« Star Wars: A Pop-up guide to the galaxyが届きました | トップページ | パソコンのケースをダンボールでつくる人たち »

2007年11月12日 (月)

凹んでいるのか凸っているのか

凹だけど凸に見える立方体 (デイリーポータルZさん)
遠近感が自然に見えるようにゆがませてみたり。

立体が立体に見えるのは、パースが自然か影がどこについているかもとっても重要そうですが、いかに「普段見慣れている」かっていうのもけっこう重要なポイントである気がしてきました。
タバコでいうとフタのナナメの切り込み、ダンボールでいうとガムテープ部分ですね。

文中で「これをやろうと思ったキッカケ」として書かれているのはこれですね。とっても有名なペーパークラフトですが、何度見ても楽しいです。

まったく関係ないのですが、このドラゴンとこちらのロボットが妙に似てる件。(ROBOTS DREAMSさん)

 

|

« Star Wars: A Pop-up guide to the galaxyが届きました | トップページ | パソコンのケースをダンボールでつくる人たち »

紙と平面世界」カテゴリの記事

紙を加工する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Star Wars: A Pop-up guide to the galaxyが届きました | トップページ | パソコンのケースをダンボールでつくる人たち »