« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の31件の記事

2007年8月31日 (金)

ページを固定するために

本を固定するための道具いろいろ。

ブックストッパー
ブックストッパー
開いているページをクリップで留めてしまいます。基本的に長時間開いているページ向き。

ページホルダー
ページホルダー
ページをめくるたびに透明のクリップに差し込むので、基本的に短時間開いているページ向き。たぶん。

EDISON 片手でらくらく!人気のブックスタンド! ほんたった 白 EH-1
EDISON 片手でらくらく!人気のブックスタンド! ほんたった 白 EH-1
文庫本からA4版までカバーできる、折りたたみ式のブックスタンド。ページを固定するクリップつき。青黒赤白の4色あります。

EDISON どんな姿勢でも読める!寝室用ブックスタンド! ほんとスタンドWセット 白 EW-1
EDISON どんな姿勢でも読める!寝室用ブックスタンド! ほんとスタンドWセット 白 EW-1
上の「ほんたった」に、机などに固定できるアームがついたもの。これなら寝転びながらでも本が読めるかも。

ELECOM EDH-004 ブックスタンド
ELECOM EDH-004 ブックスタンド
パソコン周りの製品が多いエレコムさんのブックスタンド。角度調整ができるので、PCの入力作業も楽になるかもしれません。プレートの大きさはW255×D75×H205mmだそうですよ。小さくたためないみたいですけど・・・

森林楽 格子書見台
森林楽 格子書見台
木製の書見台。角度調整が可能で、台座はたためるようです。こんな使い方をされている方も。
森林楽(しんりんがく)(磁気共鳴画像(MRI)のホームページさん)

で、最後はこんな動画をみつけました。

| | コメント (0)

2007年8月30日 (木)

飛び出す・・・

紙がもうとにかくありえないほどに飛び出す動画いろいろ。



| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

しかけのある本

 しかけのあるブックデザイン
しかけのあるブックデザイン

書店で平積みにされているのを見たとき、ドキッとしました。
独特の風合いをもつ(和紙のような)白い紙に、強い印象の黒のタイトルが並んでいます。でもって二重カバーになっていて、木版画風の文字が透けて見えます。

扱う中身も、装丁や製本にひと工夫ある本ばかり。すでに持っている本なのに「え?そんな工夫がしてあったの?」なんて思うものもあったりします。
本そのものが欲しいために本を買いたいと思ってしまう1冊です。

| | コメント (3)

2007年8月28日 (火)

本棚に置ける・・・

家庭にあるものの中で、本棚はもっとも高密度にものを収納できる家具なのです。
本棚に本と一緒に置けるものいろいろ。

TOMBOW IROJITEN (トンボ鉛筆さん)
色鉛筆を本棚に収納できるようにしてしまったのは、もう発明といっていいくらい画期的なことだと思います。まさに辞典。とても美しい製品です。プレゼントにもちょうどいい価格帯だったりします。

YMSK ティッシュボックス (AssistOnさん)
もうホントに置く場所に困るティッシュボックスを、本棚におけるようにしてしまったこの製品。

ブック型CDプレーヤー (無印良品)
もう定番になってしまったCDプレーヤーです。本棚に音をしまうアイデア。なにげに配線もスッキリ隠せてしまいます。

Bookworms Go Green (Yanko Designさん)
本型をしたプランター。
水をやるのにものすごく気を使いそうですけれども。

 

| | コメント (0)

2007年8月27日 (月)

The Lamp of Sacrifice

The Lamp of Sacrifice - 286 Places of Worship, Edinburgh 2004 - 2004 →1 →2  (doggerfisherさん sasapongroove!!さんで知りました)

ダンボールで作られた、286の宗教施設。
その作品に対する途方もないエネルギーとあまりの美しさに、クラクラ眩暈がします。

| | コメント (0)

2007年8月26日 (日)

伝染(うつ)るんです。

伝染(うつ)るんです。 (1)
伝染(うつ)るんです。 (1)
1990年に小学館から発売された、吉田戦車さんの出世作。
…なんてことを紹介するブログではなくて、この本そのものも衝撃でした。ナナメにずれて印刷されたページや、印刷漏れかと思わせる真っ白なページなど、一見すると落丁、乱丁かと思わせる祖父江慎さんのデザインです。当時クレームもたくさん来たらしいですよ。

現在は小学館から文庫版が発売されています。文庫版は普通だと思うのですが・・・未確認です。
伝染(うつ)るんです。 (1)
伝染(うつ)るんです。 (1) 

