« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の30件の記事

2007年4月30日 (月)

にぎり紙

@nifty:デイリーポータルZさんに、「サンノゼ桜まつり」っていう記事がありまして。

ここでネタにされている折り紙がですね、折ってなくて握ってるじゃん、と。
ものすごい違和感がありますね。この違和感はなんだろう。折ってない、折ってないよ!ってつっこみたいですが、その違いも実は微妙。

プロの折り紙作家さんが折られた作品は、もはや折りの数が半端じゃありません。究極的には、単に握っただけのものよりもクシャクシャになってしまいそうです。あとは折りがコントロールされてるかどうかの問題か。

というわけで今回、べつやくれいさんがチャレンジされてますよ。
nifty:デイリーポータルZ:チャレンジにぎり紙

| | コメント (0)

2007年4月29日 (日)

紙の蝶

紙について調べていると、こういう動画にたどりついたりするのでおもしろいです。紙の蝶ふたつ。


| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

積層された部屋

Cardboard Sound Box(thecoolhunter.net)
ダンボールを積層して作った部屋。

ダンボールを積み重ねて作った家具はたくさんありますが、この規模で製作した例はあまり見当たりません。計算して切断された小口が美しく、モアレのようにも見えますね。
音楽のための部屋だそうですが、断熱性も高そうです。

| | コメント (0)

2007年4月27日 (金)

第15回紙わざ大賞準大賞受賞作品

第15回紙わざ大賞、準大賞受賞作品「樹/根」。
HIROKOさん(HIROKO's Pop-Ups Design Room)の作品。

紙をひらくと樹と根が立ち上がります。まるで地面から浮き上がったようにも見えます。根のほうが大きさが小さいけれど、密度が高いのでボリュームは樹と同じくらいに見えます。木漏れ日も美しい、紙の作品。

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

コンセントのある壁

コンセントまわりのデザイン(Fun Forever)。

紙じゃないけれど、壁紙でも使えるデザイン。コンセントも建築で隠したいけれど見える場所にあったほうが便利なものの代表ですが、こんなアイデアなら楽しいです。

これを思い出しました。
コボちゃん4コマ(関西的日常さん)

国や年代によって形がちがうので、ネタの意味も変わってくるわけだ。

| | コメント (0)

2007年4月25日 (水)

デザインティッシュ

先日、ティッシュボックスカバーについて記事にしてますけれども。

あ、そうか。
ティッシュペーパーそのものが部屋において違和感がないのなら、そのまま置いていいんだ。
ネピアスマイルティシュ(ネピア)
極限まで記号化されたデザインが、ちゃんと顔に見えますよ。

いっそ無地でもいいかと思いますけれども。それはそれで味気ないものかもしれません。

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

絵本+ペーパークラフト

この本、危険です。またまた買ってしまいそうです。

家缶
早川 純子
4593561930
絵本としてストーリーが進んだ最後に・・・絵本に出てくる「おうち」を、ペーパークラフトで再現できてしまいます。
ペーパークラフトそのものの写真は、ペーパークラフトのデザイナーさんのページで紹介されていますよ。
紙工房さんの紹介ページ(紙工房さん)

絵本とペーパークラフトが合体することで、まったく新しいメディアになってるのかもしれません。
確かめなくては。

ところでこの絵本、悩ましいことにシリーズで過去2冊出ています。まだまだ続くのかも知れません。著者の方がそれぞれ違うので、きっとそれぞれ別の世界が繰り広げられているのだと思います。
確かめなくては。

マーブルひめのりっぱなおしろ
長谷川 直子
4593561418
紙工房さんの紹介ページ(紙工房さん)


もうすぐここにいえがたちます
石井 聖岳
4593561922
紙工房さんの紹介ページ(紙工房さん)

| | コメント (0)

2007年4月23日 (月)

紙から変わる瞬間

紙から違うものへと変化する瞬間。
Hamster Shredder(Sukima Windows Plusさんで知りました)

