« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の21件の記事

2008年6月30日 (月)

THE LIBRARY 2008

THE LIBRARY 2008という公募展が開催されていますよ。東京と京都にて。
【東京】2008年6月23日 (月)~7月4日 (金)
人形町Vision's 東京都中央区日本橋堀留町2-2-9 ASビル1F
【京都】2008年8月9日 (土)~8月17日 (日) 
ギャラリーはねうさぎ 京都府京都市東山区三条通り神宮道東入ル

本をテーマにした作品を持ち寄って、架空の図書館をつくってしまおう!っていう展覧会だそうです。

いい機会なので、本を扱ったネタをいくつか紹介してしまいますね。
gallows (Coloribus.comさん)
Yellow Pages Booster (pan-danさん)
The Future of Books (Yanko Designさん)

| | コメント (0)

2008年6月27日 (金)

タバコのイメージ その3

ひきつづきタバコのイメージの三回目ですよ。

3D Creative On Bubble Lifts (Mastercomさん)
ああ、これちょっとイヤですね。中に乗ってるときを考えると。

WORLD NO SMOKING DAY (DigiArtさん)
これだけでタバコに見えるこの不思議。リンク先2枚の写真があって、一枚目より2枚目の方が直接的なのに、なぜか1枚目のほうがタバコに見えますね。煙のカタチでしょうか。

<参考>
タバコのイメージ
タバコのイメージ その2


| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

タバコのイメージ その2

タバコの二回目。あんなに小さくて単純なカタチなのに、よくこれだけイメージの利用法があるものです。

Cigarette burns your life (Mastercomさん)
タバコが棒グラフのようですね。

こんな動画を発見。どうして戦争?って思ったら。

<参考>タバコのイメージ

| | コメント (0)

2008年6月25日 (水)

夏休みの工作 tropicanaペーパークラフト

Handicraft
Amazonのダンボール箱を使ってつくる夏休みの工作(マゴクラ)

小学生の時の夏休みの工作。当時、ペーパークラフトって夏休みの工作になるのだろうかって悩んだことがあるのです。印刷されているキットを切って組み立てたら、自分でつくった工作ではあるけれどまわりから浮かないかなあ、なんて。

ちょっと早いですが夏休みの工作に。
参りました。こんなテがあったのですね。トロピカーナの1Lパックと250mlパックでつくる、キリンとくるま。
Tropicana夏休み向上委員会から、ペーパークラフトをクリック。

紙工房さんの作品です。きりんは首が揺れますよ。くるまはドライバーがひょこひょこ動くのです。パックに巻きつけて位置決めをするための展開図なんて初めて見ました。

なにより堂々と!学校に提出できそうですよ。こんなに堂々と出せるペーパークラフトって、とっても貴重だと思うのです。いいなあ、今の子どもたち。

 

| | コメント (0)

2008年6月24日 (火)

レゴでつくる表現

レゴのネタとか持ってくると、昨日のろうそくネタが紙っぽく見えてくるから不思議。でもおもしろいんですよ。レゴって。持ってないけど。いまからでもちょっと欲しいのです。

LEGO Education - Building Asia Brick By Brick (PingMagさん)
レゴは立派な積石造ですよ。実際に建築できそうです。そんな例ってあるのかな。また調べてみますね。

レゴ点字ブロック (DigiArtさん)
ああたしかに。言われてみればだれでもそう思うことなのに、言われる前に気付くのはとっても難しいことなのです。

レゴで補修された壁 (Fun Foreverさん)
これがその建築例なのかもしれませんね。石とレンガとプラスチック。人間はその場所で手に入るものを積んで、家をつくってきたのです。

…と思ったら。過去にも堂々と出してますね。レゴネタ。
<参考>レゴの広告

| | コメント (0)

2008年6月23日 (月)