おなじく祖父江慎さんのデザインで、よしもとばななさんのこんなエッセイ?があります。
ベリーショーツ 54のスマイル短編
ベリーショーツ 54のスマイル短編
めくればめくるほどにいろんな仕掛けが楽しめる奇妙な本。小口にイラストが描かれていたり、異常に長いしおりには絵を飾れたり、なぜかポラロイド写真が入っていたり。祖父江ワールド全開ですが、よしもとばななさんの文章もそれに負けないおもしろさなのです。

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

だまし絵ペーパークラフト


ルビンの壺と呼ばれる「だまし絵」があるのです。たとえば上の図。
ずいぶん前に作った「ルビンの壺」…じゃなくて「ネコ杯」です。

そのルビンの壺のペーパークラフトをつくってしまった方がいます。
ペーパークラフト:ルビンの壷 (hoririumさん misdirectionさんで知りました  
簡易バージョンと上級者バージョンの二種類を用意されていますよ!

もうひとつ。こんなのもあります。
第11回紙わざ大賞作品 大賞作品 鳥と魚の空間充填形 (紙わざ大賞さん)

平面充填といえば、こんなのもあるみたいですよ。
カンガルー平面充填図形 (つれづれ日記さん)

MISDIRECTIONさん ご紹介ありがとうございました!

| | コメント (2)

2007年8月24日 (金)

消しゴムはんこ

 かんたん、消しゴムはんこ。―かわいい、たのしい、すぐできる。ビギナーさんのための「消しゴムはんこ」ことはじめBOOK。
かんたん、消しゴムはんこ。―かわいい、たのしい、すぐできる。ビギナーさんのための「消しゴムはんこ」ことはじめBOOK。

作者の「はんこ職人」津久井智子さんがつくる消しゴムはんこは、その独特のデフォルメと切り口のエッジでもって、とっても味のある作品になってます。

というわけで、その津久井智子さんプロデュースの「はんけしくん ことはじめSET」が、ヒノデワシさんから発売されています。
彫刻刀やスタンプまで同封された、お得な初心者用セットです。

はい、もうひとつお知らせ。
2007年10月の6日と7日に、東京都立産業貿易センター台東館5Fにて、日本初のスタンプイベント、「スタンプカーニバル」が開催されます。ワークショップや個人作家の即売会もあるらしいですよ!

 

 <ニュース!>
以前に記事にした、ロバート・サブダさん…じゃなくて相方のMatthew Reinhart さんのスター・ウォーズポップアップ本。
ずっとAmazonで5000円以上の予約価格だったのですが、昨日(8/23)突然に¥3,980まで下がっちゃいました。チャンス。
Star Wars: A Pop-up guide to the galaxy
Star Wars: A Pop-up guide to the galaxy

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

紙を巻いてつくった花瓶

紙をくるくると巻いてできるフラワーベースです。
Noming Vase (CubeMeさん)

日本ではこれがありますね。
Hope Forever Blossoming/ディーブロス (Interior&Products Bukさん)
ぺったんこのビニール製の袋に水をいれると、ちゃんと花瓶として自立します。計算されたグラフィックとあいまって、水をいれるととても美しいのです。2枚で840円なのもうれしいところ。

どちらも花と一緒に相手にメッセージ付きで送ってしまえば、もらった方は花瓶にこまることはありません。

 

 

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

りんごのように

削るのではなくて、皮を剥いて使用する鉛筆があるのです。
三菱鉛筆ダーマトグラフ (カワチ画材店さん)

削るのが面倒な故の工夫だとずっと思っていたのですが、違うのですね。ちゃんと理由があるようです。
鉛筆の豆知識 (三菱鉛筆株式会社さん)

なるほど。ガラスや金属、フィルムなどにも書けるからこそだったんですね。

りんごのように皮をむいて、光を調節する照明器具。
Reveal (HULGERさん)

| | コメント (0)

2007年8月21日 (火)

パッケージデザインの本

9889705486
Limited Edition: To buy or not to buy? It's all in the packaging design
Kazutomo Ryuko

CDジャケット、書籍、雑貨、フィギュア、食品、タバコ、ペットボトル・・・
パッケージデザインの秀作が紹介されています。見ているだけでも楽しい本なのですが、どうも3種類(3色)の装丁があるようで、ウチに届いたのはオレンジでした。

買うか買わないか?はパッケージデザインが決める!っていうコンセプトのようですが、この本の装丁は実際に書店で見かけたらつい手にとってしまう感じ。持っていてうれしい本ですね。

