« 紙だけど紙じゃない。 | トップページ | コクヨヒラメキット特別号スーパーふろくブック »

2007年4月10日 (火)

漫画雑誌の紙のいろ

無印良品から週刊誌や文庫本と同じ大きさ・製本のノートシリーズが発売されています。
今回あたらしく週刊少年漫画雑誌ノートも発売されました。
再生紙週間漫画紙ノート 大

もちろんノートなので中身はすべて無地なんですけれども。
それでも週刊漫画誌だとわかるのは、あの厚みと紙の「いろ」なんですよね。

ところでどうしてページごとに色がついているのかは、こちらのサイトに詳しいです。
漫画雑誌の紙の色はなぜカラフル? (らっぱ王子さん)

再生紙を真っ白にするのが難しいために色がついていることと、読み手への変化とのことですよ。

MUJIの場合には、「再生紙なんだから真っ白じゃなくていいじゃん」っていう企業コンセプトと、色をつけないと漫画週刊誌にならないっていうデザインコンセプトを比較して、後者のほうがちょっと勝ったのかも。

このノート、ある意味最初から色の付箋がついているようなものだから、まったく新しい使い方ができるかもしれませんです。

|

« 紙だけど紙じゃない。 | トップページ | コクヨヒラメキット特別号スーパーふろくブック »

紙について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紙だけど紙じゃない。 | トップページ | コクヨヒラメキット特別号スーパーふろくブック »