ろうそく その3

ろうそくネタの三回目です。

レゴろうそく (omami.ruさん)
おもしろいのです。おもしろいのですが、芯はどうなるのだろうとかレゴと組み合わせたときの用途とか、いろいろ気になるアイデアでもあるのです。

The House candle holder (Interior design roomさん)
ああ、うんそうそう。納得してしまうデザイン。使ったあとのヨゴレも家の経年変化ですよね。

<参考>
ろうそく その1
ろうそく その2

| | コメント (0)

2008年6月20日 (金)

自分でつくるプラネタリウム

自分で製作する安価なプラネタリウムって、探すといくつかあるのです。
 
ペーパークラフトで作ろう!自作のプラネタリウム

ペーパークラフトで作ろう!自作のプラネタリウム【Amazon】
こちらは紙製。のぞくタイプと、投影するタイプの二種類が入っているそうですよ。

 大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム ) (大人の科学マガジン)
大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )【Amazon】
こちらはご存知大人の科学の付録。レヴューの評判がいいのです。

プラネタリウムってある意味天動説の天球です。星空を映す先は宇宙の果て。
むかし学生に「宇宙の果ては存在するのか」と質問されたことがあります。その時の回答を彼はいたく気に入ってくれたそうですが、なんと答えたのか覚えていません。

でもきっとこうなってるのですね。

エンディングでドキッとしました。なぜだろう。上手く説明できません。

 

| | コメント (0)

2008年6月19日 (木)

着せ替えをアニメーションにしたCM


 Rexona: Paper Doll
文字通り、着せ替えのアニメーション。なんのCMかと思ったら、そんな方向なんですか。そもそもこのタイプの着せ替え(服にベロ状の突起がついていて、折って本体に留めるタイプ)人形って、万国共通なんでしょうか。


Drag and Drop World
こちらもある意味着せ替えです。フォトモンタージュアニメーションですね。でも新しいアニメーションだとも思うのです。楽しい表現。

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

スピードの表現

スピードを表現する、同じアイデアの広告をふたつ。

2台の広告 (DigiArtさん)

Chrysler300C STR8 (Mastercomさん)

このスピードを表現するときの「流れ」。良く考えるとカメラのぶれですから、肉眼でこれと同じように見えるわけではないですね。なのに誰が見てもスピードの表現とわかるのです。

あれですね。漫画で静寂を表す、「シ~ン」。

| | コメント (0)

2008年6月17日 (火)

印刷された紙を暗号化する技術

印刷された紙を暗号化する技術 (ITmedia Biz.IDさん)
・・・が富士通研究所さんで開発されたそうですよ。文書や画像を一部、このソフトで暗号化して(モザイク処理のように?)そのまま印刷してしまいます。渡された方はスキャンして複合ソフトで読み取れば、元の文書や画像に戻るのだそうです。これなら手紙で送れてしまいます。
複合を許可する人も選べるらしいので、人によっては読めるところと読めないところがコントロールできるのですね。

紙にかかれた情報を暗号化するアイデアって珍しいと思うのです。

・・・と思ったら、以前にも似た記事を書きました。
<参考>パスワードを暗号化する方法
いま見てもオドロキの暗号化方法です。しかもフリーソフト。

さらに良く考えると、情報をモザイク状にするということは、読める読めないを制御できるQRコードのような考え方なのでしょうか。
<参考>バーコードいろいろ

 

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

かみの道具展2

かみの工作所さん主催の「かみの道具展2」が、

美篶堂ショップ・工房・ギャラリーさん
〒101-0021東京都千代田区外神田2-1-2 東進ビル本館1F

で始まりました。
2008年6/10から6/22 11:00-20:00(土日祝は18:00まで 月曜定休)
…だそうですよ。

ブログでの紹介はこちら。出展作品の写真もいくつか公開されています。

参加されているデザイナーは、
折形デザイン研究所さん
梶本博司さん
寺田尚樹さん
三浦秀彦さん
ミリメーターさん
三星安澄さん です。

見たい見たい!残念ながら期間中東京に行く予定はないのですけれど。リンク先の写真、1/100建築模型用添景セットとかもうヨダレものです。欲しい欲しい。

ここまで紙好きの心を揺さぶるイベントも、最近珍しいと思うのです。

| | コメント (0)

