« 電球のかたちをした照明 | トップページ | 文化のちがい »

2007年8月 9日 (木)

いわいさんちの…

メディアアーティスト岩井俊雄さんの新作が出ましたよ。
いわいさんちのリベットくん

いわいさんちのリベットくん (←こっちはキットが付いてないけど安い)
いわいさんちのリベットくん (←こっちはキットが付いてる)

詳細はこちらで紹介されています。
いわいさんちのリベットくん』 (紀伊國屋書店さん)

このリベット、小学生のころの雑誌の付録ではおなじみでした。遊び終わった付録から取り外して、集めてた記憶がありますよ。なんだかこう、紙を可動させられる魔法の道具でした。

ところでこの岩井俊雄さん。実はこんなものの製作にも関わっておられます。
TENORI-ON (ヤマハ株式会社さん)
2005年度の新領域デザイン部門でのグッドデザイン賞受賞作品です。
ついに発売も決まったそうですよ!(TENORI-ON開発日誌さん)

→<参考>紙を使ってつくるもの

|

« 電球のかたちをした照明 | トップページ | 文化のちがい »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電球のかたちをした照明 | トップページ | 文化のちがい »