巻末には「デザインバーコード (Design Barcode, Inc.さん) 」のシールがおまけとしてついてます。いいんでしょうか?いろんなところに貼っちゃっても。

| | コメント (0)

2007年8月20日 (月)

描かれた家具

2D-Furniture (Bloesemさん)

MDFという素材で製作された家具に、家具の写真が貼ってあります。いや文字で説明するとそうなっちゃうんですけれども。
ふだん私たちはきっと、モノに対する普遍のイメージを持っているのですね。

もうひとつ。
White Webb's Intaglio (Welcome to White Webb, LLCさん)

一見、豪華な家具。でも拡大してみてみると・・・
(→リンク先サムネイルをクリックすると拡大します。)

さらにもうひとつ。
Flat Life と Flat Time (Finn Mageeさん )
ポスターのような照明と時計。ポイントはコードとスイッチですね。

 

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

建築家 坂茂(ばんしげる)

このブログでも何度か登場している建築家、坂茂さん
紙で建築を建てることを通常の選択肢に加えてしまった方ですね。

先日も南フランスで紙管を使用した橋をデザイン (Gizmodo Japanさん) されたことが大きくニュースになっていました。

坂さんの紙の建築が一般に知られるようになったのは、おそらく1995年阪神大震災後の鷹取教会仮設集会所(紙の教会) (関西今昔建築散歩さん)でしょう。募金とボランティアの手によって建てられた、紙管を使用した仮設の教会です。

2000年のハノーバー万国博覧会 日本館 (竹中工務店さん) では、より大きな規模で紙の建築が実現しています。

最近では、パリ・ポンピドゥーセンターの別館プロジェクト(ポンピドゥーセンター・メス (Plataforma Arquitecturaさん) )が進んでいますし、日本なら今年3月にお台場で期間限定公開されたノマディック美術館 (ashes and snowさん) に訪れた方も多いと思います。コンテナと紙管を利用した、文字通り世界を巡る建築ですね。

永遠と一瞬の境目あたりのデザイン。

<参考>トイレットペーパー
<参考>ダンボールシェルター
<参考>ダンボールハウスあれこれ

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

ひねもすキットとパイプロイド

「ひねもすキット」という製品が販売されています。
チラシや色紙などを専用の道具で巻いて、いろんな作品を作ってしまおう!っていう製品なんですが。

コトバで説明すると難しいので、こちらをご覧下さい。
作品コレクション (『ひねもす村』さん)

小さい頃、新聞をパイプ状にして何か作ったことってありますよね。あれがもっとシステマティックにできてしまうのです。

はい、ところで。こんなものも発見しました。
パイプロイド<piperoid> 遊べるメモホルダー!大人のための簡単「オトナ工作」でかわいいロボットを作ろう!

こ、これは!
いや実はこれを見つけて、あれ「ひねもすキット」に似てるなあと思ったら、同じところで製作されていたのでした。

ラインナップはこんな感じ。デザインも色もとってもカッコいいのです。じつはメモホルダー。

パッケージを開けたらもうすでにパイプ状になっていて、穴も開いているので、あとはパイプを切って組み立てるだけなのもうれしいです。

| | コメント (0)

2007年8月17日 (金)

紙を使った奇妙な動画 その2

紙を使った奇妙な動画 その2。

moving cubes      

Twisted Twins II      

Cube and Truncated Octahedra      

こちらのブログでは、こんなものも紹介されています。あわせてどうぞ。
ヨシモト・キューブ  (MISDIRECTIONさん)

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

紙を使った奇妙な動画 その1

紙を使った奇妙な動画 その1。
今日と明日でいくつか紹介しますね。

cut out flipbook

inhale exhale flipbook

え?
いわゆるambigramとはちょっと違う、不思議な作品。

 

| | コメント (0)

2007年8月15日 (水)

年金手帳

年金手帳そっくりな「年間手帳」 ((株)サカモトブログさん)

おもしろいです。タイムリーだし。ずっと前に発売していて、いまや完売在庫なしだそうですよ。

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

ハガキを捨てる、その前に

郵便物を捨てるとき、あて名の部分が気になります。
必ず破って捨てますが、ビニルコーティングの郵便物とか剥がせないあて名シールだともうイライラ。 

name-off (ネームオフ) プライバシー保護パンチ ネイビーブルー NO-1NB
name-off (ネームオフ) プライバシー保護パンチ
多穴パンチです。といっても書類を綴じるためではなくて、あて名部分に穴を開けるためのもの。こちらに詳しい解説が出ています。
name-off (AssistOnさん)
美しい道具ですね。

