« SFペーパークラフトギャラリーさん | トップページ | 時間がたつと文字が消える紙とコピーできない紙 »

2008年5月 2日 (金)

ルービック・キューブ

なにしろ三億個以上も売れたらしいですから。
もはや3×3の6面体を見れば、色がついていなくてもルービック・キューブだとわかるのです。

Blind man cube (idealistさん)
目の見えない人も遊ぶことができる、ルービック・キューブ。機構上、表面に突起をつけてもぶつからないんだと再認識。だからガンダムのルービック・キューブなんてのも作れるんですね。

Peugeot: Rubik’s Cube (I Believe in Advertisingさん)
GPSさえあれば。
このルービック・キューブ、なにげに超難しそうです。

地図といえば、こんな商品も出ているそうですよ。
RUBIK’S EARTH (ルービックアース)
RUBIK’S EARTH (ルービックアース)【Amazon】

|

« SFペーパークラフトギャラリーさん | トップページ | 時間がたつと文字が消える紙とコピーできない紙 »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

紙の話題に戻すのも変ですが、「ペーパー・ルービックキューブ」というパズルがありますよ。
キューブではなく平面として、色を合わせるように紙のピースを差し込むものです。
『絵と形のパズル読本』という本にカラーページで載っていますし、この本には他にも紙のパズルが紹介されています。

投稿: kohfuh | 2008年5月14日 (水) 14時52分

kohfuhさんこんにちは!
あはは。たしかに紙の話題じゃないですね。堂々と書けば誰も気付かないかなとか思ってました(笑)。いつかこっそりブログのタイトルから「カミノ」を消しとこうって狙ってます(笑)。
さて「ペーパー・ルービックキューブ」の情報ありがとうございました!その本を持ってないので、検索したら画像を発見。写真ではこれが難しいのか簡単なのかわかりませんが、とにかく楽しいアイデアですね。平面でも色を揃えるっていう目的はきっとすぐわかりそうですから、これもルービックキューブのイメージの強さですね。

投稿: kaminodesign | 2008年5月15日 (木) 11時50分

そうですね。
完成できるかどうかは別としても、本家のキューブは操作が簡単で、目的も分かりやすいですから。
その点、上記の「ペーパー・ルービックキューブ」は編む作業の分だけ少し高度かもしれませんね。

投稿: kohfuh | 2008年5月17日 (土) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SFペーパークラフトギャラリーさん | トップページ | 時間がたつと文字が消える紙とコピーできない紙 »