« 机の上をかたづける方法 | トップページ | 光が漏れることのデザイン »

2009年2月18日 (水)

音の出るポスター

音と紙っていうテーマで過去に記事を書いたことがあるか調べたのですが。
紙を模したオモチャ
えんぴつの境界線

…あたりですかね。食べる紙や香りのする紙もありますから、五感をすべて網羅する数少ない素材だと思うのです。紙。今日は音の出るポスター。

コクヨさんから、音の出るポスターパネル「なるパネ」っていう製品が発売されています。フレームのバックパネルそのものがスピーカーになってるっていうアイデア。

リンク先に掲載されている、英国ニュートランスデューサーズリミテッド社(NXT社)が持つ特許、っていう部分ですが。同じ方法を使用していると書かれた製品が、Amazonでも発売されています。
 ダンボールスピーカー
ダンボールスピーカー
本体寸法は210mm×147mm×20mmですから、ほぼA5サイズですね。ピンナップパネルとしての利用が紹介されていますが、他にもなにかできそうですよ。機構部分を他のダンボールに付け替えられないかなあ。

Saxsofunny sound production (I Believe in Advertisingさん)
最後はこんなネタ。最初はなにコレ?って思ったのですが…
動画を見れば一目瞭然。ではどうぞ。

|

« 机の上をかたづける方法 | トップページ | 光が漏れることのデザイン »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 机の上をかたづける方法 | トップページ | 光が漏れることのデザイン »