 秘密を守りきります! パート2
秘密を守りきります! パート2
こちらははさみタイプのシュレッダー。9枚刃で個人情報をピンポイントで裁断できます。

シュレッダーはさみ (サンスター文具さん)
こちらもはさみタイプ。上と似てますが、機構は全然ちがいます。上の多刃のものは短冊形にカットしますが、こちらは一度のカットで米粒大程度まで裁断してくれます。ただ範囲は上のものより細くなりますね。

プラス「目隠しスタンプ」 (ITmedia Biz.IDさん)
また全く違う発想で。こちらは「あて名風」のたくさんの文字をあて名の上からスタンプしてしまうもの。

さいごはこちら。
SECURE STAMP  (シヤチハタさん)
第8回 シヤチハタ・ニュープロダクト デザイン・コンペティションのグランプリ受賞作品です。上と同じアイデアですが、より自然なあて名部分のデザインですね。

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

巻いた椅子

紙のように巻かれた椅子。
loopita la mas bonita (Fun Foreverさん)

巻くということは、部分や目的による区別がなくなるってことですね。どう使ってもいいのなら、もはや椅子ではなくてあたらしい家具のジャンルなのかもしれません。

それを室内インテリアでやったとき(International Herald Tribuneさん)、壁と床の境界のない不思議な空間が生まれます。

日本の建築家では、遠藤秀平さんがおられます。
Springtecture 播磨(world-architects.comさん)

 

| | コメント (0)

2007年8月12日 (日)

日比野克彦

 FUNE―日比野克彦プロジェクト「アジア代表日本」
日比野克彦プロジェクト「アジア代表日本」
 KATSUHIKO HIBINO―日比野克彦作品集
KATSUHIKO HIBINO―日比野克彦作品集

アーティスト日比野克彦さん。

ダンボールを使った作品でも有名ですが、最近では舞台美術やプロダクトデザイン、空間デザインでも名前を聞くことが多くなりました。
CAFE HIBINO NETWORK

さてそんな日比野さん。
2007年は、金沢21世紀美術館でのプログラムが組まれています。

〈金沢若者夢チャレンジ・アートプログラム〉
日比野克彦アートプロジェクト 「ホーム→アンド←アウェー」方式
 明後日(あさって)朝顔プロジェクト21

会期:2007年4月~2007年10月頃まで
*作品展示期間は2007年9月29日(土)~2008年3月20日(木・祝)

美術館を朝顔で覆い尽くすプロジェクトから始まって、ワークショップなども開催されるようですよ。

美術館そのものも大変美しい、楽しい建築ですから、ぜひ行ってみてくださいな。おすすめです。

| | コメント (0)

2007年8月11日 (土)

自殺防止広告

自殺防止広告 (designboom weblogさん) (sasapongroove!!さんで知りました)

まいりました。この余白。切り抜きの位置。大きさ。しわ。影。
よく考えると同じ人物なわけだし。明日はあなたかもしれない、し。

これを思い出しました。
→1 →2
こちらから詳細に見られます。→Peter Callesen さん
切った方も、切った跡も、綿密にデザインされています。切る行為に2つの意味があるのです。

| | コメント (0)

2007年8月10日 (金)

文化のちがい

先日こんな記事を載せましたが。
お札で折り紙

今回はこんなのです。
お札で都市を表現する (ZizA.rUさん)

なるほど。お札ってその国の文化ですよね。
でもってこれを思い出しました。
無印良品 都市積み木 (paris vu par sixさん)

無印良品でクリスマスシーズンに発売していた、ロンドン・パリ・東京・ニューヨークを表現した積み木なのです。なにげにセレクトされている建築物がマニアックです。ロンドンを持ってますよ。

・・・リンク先のブログさん、なんだかとても心地いいですね。

| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

いわいさんちの…

メディアアーティスト岩井俊雄さんの新作が出ましたよ。
いわいさんちのリベットくん

いわいさんちのリベットくん (←こっちはキットが付いてないけど安い)
いわいさんちのリベットくん (←こっちはキットが付いてる)

詳細はこちらで紹介されています。
いわいさんちのリベットくん』 (紀伊國屋書店さん)

このリベット、小学生のころの雑誌の付録ではおなじみでした。遊び終わった付録から取り外して、集めてた記憶がありますよ。なんだかこう、紙を可動させられる魔法の道具でした。

