« 京唐紙 | トップページ | トイレットペーパーの節約 »

2007年6月 4日 (月)

ただ一冊選ぶのなら

いままでたくさんの飛び出す絵本をこのブログで紹介してきましたが。
(参考)
ポップアップ本をプレゼントするなら
The Magic Show
アリスのポップアップ本ふたたび

もうね、何冊買ってるんだと。

もしも一冊だけ選べと言われたら。 いまんとこ、これですね。
 Cookie Count: A Tasty Pop-Up
Cookie Count: A Tasty Pop-Up

ロバート・サブダ、クッキーカウント。もはや外せないサブダ本です。
でもなぜだか他のサブダ本とはちょっと違う印象が。色使いやイラストもほのぼのとして好感度ありなんですが、とびだすしかけそのものが「最小限の方法で最大限の効果」を狙っているような気がします。なんというかスマートな感じ。
ページによってはあまりにも最小限なので地味な感じすらしますが、それゆえ「どうやって動いているのか」が一番よくわかる本なのです。傑作だと思います。
年齢や性別を問わず人にあげても喜ばれる本だと思います。

|

« 京唐紙 | トップページ | トイレットペーパーの節約 »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京唐紙 | トップページ | トイレットペーパーの節約 »