« ティーバッグ その2 | トップページ | インベーダー・ゲーム のドット絵 »

2008年3月 5日 (水)

デザインのひきだし4を買いました。今回は紙の抜き加工についての特集です。


【Amazon】デザインのひきだし 4 プロなら知っておきたいデザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌 (4)

まれに。
ごくまれに。
この本が発売されていることを知ってて良かった神サマありがとう、と心底思うことがあるのです。
最近だとラインハートさんのスターウォーズポップアップ本なんかもそうですけれども。
<参考>Star Wars: A Pop-up guide to the galaxyが届きました

デザインのひきだしシリーズの第4弾です。こちらに詳細がありますよ。→書籍ガイド デザインのひきだし4 (グラフィック社さん)

今回は「折り」や「抜き」「切り」などの紙の加工特集です。もう表紙からドキドキしますよ。抜き見本のオンパレードです。下部に抜き穴が集中していてめくるのにヒヤヒヤするのもご愛嬌です。「初回限定特別付録」なんて書いてありますが、次版からは一体何が無くなるんでしょうか。
表紙をめくると、ホログラム。大日本印刷さんのリップマンホログラムにびっくり。さわれそう。絵柄は2種類あるとのことですが、もう一冊買えってことですかこれ。最近だと凸版印刷さんのステレオ印刷ポップアップ3Dなんて技術も発表されましたからこのジャンル、まだまだ楽しめそうですよ。
その他オマケも超豪華。オフセット印刷されたGフルートの抜き加工見本や、「ジグポップ」と呼ばれるビヨーン見本、表裏の違う紙サンプルまで。使うためには本から外さないといけません。もう一冊買えってことですかこれ。

紙加工した本やDMや雑貨など、実例作品も豊富に紹介されています。知らなかった。こんなのあったんだ。NHKきょうの料理トレインジャックにも驚き。たくさんの色んなモノやヒトを知ることができました。どうもありがとう。これらのページだけで十分に2100円分の価値があります。でもぜひ手に入れたいものもたくさん知ってしまったので、2100円で納まりそうにありませんけれども。

でもって今回の真髄は「加工編」。はじめて見ました。こうやって抜いてるんですか。仕事では結構お世話になっていたのに。なんとも貴重な写真です。実際に行ってみたい。ああ行ってみたい。
抜きや折りの種類や加工機械の紹介、はたまたその性質や加工限界にいたるまで。とっても貴重な資料なのです。

紙で仕事をしている方にはもちろん、していない方の新鮮な驚きのためにもぜひ一冊、いや2冊くらいは必要な本だと思います。

 

 

|

« ティーバッグ その2 | トップページ | インベーダー・ゲーム のドット絵 »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

私も楽しませてもらっています。
実際に買ったのは2号と4号だけなんですが、回を重ねるごとに豪華になっている感じがしますね。
その分、ページを扱う力の加減には気をつかいます。

投稿: kohfuh | 2008年3月13日 (木) 01時12分

ウチにあるのも2号と4号だけですよ!あの「オリジナルグッズを作ろう」ってヤツですね。内容で買ってるんだ!と言い聞かせてますが、実はほとんど衝動買いです。きっとあの"付録感覚"に果てしなく弱いのです。

投稿: kaminodesign | 2008年3月13日 (木) 09時25分

あらら、奇遇ですね。
次の狙いは、1つ飛び越した6号でしょうか(笑)。
いずれにしても、今後が楽しみです。

投稿: kohfuh | 2008年3月13日 (木) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ティーバッグ その2 | トップページ | インベーダー・ゲーム のドット絵 »