ホール&コンファレンススクエア
予約開始は3月9日(月)頃(予定 定員を超えた場合は抽選)

…との内容記載が現在リンク先にありますよ。

スピーカーはもう錚々たるメンバー。二日間で約30人ということは、一日につきおよそ15人の方が講演される計算ですが。ひとり30分としても8時間ですよ。うーん、どうなっちゃうんだろう。いやそれとも【製品】【メディア】【感性】【統括】の4部門にわかれているようですから、それぞれの部門で入れ替え制なのかもしれません。
なんだかそのあたりの「システム」もデザインされるような気がして、ちょっと今から楽しみなのです。3月初旬にはオフィシャルサイトもリニューアルされるそうですから、きっとそこで全てが明らかになりますね。

…大阪はどうなるんだろう。



 

|

« プチプチの代わりに プチプチを代わりに | トップページ | パソコン筐体としてのダンボール »

紙について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プチプチの代わりに プチプチを代わりに | トップページ | パソコン筐体としてのダンボール »