しかもその動力はハムスター自身。彼はきっと自分がした仕事だって気付いてません。原因と、結果と、その間がちゃんとつながってるステキデザインです。

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

ギフト券のつかいかた

券だけど紙じゃない。

amazonギフト券って便利です。いや図書券としてってことじゃなくて。いや図書券としてもだけど。
ちょっとした送金のときに、先方がAmazonをふだん使用しているなら、いちばん早くて送金手数料がかからない方法です。500円以上1円単位で指定できるのもとっても親切。

たとえば友人の結婚祝いを幹事さんが集金するようなとき。
たとえばものすごくハンパな会費の集金で、おつりがたくさんいるとき。

ヤフオクでもAmazonギフト券を送金方法に指定してくれる人がたくさんいたらいいのに。入金手数料が不要ってとってもうれしい。でも指定してるひとを見たことないです。

| | コメント (0)

2007年4月21日 (土)

カミノトケイ


紙とか、紙っぽい時計いろいろです。

SNOW-DESIGNさんの「はこどけい」。
75mm角のダンボール製の卓上時計です。やわらかいシルク印刷の表情。本体やパッケージなど、すみずみまで配慮された作品です。

ウォールクロック(マゴクラ) ダンボール製の壁掛け時計。

空間デザイナー、柳原 照弘さんのPUT IT (右上の<>で写真が変わります)。付箋紙で時計にマーキングします。

&design (&デザイン)さんのCake Clock 。12等分されてます。

Mona Lisa Clock 時がたつと完成されます。

貼る腕時計。もはや腕でなくとも。

1 HOUR CIRCLE  一時間かけて壁に円を描きます。時の記録。

セイコーウオッチ「セイコー スペクトラム(マイコミジャーナル)」。マイクロカプセル型電子インク技術を応用したウオッチは世界初だそうで、電源を切っても表示は消えないらしいです。まだちょっと厚いかな。

Watch Paper(sasapongさんで知りました) 熱に反応する紙を利用した、デジタル時計。なのに紙。リンク先でクリックすると動画も見られます。紙だと認識させるためにはこの面積が必要なんだ。

紙ってデジタルの対極にあるイメージ。その印象を変える行為がデザインなのかもしれません。

| | コメント (0)

2007年4月20日 (金)

ネームペン

美しいネームペンです。

ネームペン サイン SIGN(Shachihata [シヤチハタ])(ぶんぐオールスターズドットコムさんで知りました)
うかつでした。ペンはペン、印は印、ネームペンはペンでも印でもない、まったく新しい道具だったのですね。

その機能の違いが、直径の差で表現されています。間の「つなぎ」部分も絶妙な長さと太さですね。

ふだん印を押すことなんてほとんどありませんが、一本欲しくなっちゃいました。あたらしい道具として。

2007年のグッドデザイン賞ノミネートデザインです。

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

画像と動作を組み合わせてみる

ラーメンズ小林賢太郎「paddle」(youtube)
ラーメンズ小林賢太郎「handmime」(youtube)

アニメーションと舞台での動きを組み合わせたあたらしいパフォーマンス。一発本番ライブ芸なのに、ありえない完成度です。

紙に描かれた内容と行為をむすびつけることは、たとえば子ども向けの絵本なんかでは多用されていますけれども。

こんな本もあります。
ぴったりはまるの本 佐藤 雅彦 ユーフラテス
4591094707
本に描かれた形とおなじものを、家の中で探してくる本。どの家にもあって、どの家のものも同じ大きさであるものは、ありそうで探すと結構数が少ないです。

| | コメント (0)

2007年4月18日 (水)

ダンボール製断熱材

ダンボールってあったかい。

ダンボール製の建築用断熱材。ダンボールだけで家を作っている人だっていることを考えれば、とっても自然なアイデアですよね。
ラフトンボート(森林と人の総合情報サイト)
暖ボール(光設計さん)

| | コメント (0)

2007年4月17日 (火)

ペーパークラフト文化

外務省「Japan Video Topics」。

世界数カ国の言葉で、日本の文化を映像で紹介されています。
そのサイトで、ペーパークラフトも取り上げられています。

紹介されているのは、「紙工房」さん。紙好きなら誰でも知ってるプロ作家さんですが、紙だけのギミックで動くからくり作品や、独特のデフォルメが楽しいです。

もはやペーパークラフトは日本の文化なのです。

| | コメント (0)