ところでこの岩井俊雄さん。実はこんなものの製作にも関わっておられます。
TENORI-ON (ヤマハ株式会社さん)
2005年度の新領域デザイン部門でのグッドデザイン賞受賞作品です。
ついに発売も決まったそうですよ!(TENORI-ON開発日誌さん)

→<参考>紙を使ってつくるもの

| | コメント (0)

2007年8月 8日 (水)

電球のかたちをした照明

まったく違うデザインアプローチなのに、形が収斂したデザイン2題。

Rezon ONOFF Love Bulb (cainaさん)
オフの時はこう
オンの時はこうなります。
照明をつけると絵柄が変わる不思議な照明ですね。2006年のグッドデザイン賞も受賞しています。

もうひとつはこちら。
Pack Lamp (AssistOnさん)
電球のパッケージがそのまま照明器具になりました。

このふたつ、大きさはずいぶん違いますけどね。

| | コメント (0)

2007年8月 7日 (火)

夏休みのこどもワークショップ特集!

Handicraft
Amazonのダンボール箱を使ってつくる夏休みの工作(マゴクラ)

夏休みも1/3が過ぎてしまいましたが。各地ではまだたくさんの夏休みこどもワークショップが開催されています。

そのうち紙を使った(?)ワークショップをいくつかご案内。詳細は直接会場に問い合わせてくださいな。

せんだいメディアテーク
タノタイガ 「おめんDE似顔絵」
日時:8月19日(日)14時から16時
作家の顔型のおめんに自分の似顔絵をかこう!

横須賀美術館
tupera tuperaと海をつくろう!
2007年8月18日(土)・19日(日) 14:00~17:00

紙の博物館
親子でつくるペーパークラフト
8月11日(土)13:30~16:00ペーパーアーティスト広井敏通

世田谷美術館
夏休み!鑑賞リーダーと一緒に美術館で遊んじゃおう!!
期間:7月20日~9月2日 10:00~16:00
《100円ワークショップ》
講座内容:オリジナルデザインのノート作りや簡単な版画など、その場で参加できるワークショップ。

植田正治写真美術館
いろいろなものに写真を焼付けてみよう!
8月19日(日)午前10時~午後4時

練馬区立美術館
「山口晃展」関連特集
山口晃の絵の世界を探検しよう  8月24日(金)
山口晃と楽しむあそびじゅつ!  8月25日(土)
キミもメカ武者・メカ忍者になってみよう!  8月26日(日)

松本市美術館
いわいさんちへようこそ!@松本市美術館 岩井俊雄
8月8日[水] 午後1時30~午後3時30分

●graf
「竹で水鉄砲を作ろう!」
日時:8月25日(土) 13:30~
最後は大阪のgrafさん。いや、紙じゃないんですけれども。でも、grafさんの空間の気持ちよさは子供のころから体験してもいいんじゃないかと。
こちらのscopeさんのブログに、一回目のワークショップの体験記が紹介されています。

<参考>紙でつくる夏休みの工作講座いろいろ

| | コメント (0)

2007年8月 6日 (月)

夏休みの工作特集!

Handicraft
Amazonのダンボール箱を使ってつくる夏休みの工作(マゴクラ)

今日と明日は小学生向けの夏休みの工作特集です!

工作って好き嫌いが分かれますよね。実はいちばん困ってるのはお母さん達かもしれません。というわけで、ネットで探せる情報をいくつか集めてみました。まだまだ間に合いますよ!たぶん。

すぐできる自由研究アイデア工作を楽しもう (キッズgooさん)
独自のコンテンツがたくさん。低学年・高学年と分かれているのも親切です。キッズ向けサイトとしては、最も充実しているかもしれません。リンク集「工作【図画工作】」も用意されています。

Yahoo!きっず - ペーパークラフト (Yahoo!きっずさん)
難易度レベルが表示されていることと、かなりの数の独自コンテンツを用意されています。ただ夏休みの工作として印刷されたペーパークラフトを提出できるかどうかは学校にもよるみたいですね。真っ白な紙で製作して、独自のキャラを表現できると楽しいです。リンク集も。

工作:手芸:紙工作:自由研究キッズniftyさん)
紙だけじゃなくて、自由研究としても使えそうなアイデアを紹介されています。5周年記念特集で、カミロボの展開図の公開や作品募集などされているのもうれしいところ。

