« 自分でつくるクリスマスツリー特集! | トップページ | 描いたものが動き出すCrayon Physics Deluxe »

2007年12月 5日 (水)

本棚のデザイン5 番外編

5回目は「番外編」。いったん終わりなんですが、きっとまだまだ発掘できそうです。

Alog shelving system (Vujjさん)
壁面パネルと棚がセットになっていて、パネルのミゾに合わせて棚を構築することができますよ。棚がT字になってるあたりがポイントですね。

InValid (omami.ruさん)
InValidっていうのはポンコツっていう意味ですか。容量が足りなくなったら、本棚が割れてしまいます。ある意味ものすごく最小の設置面積で、本がたくさん収納できてしまうのです。

Books To Go (Yanko Designさん)
持って移動することができる本棚。万力ぶぶんは移動する際のハンドルにもなりますよ。普段でも、本が倒れなくていいのです。

Bookcase Into A Bed (Yanko Designさん)
夜はベッドになる本棚。といっても、本棚部分とは分離するんですが。マットレスを外したあとの本棚が、所在なさげな感じですね。

Satellite 2006: u:b studio (MoCo Locoさん)
スチールハンガーだけで構成された本棚です。ブックスタンドは輪ゴムで。もう商品ディスプレイにもそのまま使えそうなデザインです。本ごと位置を変えられるのもいいですね。

Shelf Life (Art MoCoさん)
で、最後はこれ。棚はモノを飾ったときに初めて、完成されたデザインなのです。

<参考>
本棚のデザイン1 座る
本棚のデザイン2 ゆれる
本棚のデザイン3 飾る
本棚のデザイン4 積む

|

« 自分でつくるクリスマスツリー特集! | トップページ | 描いたものが動き出すCrayon Physics Deluxe »

紙の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分でつくるクリスマスツリー特集! | トップページ | 描いたものが動き出すCrayon Physics Deluxe »