2008年6月13日 (金)

超撥水ゲーム aqua drop -アクアドロップ-

 超撥水GAME aqua drop クボミ
超撥水GAME aqua drop クボミ【Amazon】

水で遊ぶゲームがバンダイさんから発売されます。詳細はこちら。
[超撥水ゲーム]aqua drop -アクアドロップ-

これを見て思い出したのは、2004年のTAKEO PAPER SHOW、HAPTIC展なのです。当時こんな作品が発表されていました。原研哉さんのデザインです。

加湿器
水のパチンコ (どちらもJDNさん)

大きさを変え、分離し、くっつく。そんな挙動を示す身近なものって、確かに水しかないですね。水銀ゲーム、とか出そうにないし。

 

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

ガムテープ つかいかた編

ガムテープシリーズも今回でいったんひと区切り。また新しいネタが集まったら紹介しますね。

三回目は「こんなふうに使ってみる」。

ガムテープでなんでも作る (nikkei TRENDYnetさん)
財布や衣服まで。キットの中身は単にテープが入ってると考えると楽しいです。日本でもテープクラフトっていうジャンルがありますよね。

Tape drawing (Mastercomさん)
こちらは半透明のテープでイラストを描いてしまう人。なるほど、ちょっと捩ったりできるんだ。

 

| | コメント (0)

2008年6月11日 (水)

ガムテープ メッセージ編

今回はガムテープ、メッセージ編です。テープを貼ってしまうことって、もっとも手軽なメッセージなのかもしれません。

Everything is ok (sasapong's room!さん)

Hold me! (pan-danさん)

Everlasting adhesive calendar (EDAwards - Overviewさん)

Instant Labeling Tape (rAndom international - Newsさん)

こうやってみるとテープを貼ることって、スタンプを押すことと近い親戚のような気もします。

| | コメント (0)

2008年6月10日 (火)

ガムテープ デコレーション編

一口にガムテープっていっても種類があるのですね。日本ではきっと梱包用の茶色いテープをそう呼ぶことが多いのです。
というわけで幅広のテープのネタをひっくるめて、数回にわけて紹介したいと思います。
一回目はデコレーション系。

Lace Tape (boiler design officeさん)
貼るだけで豪華に。

Tinsel Tape (productdose.comさん)
貼るだけでモールに。

Do frame tape (droog shopさん)
貼るだけでフレームに。

Screwhead / Dovetail Tape (thorsten van eltenさん)
貼るだけで強固に。

Python (Atypykさん)
貼るだけで。

| | コメント (0)

2008年6月 9日 (月)

OLFAリミテッドシリーズ

道具って持ってるだけでうれしいこの不思議。
カッターナイフのOLFAさんから、新しいカッターナイフのデザインシリーズが発表されています。

OLFAリミテッドシリーズ (OLFAさん)

美しいカッターナイフって、探すとなかなか無いんですよ。なおかつ使い易くておすすめできるカッターとなると、ホントに難しいのです。撮影の際なんかには困ってしまうのです。

ところでリンク先のOLFAさんのサイト、カッターナイフの誕生秘話を紹介されています。そうなんだ。チョコレートなんですね。
前にも書きましたが世界最高の発明はカッターナイフだと思っています。発明していただいてありがとうございます!

