« 新聞紙の利用法 | トップページ | とびだす!うごく!てのひらえほんシリーズ »

2008年10月23日 (木)

ダンボールを素材にしたデザインコンペ

ダンボールを扱う会社はたくさんありますが、いわゆる「ダンボール箱」以外のものでダンボールを素材にした製品となると、大きく流通しているものはそんなにはありません。

非常に優れた素材であるのに、それはとっても残念なことなのです。

同じように考える人はたくさんいて、過去にはいくつかのダンボールデザインコンペが行われています。

ダンボールアートコンテスト →作品の紹介
一般参加のアートコンテストであれば、姫路でこんな企画がありました。ダンボールを使うアイデアは、親子や子供たちも参加できる優れたイベントだと思うのです。

ダンボール・レボリューション(isowaさん) →入賞作品
2005年度に行われたコンペです。ダンボールに美しく印刷できるインクジェットプリンタ使用という、周辺機器を指定してのコンペはとっても目新しいものでした。デザインだけでなくサービスまで含む作品の提案が多かったのは、新しいダンボールコンペのカタチですね。

かわさき産業デザインコンペ →入賞作品
川崎市が主催、メーカー協賛の製品化前提でのコンペです。ずっとダンボールメーカーさんも協賛されていたので、課題のひとつにダンボール指定のものがありました。素晴らしい提案も多く、コンペ自体は本年もずっと続いていますが、今年はダンボールメーカーさんの名前が見当たらず残念です。

ダンボールデザインアイデアコンテスト2008 (だんぼーるパパさん)
ダンボールメーカーさんが主催され、また製品化前提のコンペとしてはおそらく現在唯一のコンテストかもしれません。ちょうど現在作品募集中で、11/11が締め切りとなっています。
2005年結果発表
2006年結果発表
2007年結果発表
どれも素晴らしい提案です。是非コンペ参加の参考にしてください。実際に製品化されているものもあるのです(leleleさんご紹介ありがとうございました!)単に美しいだけでなく、製品として成立するかにも考慮が必要なとっても貴重なコンペなのです。

 

|

« 新聞紙の利用法 | トップページ | とびだす!うごく!てのひらえほんシリーズ »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

早速、ご紹介頂きありがとうございました。
それにしても、情報の収集力がすごいですね。
姫路のイベントなんて、近いのに全く知りませんでした。(姫路に、ダンボールで家具や遊具を作る会社はあったと思うのですが、、)

以前から、へ~~こんなのモノがあるんだ!!どこから見つけてくるのだろう、、しかもほぼ毎日。。。。と感服するものばかりでした。

これからも、ずっと拝見させていただきます。
ヨロシク

投稿: lelele | 2008年10月24日 (金) 03時41分

>leleleさん
姫路のコンテストは、プロ作家の作品と小学生の作品が同時に並ぶとっても微笑ましいものでした。どうも近年は開催されていないようなので、とっても残念なのです。
ダンボール関連のコンペが減ってきています、っていう記事を書くのは寂しいですね。

投稿: kaminodesign | 2008年10月24日 (金) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新聞紙の利用法 | トップページ | とびだす!うごく!てのひらえほんシリーズ »