2007年4月16日 (月)

ダンボール絵画

小さい頃に、ダンボールをキャンバスがわりにして絵を描いた経験がきっと誰にでもあると思います。ダンボールに描いた絵は、下地の色とあいまって、なんだかとっても素朴です。
ネットで体験してみませんか。
the box doodle tool
作品集(the box doodle project)

 

ダンボールが梱包材としての意味から離れて使われるとき、
ダンボールに絵を描く行為はメッセージになります。
新宿西口地下道段ボールハウス絵画集
とくに有名なのは、この新宿の左目

こちらは新宿西口地下広場、宮下芳子さん製作の「新宿の目(新宿・中野ネットタウン)」

| | コメント (0)

2007年4月15日 (日)

ジグソーパズルの本

子どもが直接遊べる本をプレゼントするなら、飛び出す絵本以外にもこんなアイデアがあります。
Alice in Wonderland Jigsaw Book (Alice in Wonderland)
Alice in Wonderland Jigsaw Book (Alice in Wonderland)
アリスのジグソーパズルブック。美しいテニエル画48ピースのパズルが7枚収められています。実際の値段以上に豪華に見えるので、アリス好きの大人の方にも渡せそう。

一緒にプレゼントするなら。

たとえばもう一冊パズルブックを。
0525472339
Winnie-The-Pooh Jigsaw Puzzle Book
こちらは同じく7枚ですが、36ピースしかないのでより小さいお子さんにもプレゼントできます。

大人の方に一緒にプレゼントするなら、アリスつながりで。

 All Things Alice: The Wit, Wisdom and Wonderland of Lewis Carroll
All Things Alice: The Wit, Wisdom and Wonderland of Lewis Carroll
世界各国のアリス本の挿絵集。数百ページ分詰まっています。

| | コメント (0)

2007年4月14日 (土)

食べる前に折る

折っちゃえばいいんだ。
Orikaso Fold Flat Products - The ultimate lightweight camping gear

折り紙のような食器類。展開図の外に飛びだした「ベロ」がポイントです。(リンク先写真クリックで動画あり。)
防水も強度もまったく問題なさそうですが、間のスキマがなあ。と思ったら、また開いて洗えばいいんだ。
このマグ、ちゃんと取手もついてるんですよ。

| | コメント (0)

2007年4月13日 (金)

ごみ箱のデザイン

紙とごみ箱。

家の中にあるもので、見せたくないけど見える場所に置いておきたいものの代表は、ティッシュペーパーボックスとこのごみ箱でしょう。

ごみ箱のデザインは中に入れるものが限定されていないぶん、ティッシュボックスよりもデザインの巾は広いのかもしれません。

すぐに思いつくのはこれ。
DANESE In Attesa Designed by Enzo Mari (1971)
36年前のデザインとは思えないフォルム。ちょっと傾いてます。
ゴミを投げたときの姿を想像してしまいます。

最近のものなら、
±0 - Trashcan
円筒形の一部が角ばっています。なにもいわなくても置く方向を意識させるかたち。

先日紹介したJohn Brauerデザインのごみ箱、BinBin
すてるもの=すてるところ、です。

LOHAS SUNDAY : PROJECT1さんでは、「オシャレなゴミ箱をつくる」プロジェクトが進行しています。アッシュコンセプトの名児耶秀美さんがプロデュースされるそうで楽しみです。

DRILL DESIGN(ドリルデザイン)さんのTrash Pot
紙でできています。上蓋でビニール袋の折り返しが隠せてしまいます。

| | コメント (0)

2007年4月12日 (木)

カミノオシゴト

紙を材料に、またはモチーフにしたデザインを紹介した本があります。
Paperwork: The Potential of Paper in Graphic Design (Phaidon Colour Library)
Paperwork: The Potential of Paper in Graphic Design (Phaidon Colour Library)

続編も出版されています。倍の厚さになりました。
More Paperwork: exploring the potential of paper in design and architecture
More Paperwork: exploring the potential of paper in design and architecture

最初のpaperworkは出版物や印刷物での「紙のデザイン」をメインに紹介しています。ただグラフィックがメインではなくて、紙の素材や加工、アイデアに主眼をおいて紹介されています。