<参考>ダンボールを切る道具

 

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

Paper-Labo紙工房

Paper-Labo紙工房 紙工作のあらゆる可能性を追求する ニュータイプのクラフトマガジン (レッスンシリーズ)【Amazon】

…っていう本を買いました。
「動く」ことにこだわったこの本。サブタイトルに「紙工作のあらゆる可能性を追求する」とあります。なにしろラボってくらいですから。

ペーパークラフトの本はたくさん出版されていますが、それらとは違う印象です。ポップアップや動くペーパークラフトなど、実際に切って作る事ができるのですけれど。

それを決定的に印象づけているのがフォトモなのです。
→<参考>立版古(たてばんこ)
表紙のかわいいロボットの写真でおねだりしてしまったお子さんたちには、きっとオドロキの作品だと思うのです。でもそれを乗り越えて大きくならないといけません!それらもペーパークラフトの世界のひとつなのですから!

というわけでちょっとオトクな本ですよ。このシリーズ続くんでしょうか。続くといいなあ。さらなる可能性が見たいのです。

 

 

 

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

こんなふうにはめるジグソーパズル3題

Al Magnus - photographe (sasapongroove!!さん)
はめるのか、はずすのか。おそらくは最後のピースなんでしょうね。滑車をどこに留めてるのか気になります。

"Love =Love" (Art MoCoさん)
ドキッとしました。ジグソーパズルって、同じメーカーで同じピース数なら、きっと同じ木型で打ち抜いているのです。つまり絵柄が違ってもちゃんとはまるのです。花と空だけ集めたパズル。

図書館印をパズルに (デイリーポータルZさん)
ジグソーパズルと合わせて紹介していいのか迷いましたが。そもそもこの部分にものを書いたりハンコを押すことって、ちょっとした発明だと思います。

<参考>難しいジグソーパズル2題
<参考>ジグソーパズルのジグソーパズル
<参考>ジグソーパズルの本

| | コメント (2)

2008年6月 4日 (水)

折り紙のような

折り紙のようなデザイン。デザインの世界では、すでにひとつのジャンルになっていると思うのです。

Flat Folded Shoe Is Like Easy Origami (Yanko Designさん)
折り紙のように履き、見た目も折り紙のような靴。奇妙なことに、折り紙のようなデザインは「固くしっかりとした」イメージを持つことに気付くのです。

Folding Colander (Generateさん)
以前に「折りたためるまな板」を紹介したことがあるのですが。きっと同じような使い方をする水切り。

CORGA GLASSES CASE (cainaさん)
折りたたんで使うめがねケース。もしかするとマジックテープかなにかで留めるのかもしれませんが、折り紙を応用すればきっと折りたたむだけで箱にすることも可能なのです。

掛け紙製造機 (メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWSさん)
こういう機械が特殊なものかどうかの知識はないのですが・・・でもすごい、と思うのです。美しいものを作る機械は、機械そのものもとっても美しいのですね。

 

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

Plaisir d'Offrirと名づけられたボックスのシリーズ

5.5 Designersさんの、Plaisir d'Offrirと名づけられたボックスのシリーズ。

vase
money box
mirror
ashtray

箱ってモノを入れることにももちろん価値があるのですけれども。
モノを入れる機会を提供することにも箱の価値があって、そのために箱を手渡すことは贈り物になりうるのだと教えてくれます。
開けても何も入っていない箱。

 

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

難しいジグソーパズル2題

ジグソーパズルのネタってもっとたくさん書いていたと思ったのですが。案外、数は少ないのかもしれません。そんな中から。

PuzzlePerser (MoCo Locoさん)
ものすごく難しいジグソーパズル。でももしかしたら全部同型なのかもしれません。いま気づきましたが、ジグソーパズルが全部同型なら、いわゆる「ブロック」になるのかもしれません。好きに組み合わせていいパズル。それはそれで楽しそうです。

スルメで挑戦ジグソーパズル (デイリーポータルZさん)
もっと難しいジグソーパズル。そもそもジグソーパズルを組むエネルギーが生まれるのは、必ず完成があると確信できているからなのかもしれません。

<参考>ジグソーパズルのジグソーパズル
<参考>ジグソーパズルの本

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »