« 文字を書くように文字を切ってみる | トップページ | 本を持ち歩くための道具 »

2007年10月18日 (木)

TOTOトイレ川柳の入選結果が発表されました

TOTOさんが主催する第三回トイレ川柳の結果が発表されました。
TOTO:第3回 トイレ川柳入賞作品発表

90周年記念賞は

「僕は今 何もいらない 紙以外」

大賞と優秀作品はトイレットペーパーに印刷されて発売するそうですよ。

というわけで、ひととおり眺めてみたのですが・・・紙をあつかったものって冒頭のひとつしか無いですよね。ちょっと意外。
圧倒的に多いのは、トイレっていう場所性を扱ったものと、トイレに行く行為そのものを扱ったものです。日常生活の中で、トイレは特殊な場所なんですね。浴室だとこうはいきません。

たしかにトイレットペーパーをネタにする場合には、「紙が無くて困る」っていう状況を扱うほかは難しそうなんですけれども。
建築設計ではこのペーパーホルダー、結構悩みのタネなんですよ。思いのほか奥行きがあるので、足にあたらないかとか扉に当たらないかとか、右利きか左利きかとか・・・芯あり芯なしかも最初に確認しないと後で問題になったりします。

ウォシュレットの普及はめざましいですけれども。いまだかつて完全ペーパーレスなトイレって見たことありません。いつかそんな時代も来るのでしょうか。

やんごとなき姫君たちのトイレ (角川文庫)
やんごとなき姫君たちのトイレ (角川文庫)

|

« 文字を書くように文字を切ってみる | トップページ | 本を持ち歩くための道具 »

紙について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文字を書くように文字を切ってみる | トップページ | 本を持ち歩くための道具 »