キッズワールド リサイクルペーパークラフト (JR西日本さん)
家の中にあるリサイクル素材と、ペーパークラフトを組み合わせたあたらしいアイデアです。

キッズ★ギャラクシー ペーパークラフトをつくろう
JAXAペーパークラフト
宇宙ステーションキッズ実験工作室 (以上宇宙航空研究開発機構さん)
JAXA(宇宙航空研究開発機構)さんはものすごくキッズコンテンツに力を入れている感じですね。きっと彼らが次の宇宙開発を担うからですね。

第6回 子どもアイディアコンテスト (Hondaさん)
同じ工作をつくるなら、コンテストに応募してみましょう。HONDAさんでは、子どもアイデアコンテストを募集されています。9/6まで。図面による一次審査もあって本格的。過去の受賞作品は、工作や自由研究のヒントになりそうですよ。

<参考>
低学年も高学年も!残り一ヶ月でする夏休みの工作アイデア
紙でつくる夏休みの工作講座いろいろ

| | コメント (0)

2007年8月 5日 (日)

ミッケ!

ジーン・マルゾーロ(Jean Marzollo)さんのミッケ!シリーズ。

ページごとにたくさんのモノが隠されていて、その中から指定されたものを探すのですが。
そのゲーム性のほかにも、絵本として開くたびに新しい発見があるのです。同じことはネットでもできそうですが、子どもにとってはまだまだ紙に印刷された本の方が優れているようです。

現在までにたくさんの種類が出版されてますが、先日、3歳の男の子へのプレゼント用に2冊購入しましたよ。これとこれ。

 ミッケ! たからじま&horbar;I SPY 7
ミッケ! たからじま I SPY 7  →中を見る (小学館さん)

 ミッケ! ゴーストハウス&horbar;I SPY 6
ミッケ! ゴーストハウス I SPY 6  →中を見る (小学館さん)

いやシリーズ全部の中身を見て、この2冊にしたんですけれども。
子どもってコワいの好きですよね。コワいくせに。これおすすめです。実際、その男の子はずっと手に持って離さないらしいですから。

| | コメント (0)

2007年8月 4日 (土)

かぐやさん

月の周回衛星、「かぐや」さん。

平成19年8月16日に打ち上げ予定でしたが、延期されてしまいました。特設サイトでもカウントダウンは現在停止中です。
JAXA|かぐや/H-IIA13号機 打上げ特設サイト

ところで、このかぐやさんの1/100と1/50のサイズのペーパークラフトが公開されています。フリーダウンロードできますよ。
「かぐや」ペーパークラフト

ペーパークラフトの設計は宇宙科学研究本部の方々。本格的です。
ちょっと作りにくそうな感じはしますけれども。
もう我が子のように可愛くてしかたない、そんな感じが伝わります。かぐやさん。(mifdesign_antennaさんで知りました)


道路建設機械を製作されている、酒井重工業さん。
こちらでも自社製品のペーパークラフトを公開されています。
SAKAI:PlayLand (建設機械の酒井重工業(株)さん)
やはりものすごく愛情が伝わります。ランマRS65!ランマが作れるんですよ。

夏休みの工作にどうですか。

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

Good News

"Good News" art photo (Core77 さん)

Good Newsというアート作品です。新聞から悪いニュースを切り取ったら、あとはGood Newsしか残りません。

…っていうコンセプトはコンセプトとして、切り抜いた新聞の美しさ。

というわけで、これを思い出しました。
Your House; Laser-cut art book by Olafur Eliasson (CubeMeさん)

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

フランク・O・ゲーリー

アメリカの世界的建築家、フランク・O・ゲーリー(Frank Owen Gehry)。

今年の6月に、彼のバックグラウンドを紹介するドキュメンタリー映画が公開されました。地域によってはまだ見ることができますよ。
映画『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』公式サイト

1989年のヴィトラ・デザイン・ミュージアム や、
1997年のビルバオ・グッゲンハイム美術館 (ともにウィキペディアさん)
あたりの作品は、写真をご覧になった方も多いのではないでしょうか。

まるで紙のよう。

映画では彼の設計手法も映像にされていますが、たとえば紙をそのまま曲げて、貼って、できた模型を三次元計測で立体化しています。まさに巨大化した紙。
モノは大きさによって見え方が全く異なります。小さい模型を見ながら頭の中では巨大化できる稀有な能力を、彼は持っているのです。

日本には、これがありますよね。神戸メリケンパークに建つ、
1987年フィッシュ・ダンス

というわけで、本日のネタはこれ。

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

Paper Figure

あはは!

iZoo.netさんの作品です。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »