« ティーバッグ | トップページ | 紙のくつ »

2008年1月18日 (金)

広辞苑の紙

広辞苑 第六版 (普通版)
広辞苑 第六版 (普通版)【Amazon】

岩波書店、広辞苑の第六版が発売されました。前回の第五版から約10年をあける間に、1万のコトバが追加されたそうですよ。

ところで。
コトバが増えるとページ数も増えるわけですが。たとえば今回でいうと、前回から158ページも増えたそうですよ。
でもって大量製本に乗る本の厚みの限界は80mmなんだそうです。というわけで広辞苑の出版は80mmの厚みをめぐる紙開発の攻防でもあるようです。薄くて、軽くて、印刷しても裏写りしない紙(岩波書店さん)。

いつも同じ製紙会社さんが紙を提供しているわけではないようなのですが。今回は王子特殊紙株式会社さんが製紙に携われています。
いろんなことをもうちょっと詳しく知りたいと思って調べたのですが。なかなか見つからないのです。紙の情報って。メインは内容ですからね。

 

|

« ティーバッグ | トップページ | 紙のくつ »

紙について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ティーバッグ | トップページ | 紙のくつ »