« 手の甲と手のひら | トップページ | 本棚のデザイン9 番外編その3 »

2008年2月26日 (火)

トーストに書く

焦げ目をコントロールして絵を描くトーストアート、なんてものもありましたが。
あの白さといい面積といい、だれだって何か描かずにはいられないのです。きっと。

inventive toasters (designboomさん)
どういう仕組みかまったくわかりませんが、とにかくトーストにメモできます。食用として考えると、コゲ加減が足りないかもしれません。

Breakfast Time Gaming: Tic Tac Toast (Geekologieさん)
あはは。見たまんまですけれども。いやそんなことより、これってTic Tacって呼ぶんですか?初めて知りました。 

ピザトースト絵画 (デイリーポータルZさん)
最後はもうこの方に。べつやくれいさんのネタです。

 

|

« 手の甲と手のひら | トップページ | 本棚のデザイン9 番外編その3 »

紙に似たもの」カテゴリの記事

コメント

トーストネタ、どれも面白かったです。
「Tic Tac Toast」の記事ですが、Tic Tacでなく、Tic-Tac-Toe(いわゆるマルバツゲーム)が正解です。
toastとToeをかけているのですね。
ただこのゲーム、不思議なことに海外では「×」が先攻なのですよね。
http://javascript.internet.com/games/tic-tac-toe.html

投稿: MISDIRECTION | 2008年2月27日 (水) 23時53分

なるほど!そういうことだったんですか。でもどうしてそう呼ぶんでしょう。いまWikipediaで「三目並べ」の項を調べたら、世界各国の呼び名が出ていました。韻を踏む呼び名は他にもあるのですね。逆に「○×ゲーム」ってなんとも味気ないです。

投稿: kaminodesign | 2008年2月28日 (木) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手の甲と手のひら | トップページ | 本棚のデザイン9 番外編その3 »