« 紙とコスト | トップページ | HAPTIC ―五感の覚醒 »

2007年5月14日 (月)

RE DESIGN―日常の21世紀

竹尾ペーパーショウに合わせて、関連本をご紹介。

原 研哉さんアートディレクションの本。
竹尾100周年記念事業の「リ・デザイン展」を書籍にまとめたものです。たくさんのデザイナーさんが、紙についての32の設問にデザインで答えています。 トイレットペーパーとか、ゴキブリホイホイとかですね。
個人的には原田宗典さんの「色の名前」が好きです。紙じゃないあたりが。原田宗典さんというセレクトが、すでにデザインです。
 RE DESIGN―日常の21世紀
RE DESIGN 日常の21世紀

紙って白いなあ。装丁もとっても美しく、持っていることがうれしくなるタイプの本です。

|

« 紙とコスト | トップページ | HAPTIC ―五感の覚醒 »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紙とコスト | トップページ | HAPTIC ―五感の覚醒 »