« えんぴつの境界線 | トップページ | ダンボールでできたあんなものこんなもの »

2008年12月16日 (火)

紙を食べる 紙で食べる

紙と水の組合せって大敵ですが、組み合わせたときには思わぬデザインが生まれることってあるようです。

Edible paper (I New Idea Homepageさん)
食べられる紙。ものすごくカラフル。

Do! Cutlery (Designlinesさん)
まるでプラモデルのようなカトラリー。アイスクリームの付属スプーンでこんなのありますよね。組み立てるときのワクワク感。

Be The Ultimate Party Multi-Tasker (Yanko Designさん)
別の意味で気を使いそうですよ。バランスとか。グラスに付けられるといいですが、それはまた別の商品。

CORRUGATED CARDBOARD CERAMIC CUP (UncommonGoodsさん)
紙コップを模した陶器はけっこうあるのですが、ダンボールは珍しいのです。

360 paper water bottle (core77さん)
びっくりしました。いわゆるペーパーモールドでしょうか。リサイクル可能なボトル。キャップがちゃんとフタにもなります。水の処理をどうするのかわかりませんが、いかにも水が入るデザインなのです。

 

|

« えんぴつの境界線 | トップページ | ダンボールでできたあんなものこんなもの »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えんぴつの境界線 | トップページ | ダンボールでできたあんなものこんなもの »