« 時間がたつと文字が消える紙とコピーできない紙 | トップページ | プチプチ »

2008年5月 8日 (木)

ごみ箱のデザイン その2

ごみ箱っていうのはよく考えるとゴミが入ればそれでいいわけで、デザインの制約って少ないと思うのです。なのに誰もがごみ箱ってこういうものだって思い浮かべるイメージがある、不思議な物体ですね。

Magazine Holding Wastebasket For The Can (Geekologieさん)
読みかけの雑誌を開いたままで置くことができます。まったく同様のアイデアを、WITHOUT THOUGHT 5「ごみ箱」で見た記憶があります。

Ain’t Big Enough (Yanko Designさん)
伸びます。
ごみ箱の許容量を大きくしたいというのは、ごみ箱デザインのひとつの方向だと思いますけれども。実際に製品になっているものは、珍しいのです。

Hommin (Bloesemさん)
こちらは袋をセットするタイプのものですね。日本でもホームセンターなどでよく見かけることができます。リンク先のものは、クリップと一体になっているあたりが美しいと思うのです。分解してあれば何に使うものなのかさっぱりわかりません。

waste paper basket  (Wall stickers : Domesticさん)
組み立て式のごみ箱で、地と図の関係になっています。なんだかゴミで一杯になった姿が、メッセージを発しているように思うのです。

<参考>
ごみ箱のデザイン
クシャクシャにしたあと

|

« 時間がたつと文字が消える紙とコピーできない紙 | トップページ | プチプチ »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時間がたつと文字が消える紙とコピーできない紙 | トップページ | プチプチ »