続編のmore paperworkはより幅広く、パッケージやポップアップ、プロダクトや建築・家具、はたまた衣服までの「紙のデザイン」を紹介しています。 紙の可能性ってヤツですね。

どちらも良質な紙のデザイン本です。持っていてうれしくなるタイプの本ですね。プレゼントにもいいかも。
ページの合い間合い間に「自分で触って確認できる」ような工夫がなされている点もうれしいです。

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

コクヨヒラメキット特別号スーパーふろくブック

コクヨヒラメキット。現在3冊出ています。
ヒラメキット Vol.1 ころころコース「世界○○旅行」へん (1)ヒラメキット Vol.1 ころころコース「世界○○旅行」 へん
ヒラメキット Vol.2 (2)ヒラメキット Vol.2 まわしてアニメ くるくるシアター
ヒラメキット特別号スーパーふろくブック

・・・のうち、「特別号スーパーふろくブック」も買っちゃいました。
現代美術作家の田中偉一郎さんとコクヨのコラボレーションです。

えーとですね。

このシリーズ、もしも一冊だけ買うとしたら(いや全部おすすめですけど)、きっとこの3冊目ですね。

どうしてこれだけ「Vol.3」じゃないんだろうって思ってたら、開けてみて納得です。子どもの頃、雑誌を買ってもらうと付録がついてましたよね。あの付録がまるごと一冊入ってます。というか、
付録だけで売っている状態なんですよ!

きっと本体はどこか別にあって(どこ?)・・・全部付録だけだったとしたら!っていう、ある意味夢の企画です。だから特別号。

内容は、
・輪ゴムギター
・ホネ組
・室内交通
・つくれない紙工作
・こきざみなねふだ
・マルメル食品
・直感!ケズリくじ
・とんとん腕相撲
・自由にぬりえ

の9つのペーパークラフト(?)が入ってます。買ってからのお楽しみなのであんまり詳しくは書きませんけれども、つっこみどころ満載で楽しいです。「自由にぬりえ」なんて普通に絵だから!
「つくれない紙工作」なんかはもう商売柄泣きました。つくれません。 子どもに渡すのはもったいないです。

楽しいです。Amazonさん、在庫あんまり無いみたいですけど。なぜだろう。あとは・・・ヤフオクに出るのを気長に待つしかなさそうです。

| | コメント (0)

2007年4月10日 (火)

漫画雑誌の紙のいろ

無印良品から週刊誌や文庫本と同じ大きさ・製本のノートシリーズが発売されています。
今回あたらしく週刊少年漫画雑誌ノートも発売されました。
再生紙週間漫画紙ノート 大

もちろんノートなので中身はすべて無地なんですけれども。
それでも週刊漫画誌だとわかるのは、あの厚みと紙の「いろ」なんですよね。

ところでどうしてページごとに色がついているのかは、こちらのサイトに詳しいです。
漫画雑誌の紙の色はなぜカラフル? (らっぱ王子さん)

再生紙を真っ白にするのが難しいために色がついていることと、読み手への変化とのことですよ。

MUJIの場合には、「再生紙なんだから真っ白じゃなくていいじゃん」っていう企業コンセプトと、色をつけないと漫画週刊誌にならないっていうデザインコンセプトを比較して、後者のほうがちょっと勝ったのかも。

このノート、ある意味最初から色の付箋がついているようなものだから、まったく新しい使い方ができるかもしれませんです。

| | コメント (0)

2007年4月 9日 (月)

紙だけど紙じゃない。

モニターの壁紙って紙じゃない。ああ紙じゃない。

ミスタードーナツのサイトでダウンロードできる壁紙集。
風景だけだと写真だけれど、ドーナツの影がおちると紙になります。
モニターの上にドーナツを乗せたみたい。
お楽しみダウンロード | ミスタードーナツ

色がね。おいしそうなんです。

 

| | コメント (0)

2007年4月 8日 (日)

トイレットペーパー

もうこのブログ、 紙であればいろんなところに手を伸ばしていくわけですけれども。
 
トイレットペーパーはフォーマットが決まっているが故にデザインの巾が小さそうに見えて、 意外とそうでもないのです。
以前に紹介した荒川修作+マドリン・ギンズ 『建築する身体』
もうひと巻き丸ごとアート。

