« 指にはめて使うもの3 | トップページ | トイレットペーパーの使い方 »

2008年7月31日 (木)

Rufus Butler SederさんのGallop!

 Gallop! (Scanimation Books)
Gallop! (Scanimation Books)【Amazon】

いまやAmazon洋書カテゴリで1位です。もう紹介するにはいまさら感すら漂うこの本、ついに買っちゃいました。
もはや発明ですねこれ。Magic Moving Imagesで体験してはいたのですが、こんなにキレイに動くと思わず声が出てしまいます。スライドさせるには角度が重要なので、この方式(ポップアップで使われるタブ)も合わせて、やっぱり発明だと思うのです。だってですよ、本を開くことでスクリーンが移動する距離なんて、せいぜい5mmほどしかないのです。なのに走る走る。もう数十メートル走ってる感じじゃないでしょうか。いちばんのオドロキって、このスピード感だと思うのです。

と、Youtubeでこんな動画を発見してしましました。どうなってんのこれ。

このシリーズ、まだまだ続くようで楽しみです。Amazonでは以下の2点が予約受付中ですよ。SWING!は題材としてなんとなくわかりますけれども。KICK!の方は一冊ぶんのネタが作れるのか他人事ながらちょっと心配なのです。

 Swing!
Swing!【Amazon】
Kick! (Scanimation Books)
Kick! (Scanimation Books)【Amazon】

|

« 指にはめて使うもの3 | トップページ | トイレットペーパーの使い方 »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

Gallop!はすごかったですよね。古くからある原理ですが、ここまで高精度に動くとは!
新刊も楽しみです。でもKick!のほうが高いのはなぜだろう?

投稿: sfpaperist | 2008年8月 1日 (金) 10時44分

新シリーズが二点もあるのですね!
これは楽しみです。

動画の件ですが下記商品だと思います。
http://item.rakuten.co.jp/prismcircus/10019/

投稿: MISDIRECTION | 2008年8月 1日 (金) 19時57分

>sfpaperistさん
いやKick!の中身がやっぱり想像できません。そんなにバリエーションがあるとは思えないのですけれど。サッカーと格闘技と…なんて考えたのですが、案外サッカーの中盤からゴールまでの行動を追ったりするのかも。外れてますように。

>MISDIRECTIONさん
ちょっとずつ動かすアニメーションとしての利用ですが、突然の変身や変化にも使える方法なので、今後の展開が楽しみです。あ、こんな商品があったのですか!プレートの厚みと見える角度を利用してるのですね。この方のデザインなのでしょうか…

投稿: kaminodesign | 2008年8月 3日 (日) 09時04分

この商品は海外製品ですね。
以前、私のショップでも販売しようかと考えていたのです。
果たして興味を持つ人がいるかどうかわからなかったので保留にしていたのですが、いつの間にやら国内販売されていました。(汗

投稿: MISDIRECTION | 2008年8月 3日 (日) 21時14分

>MISDIRECTIONさん
うーん、たしかに面白いですけれど。部屋に吊る人がどれくらいいるかって考えると、絵本のほうが需要はあるかもしれませんね。
なんだかこう、「飾る」こと以外にも利用方法があるような気もするんですけれど、このアイデア。

投稿: kaminodesign | 2008年8月 6日 (水) 21時37分

話題の円盤、私も都内で見ましたよ。
これを例えば、船室にありそうなドアの丸窓に、グッとはめ込んでみてはいかがでしょう。
開け閉めしたり、前を通り過ぎるだけでも機能します。
もっとも、船酔いしてしまいそうですが。

投稿: kohfuh | 2008年8月 8日 (金) 11時48分

>kohfuhさん
なるほどそっちですか!
いやもしかしたらハト除けとかカラス除けなんかに使えないかななんて思ってたんですけれど。デザイナーさんに怒られますね、きっと。

投稿: kaminodesign | 2008年8月 8日 (金) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 指にはめて使うもの3 | トップページ | トイレットペーパーの使い方 »