« ふたつのコルク抜き | トップページ | カセットテープ その2 »

2008年10月29日 (水)

よりかかるかたち

ICONOCLASPS (Interior design roomさん)
しおりは本を読んでいるときには使われず、本を閉じたときには意味があるのです。というわけで彼はものすごくくつろいでいるのですけれどもいまから引っこ抜かれてしまうのです。

'martyr' lamp by the play coalition (designboomさん)
ぶら下がってるんでしょうか。それとも自分で自分を引き抜こうとしてるのでしょうか。なんだか自己充電するAIBOを思い出しました。ところで写真に写ってるスイッチ付きのコンセント。日本では見かけないタイプですが、いいですね。

 

|

« ふたつのコルク抜き | トップページ | カセットテープ その2 »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

どちらも楽しいですね。
私も以前、ページの角にぶら下がるしおりを試作してみたことがあります。
http://areyakoreya.seesaa.net/article/46073872.html

事のついでに、ここまで変化しました。
http://areyakoreya.seesaa.net/article/64956719.html

しおりのデザインというのも、まだまだ可能性がありそうで面白いですね。

投稿: kohfuh | 2008年10月31日 (金) 00時18分

>kohfuhさん
いつもありがとうございます。あ!カドサクくん先にコメントで紹介されちゃいましたね!
ブログ用資料の中の「しおり」フォルダには、全カドサクくんのページがしっかり保存してあるのです…。これはもう早く記事にしなければ!ご紹介ありがとうございました!

投稿: kaminodesign | 2008年11月 3日 (月) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふたつのコルク抜き | トップページ | カセットテープ その2 »