紙の建築でも知られる建築家・ 坂茂さんの四角いトイレットペーパー。
(→写真はこちら  (日本デザインセンター 原デザイン研究所))
こちらの書籍にも紹介されています。
RE DESIGN― 日常の21世紀
402257495X
ところでこの本、 紙について触れる以上はこれから何度か紹介することになると思いますけれども。 おもしろいですよ。
 
通常の8倍の長さのトイレットペーパー(ジャンボロールネットさん)。
見てすぐにペーパーホルダーはどうしよう? って考えさせられてしまいます。それってデザインですね。
 
トイレットペーパーはトイレに座って目の前にあるもの。 おまけにそれなりの時間を過ごしますよね。
数独トイレットペーパー(小鳥ピヨピヨさん)。
架空製品・ ニーチェ印トイレットペーパー(げんれい工房さん)
恐怖の音声がランダムに流れるトイレットペーパーの芯(情報屋さん。 )
 
最後は実際に「トイレットペーパーのまきとり」 をやってみてくださいな。→PAPER TOILET . COM

| | コメント (0)

2007年4月 7日 (土)

段差のデザイン

 

ダンボール箱はふつう、 フタと本体との間に必ず段差ができますね。被せるから。


とっても楽しいダンボール製のスツールを発見しました。
その名もキノコスツール。 アートユニット、トイラバさんのデザインです。

ドット絵のアイデアですでに脱帽ものなんですが、 フタとの段差をデザインに利用した例を、 他にはちょっと知りません。

このトイラバさん、モダンペーパークラフト☆ヒヨチコっていうペーパークラフトサイトも運営されているのですが、 その独特のデフォルメは四角いものも丸く見えてくるから不思議です。 キノコスツールだってなんとなく角が丸く見えませんか?

| | コメント (0)

2007年4月 6日 (金)

紙フィルム

今月号の大人の科学マガジン Vol.15 (15)の特別付録は、紙フィルム映写機だそうですよ。
Vol.15 ふろく 紙フィルム映写機 | 大人の科学マガジン |
  6メートルの紙フィルムで約1分の映像を映写できるそうです。 紙なので自分でも作成できちゃいます。オマケフィルムもいくつか入ってるようですよ!

似たコンセプトですが、こちらは4コマ。
ELEKIT キミがつくる!はこアニメ/JS-625
こちらは映写機まで紙製です。
このELEKIT キミがつくる!シリーズはいままでに4種類発売されています。
はこらじ
ぱこかー
はこぴか
ぱこホバー
ぜんぶ紙製です。紙と電子機器って、意外と相性がいいんです。

| | コメント (0)

2007年4月 5日 (木)

飛び出す照明スタンド

以前にハニカムで開く照明スタンドをお知らせしましたが。
    →honeycomb lamp   

今回はもっと飛び出す、 というか飛び出す絵本そのままの照明スタンドです。
Book Of Lights By Takeshi Ishiguro For Artecnica(sasapongさんでしりました)
デザイン違いのものもあるようですが、 プレゼントしてもおしゃれです。

・・・のこりのページが気になります。
開かないのかな。開いてほしいな。

| | コメント (0)

2007年4月 4日 (水)

コクヨヒラメキット

以前の記事でも紹介しましたが、コクヨから発売された子ども用の工作絵本キット「ヒラメキット」シリーズが出揃いました。
ヒラメキット Vol.1 ころころコース「世界○○旅行」へん (1)ヒラメキット Vol.1 ころころコース「世界○○旅行」へん
ヒラメキット Vol.2 (2)ヒラメキット Vol.2 まわしてアニメ くるくるシアター
ヒラメキット特別号スーパーふろくブック

