« 2008年夏休みのワークショップ | トップページ | シュレッダーを買ってみた »

2008年8月 7日 (木)

ごみ箱のデザイン その3

きっと永遠に新しいデザインが生まれ続けるごみ箱。

Shoot It Into This Waste Basket (Yanko Designさん)
すぐにこれが思い浮かぶのです。DANESE In Attesa Designed by Enzo Mari (1971) ゴミを投げ入れる行為って、きっと世界共通ですね。

Flexibin (Interior design roomさん)
袋を被せていなければ、きっとごみ箱とわかりません。箱だからごみ箱なのではなくて、一箇所にゴミを集めることがごみ箱なのですね。

でもって最後はこれ。
ごみ箱自体に方向が無くても、フタが方向を決めてしまうのです。

<参考>
ごみ箱のデザイン その2
ごみ箱のデザイン
クシャクシャにしたあと

|

« 2008年夏休みのワークショップ | トップページ | シュレッダーを買ってみた »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

動画のごみ箱はいいですね。
初めてごみ箱に興味をひかれました。

投稿: MISDIRECTION | 2008年8月 9日 (土) 20時38分

ごみ箱はもっともデザインが難しいもののひとつ、なんて言う方もいます。機能があまりにも明快だからでしょうか。
それでも、日々あたらしいデザインが生まれ続けていることは驚くべきことと思うのです。
動画のフタはもはや発明ですね!

投稿: kaminodesign | 2008年8月11日 (月) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2008年夏休みのワークショップ | トップページ | シュレッダーを買ってみた »