« クリップを安全ピンに改良する方法 | トップページ | しゃべる紙 »

2007年10月 5日 (金)

FedEx

FedExといえば世界最大手の物流サービス会社ですけれども。
あの独特のロゴを配したダンボール箱は、もはや一種のアイコンです。

ちょっと前にはそのダンボール箱で作った家具に囲まれて生活している方もいましたが。

このFedExさん、広告もとっても楽しいのです。
その1 (P O P * P O Pさん)すごく早いんです。
その2 (DigiArtさん)世界はFedExでつくられる。

というわけで、FedEx時計の紹介です。きっと時間とは気っても切り離せない会社なんですね。
あ、ほかにもあるんですよ。ネットで使えるダンボール時計(引越し達人セレクトさん)。

|

« クリップを安全ピンに改良する方法 | トップページ | しゃべる紙 »

紙の人たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリップを安全ピンに改良する方法 | トップページ | しゃべる紙 »