« アマゾンamazonダンボール箱の利用法 | トップページ | 傘だけど傘じゃないもの »

2008年12月 2日 (火)

NSX原寸大ペーパークラフト

まずはこちらのサイトを見てくださいな。
EPSON NSX 原寸大ペーパークラフト制作 (エプソンさん)

ビックリです。
作ろうって提案することもすごいのですが、完成させてしまう方もとんでもないと思うのです。
単に大きくすると大味になってしまうのかと思いきや、そのデフォルメとスケール感の絶妙なバランスはさすがのデザイン。

紙にとってはサイズはものすごく重要な要素なのです。大きくすれば極端に自重が増すので、自己崩壊する臨界点が必ずやってきます。
建築でも「模型を大きく作ったら、模型と建築との違いは何だろう?」なんて考えたりしますが、それはきっと自己崩壊の手前か向こうかなんですよきっと。

設計・製作は篠崎均さん。テレビ東京で以前放送していた「TVチャンピオン」ダンボールアートで3連覇された方です。もうこの方にかかるとあの固い強化ダンボールがまるでアメのようですよ。
同じくエプソンさんのこちらのページにも、たくさんの作品がフリーダウンロードで公開されています。

 

|

« アマゾンamazonダンボール箱の利用法 | トップページ | 傘だけど傘じゃないもの »

紙の人たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アマゾンamazonダンボール箱の利用法 | トップページ | 傘だけど傘じゃないもの »