« RE DESIGN―日常の21世紀 | トップページ | 紙の広告 »

2007年5月15日 (火)

HAPTIC ―五感の覚醒

TAKEO PAPER SHOWのHAPTIC展を書籍にしたものです。原研哉さんが企画構成から関わっておられます。
 HAPTIC ―五感の覚醒
HAPTIC 五感の覚醒

触覚をテーマに、たくさんのデザイナーさんが作品を発表されています。深澤直人さんの「ジュースの皮(JDN)」は、その後商品化もされたようですから有名ですね。個人的には山中俊治さんの「フローティング・コンパス(JDN)」が好きです。紙だけど精密な機械のよう。紙好きにこの展開図はたまりません。 

今年もTAKEO PAPER SHOWが始まります。次は大阪
会期 2007年5月16日(水)・17日(木)
会場 マイドームおおさか 3階展示場

|

« RE DESIGN―日常の21世紀 | トップページ | 紙の広告 »

紙をあつかう本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« RE DESIGN―日常の21世紀 | トップページ | 紙の広告 »