第一弾の「ころころコース「世界○○旅行」へん 」は早速購入しました。
発泡スチロールのコロビーくんをボードの上で転がして遊ぶ仕様になっています。ボードの一枚一枚が場面転換を表していて、 どうその世界を表現するかカスタマイズできるようになっています。そのボードの上をコロビーくんが転がっていくわけですね。
はまる子とはまらない子がいるかもしれませんが、もう修復不可能なくらい自由に改造して遊ぶと楽しいキットです。 デザイナーさんの意図もそこにあるのでは、と思いますし。
上下にも移動させるようなアイデアを誘発できるギミックがあると、より複雑なパターンで遊べるかもしれませんね。

第二弾とふろくブックも購入予定ですから、またレビューしますね。

| | コメント (0)

2007年4月 3日 (火)

ティッシュボックス

imageamazonのダンボール箱を使ってつくるケーキボックスのようで実はティッシュボックス【マゴクラ】ダンボールインテリア生活



imageフェリシモのダンボール箱でつくる持ち手のあるティッシュボックス【マゴクラ】ダンボールインテリア生活



ティッシュペーパーボックスって、置き場所に困りませんか?
隠すと不便だし、見せるとカッコわるかったりしますよね。

常識的な大きさや位置を変更してしまうのは、いい方法です。
たとえばこれ。スタンドにして立てて置いてしまいます。
DUENDE / Tissue Case Stand! Wood(4senses interior scope)

実は探すとキューブタイプのティッシュも売っていたりします。
アスクル キューブティッシュ

机の裏や側面など、見えない場所に置けてしまう製品も。
アキレスピタゴラス
ニトムズはがせるティッシュボックスホルダー

いっそのこと、見せることを考えてしまうのも手かもしれません。
vessel "toro" tissue ring(AssistOn)

こんな見せ方もあるみたいですよ!
THE ハンド ティッシュボックスホルダー
ツタンカーメン・ティッシュケース(古今東西製品情報)
モアイ像ティッシュボックス

| | コメント (0)

2007年4月 2日 (月)

クシャクシャにしたあと

紙を丸めてポイッと捨てる。
丸まった紙はひとつとして同じ物はないはずなのに、なぜだか日常よくみる光景になってます。

→John Brauerデザインのごみ箱、BinBin
捨てる行為と、ごみ箱のデザインがリンクしてます。立てた紙袋のようにも見えますね。日本でも普通に買えますよ。

まるめた紙が机に置いてある光景をデザインしたペーパーウェイトもあります。まるめた、というよりも包んだ感じの折り方です。

紙は上から被せても丸められます。
倉俣史朗デザインのフロアランプ、K-SERIES。通称オバQ。
まるで一枚の布を被せたようで、「何に被せたのか」を想像させる輪郭線に吸い寄せられます。

こんなのもそうかもしれません。

| | コメント (0)

2007年4月 1日 (日)

すべての箱好きのために

荷物が届くと、中身よりもまず箱に目がいくことってないですか?
絶対に使うことってないのに、カッコいい箱をつい残してることは?

それってすでに箱マニアです。もうすぐすると分解して構造をチェックして、重度になると自分で図面を引いたりします。・・・ しないですか?

すべての箱マニアのための、箱の本を4冊。
箱の本
箱の本
見開きでひとつの作品を、美しい写真と展開図とともに紹介されています。コメントのマニアックぶりがたまりません。 展開図が収録されたCDが同封されているのもうれしい限りです。

箱のデザイン
箱のデザイン
先の本と似ていますが、実際のパッケージにより近いイメージの美しい写真が掲載されているのでより敷居が低いです。 オマケでCDがついているのも同じ。なぜか価格まで同じですが、両方手に入れるべきだと思います。たぶん。

箱しくみとかたち―紙器パッケージその構造の魅力
箱しくみとかたち― 紙器パッケージその構造の魅力
丁寧に分類された箱の写真と展開図が豊富に紹介されてます。写真がモノクロなのが惜しいです。 紹介されているパッケージはすべて著者のコレクションだそうで、もはや神の領域です。

紙器・段ボール展開図700例〈2002年度版〉
紙器・段ボール展開図700例〈2002年度版〉
ただひたすらに展開図が700例、ページをめくってもめくっても登場しつづけます。 一切のコメントも無ければ組むとどうなるのかもわからないので、想像するしかありません。蝶の標本を見ているようです。 もう男前としかいいようがありません。ちょっと値段が高いのが難点です。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »