« ネームペン | トップページ | ギフト券のつかいかた »

2007年4月21日 (土)

カミノトケイ


紙とか、紙っぽい時計いろいろです。

SNOW-DESIGNさんの「はこどけい」。
75mm角のダンボール製の卓上時計です。やわらかいシルク印刷の表情。本体やパッケージなど、すみずみまで配慮された作品です。

ウォールクロック(マゴクラ) ダンボール製の壁掛け時計。

空間デザイナー、柳原 照弘さんのPUT IT (右上の<>で写真が変わります)。付箋紙で時計にマーキングします。

&design (&デザイン)さんのCake Clock 。12等分されてます。

Mona Lisa Clock 時がたつと完成されます。

貼る腕時計。もはや腕でなくとも。

1 HOUR CIRCLE  一時間かけて壁に円を描きます。時の記録。

セイコーウオッチ「セイコー スペクトラム(マイコミジャーナル)」。マイクロカプセル型電子インク技術を応用したウオッチは世界初だそうで、電源を切っても表示は消えないらしいです。まだちょっと厚いかな。

Watch Paper(sasapongさんで知りました) 熱に反応する紙を利用した、デジタル時計。なのに紙。リンク先でクリックすると動画も見られます。紙だと認識させるためにはこの面積が必要なんだ。

紙ってデジタルの対極にあるイメージ。その印象を変える行為がデザインなのかもしれません。

|

« ネームペン | トップページ | ギフト券のつかいかた »

紙でできたもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネームペン | トップページ | ギフト券のつかいかた »